スクリーンタイムとは、iOS 12で追加されたiPhoneやアプリの使用時間を確認できる、使用時間を制限できる新機能です。パスコードを設定すれば、子供のスマホ依存症を防止することが役立ちます。

スクリーンタイムパスコード解除ツール

ただし、スクリーンタイムのパスコードを忘れてしまった場合は、それを取り戻す事は難しいでしょう。ここではタイムパスコードをリカバリする方法のトップ3ツールも説明しています。ここでは、最新のiOS 15にも対応できる、お使いのiOSデバイスのスクリーンタイムパスコードを解除できる3つのツールを紹介します。

LockWiper - ワンクリックでパスコードを解除

iMyFone LockWiper は、自分のiPhoneのスクリーンタイムパスコード、画面ロック、 Apple IDなどを簡単にアンロックします。そして iOS 15や iPhone 13 などすべてのバージョンや機種と互換性があります。

もしパスコードを忘れてしまった時、これがあればスクリーンタイムパスコードのリセットにも使用することができます。

iMyFone LockWiper

  • たったの数分で忘れてしまったスクリーンタイムパスコードを解除できる
  • 新しいApple IDに変更したい場合、パスワード無しでも手軽に解除
  • 4桁/6桁の数字コード/Touch ID/Face IDなどあらゆるパスコードに対応
  • 制限条件や複雑な操作は一切なし、パソコン初心者でも簡単に操作できる
  • 最新のバージョンiOS 15および最新の機種iPhone 13と互換性がある

LockWiperを使ってスクリーンタイムパスコードを削除する方法は以下のとおりです。

Step 1.LockWiperをダウンロードし起動してから、「開始」ボタンを押します。

スクリーンタイムパスコード解除ツール

Step 2.お使いのiPhoneとPCを接続して「次へ」をクリックします。

iPhoneを接続

Step 3.「解除開始」をクリックしてロックの解除を開始します。

スクリーンタイムパスコードを解除

iBackupBot - スクリーンタイムパスコードをリカバリー

スクリーンタイムパスコードをリカバリする方法をお探しであれば、iBackupBot for iTunesでパスコードを解除できます。

事前準備:

まずは、iTunesを起動してiPhoneを接続してから、「今すぐバックアップ」を選択してバックアップを取ってください。(iphoneのバックアップ暗号化が無効になっていることを確認してください。)

iPhoneのスクリーンタイムパスコードを取り戻すためのステップは以下のとおりです:

Step 1.iTune用 iBackupBotをインストールしたら起動しiPhoneのバックアップ情報が読み込まれるのを待ちます。

Step 2.情報の読み込みが完了すると、お使いのiPhoneのフォルダが表示されます。ホームドメイン フォルダを選択し、ライブラリフォルダを開きます。

Step 3.次に、「com.apple.restrictionspasscode.plist」を検索し、それをクリックして開き、「OK」をクリックします。

Step 4.登録情報がポップアップされたら、新しいタブを開きhttps://www.hp.com/jp/proliantessentials_manual へアクセスします。

Step 5.もう一度iBасkuрBоt アプリへ戻り、制限パスワードキーの下にあるコードをコピーします。次に、この情報をサイトの中の適切なスポットに入力します。同じやり方でパスワードを再設定してください。

Step 6.コードを求めるために検索ボタンをクリックします。制限パスコードが検索されるまでしばらく時間がかかります。

Step 5.完了しますと、制限のパスコードが表示されます。

iBackupBot

ご注意

手順は複雑なので、初心者にとってうまく行かない可能性があります。

iPhone Backup Extractor - スクリーンタイムパスコードを復元

iPhone Backup Extractor は、iCloudまたはiTunesのバックアップを含めあらゆるバージョンのiOSデバイスからでもスクリーンタイムパスコードまたは制限パスコードをリカバリー可能です。

スクリーンタイムパスコードを復元するには、iTunesまたはiCloudのバックアップを必要とします。 パスコードが設定した後にバックアップされたことを確認してください。

iPhone Backup Extractorの操作手順

Step 1.WindowsまたはMacにプログラムをダウンロードし起動します。

Step 2.必ずiTunesのバックアップまたはiCloudのバックアップをとってあることを確認してください.

Step 3.アプリケーションの左側に、バックアップのリストが表示されます。 パスコードを持つものを選択してください。

Step 4.ユーティリティメニューへアクセスし、「スクリーンタイム/機能制限パスコードをリカバリー」をクリックしたら、スタート をクリックして終了するまで待ちます。

Step 5.数秒後、iPhoneのスクリーンタイムパスコードまたは機能制限パスコードがリカバリされます。

iPhone Backup Extractorの操作手順

ご注意

iTunesまたはiCloudのバックアップを必要となります。

最後に

この記事では、スクリーンタイムパスコードを忘れた時の解決策を提供いたしました。

スクリーンタイムは自分や子供のスマホ依存症を防止するための素晴らしい可能性をご提供いたします。もしパスコードをお忘れになった時は、上記のいずれにある方法から選択し問題を解決する事ができます。その中に、iMyFone LockWiper は良い選択であり、スクリーンタイムパスコードを簡単に取り除けます。