スクリーンタイムパスコードとは、最近のAppleデバイス iOSバージョンへ追加された機能制限パスコードと言います。もしあなたがスクリーンタイムのパスコードを忘れてしまった場合は、それを取り戻す事は難しいでしょう。この記事では、それらを改善するために必要な要素を説明しています。ここではタイムパスコードをリカバリする方法のトップ3ツールも説明しています。

iPhone Backup Extractor – リカバリーパスコード

iPhone Backup Extractor は、iCloudまたはiTunesのバックアップを含んだ、あらゆるバージョンのiOS上のAppleデバイスからでもスクリーンタイムパスコードまたは制限パスコードをリカバリするやり方を解決する能力があります。 スクリーンタイムパスコードをリカバリするには、iTunesまたはiCloudのバックアップを必要とします。 必ずパスコードが適用された後にバックアップされたことを確認してください。

iPhone Backup Extractor を使ってスクリーンタイムパスコードをリカバリする方法は次のとおりです:

  1. WindowsまたはMacにプログラムをダウンロードし起動します。

  2. 必ずiTunesのバックアップまたはiCloudのバックアップをとってあることを確認してください.

  3. アプリケーションの左側に、バックアップのリストが表示されます。 あなたのパスコードを持つものを選択してください。

  4. “Utilities” (ユーティリティ) メニューへアクセスし、“Recover Screen Time / restrictions passcode”  (スクリーンタイム/機能制限パスコードをリカバリ) をクリックしたら、“Start”  (スタート) をクリックして終了するまで待ちます。

  5. 数秒後、iOSのスクリーンタイムパスコードまたは機能制限パスコードがリカバリされます。

iBackupBot for iTunes – リカバリーパスコード

あなたがまだ、iOS 12上でスクリーンタイムパスコードをリカバリする方法をお探しであれば、スクリーンタイムパスコードをリカバリするために役立つ別のツールがあります。

iPhoneのバックアップとパスコードを取り戻すためのステップは以下のとおりです:

  1. iPhoneをPCへ接続しiTunesを起動します。

  2. 電話アイコンをクリックし、概要メニュー下から (今すぐバックアップ) を選択します。iphoneのバックアップ暗号化が無効になっていることを確認してください。

  3. 終了したら、iTune用 iBackupBotをダウンロードしインストールします。

  4. インストール後に開き、iPhoneのバックアップ情報が読み込まれるのを待ちます。

  5. iTune用 iBackupBotをインストールしたら起動しiPhoneのバックアップ情報が読み込まれるのを待ちます。

  6. 情報の読み込みが完了すると、お使いのiPhoneのフォルダが表示されます。

  7. ホームドメイン フォルダを選択し、ライブラリフォルダを開きます。

  8. 次に、com.apple.reを検索し、キーボードのエンターボタンをタップする必要があります。

  9. 恐らく従うべきいくつかの結果があるかもしれませんので com.apple.restrictionspasscode.plist と書いてある箇所をお探しください。

  10. com.apple.restrictionspasscode.plistをクリックして開き、「OK」をクリックします。

  11. 登録情報がポップアップされたら、新しいタブを開きhttps://www.hp.com/jp/proliantessentials_manual へアクセスします。

  12. もう一度  iBасkuрBоt アプリへ戻り、制限パスワードキーの下にあるコードをコピーします。次に、この情報を iOS7hаѕh wеbѕitе サイトの中の適切なスポットに入力します。同じやり方でパスワードを再設定してください。

  13. http://ios7hash.derson.us/ へ戻り、必ず Starting Pаѕѕсоdе (起動パスワード) は 0000 であり、 Lаѕt Sеаrсh Cоdе (最終検索コード) は 9999 である事をご確認ください。

  14. コードを求めるために検索ボタンをクリックします。制限パスコードが検索されるまでしばらく時間がかかります。

完了しますと、あなたの制限パスコードが表示されます。

iMyFone LockWiper – パスコードをすぐに削除

サードパーティーアプリの適用を必要としない、または上記にある問題の次善策ではご自身のパスコードをリカバリできない場合、これを行う数少ない究極の方法のひとつが iMyFone LockWiperを使用することです。

iMyFone LockWiper は、iPhoneのスクリーンタイムパスコード、ロックスクリーンパスコード、そして Apple ID のパスワードなどを簡単にアンロックします。そしてこれはまた iOS 12 や iPhone XS などの全iOSのバリエーションと互換性があります。 もっと重要なこととして、もしあなたがパスコードを忘れてしまい何か良い事ををしたい時、これがあればスクリーンタイムパスコードのリセットにも使用することができます。

LockWiper に搭載されている素晴らしい機能:

lockwiper iphoneロック解除

100万以上のダウンロード

  • たったの数分以内に忘れてしまったスクリーンタイムパスコードを削除します。

  • 新しいiCloudアカウントを使いたいけど現在のパスワードを忘れた場合は、iCloudアカウントを削除します。

  • iPhoneがロックされている、無効になっている、または破損しているときにも iPhone をアンロックすることもできます。

  • iPhone / iPad(4/ 6桁のデジットパスコード、Face ID、 touch ID)からあらゆるタイプのロックを削除します。

  • 最新のiOS 12 および 最新 iPhone Xs / Xs Max / XR と互換性があります。

  • コードや専門的な技術を必要とせずに、たったの数回クリックするだけでロックされた iPhone へ戻る事ができます。

無料で試す無料で試す

LockWiper を使ってスクリーンタイムパスコードを削除する方法は以下のとおり:

ステップ 1: LockWiperをダウンロードし起動します、スタートボタンを押します。

remove iphone screen lock

ステップ 2:お使いのiOSツールとPCを接続し Next (次へ) をクリックします。.

dfu mode

ご注意: デバイスが認識されない場合、デバイスを手動でDFU / リカバリモードにして検出させる必要があります。

ステップ 3: プログラムがお使いのデバイスモデルを自動検出します。 ファームウェアのバージョンを選択し、 “Download” (ダウンロード) をクリックします。ファームウェアのパッケージがダウンロードされるのを確認するために数分お待ちください。

download firmware package

ステップ 4: 検証に成功しましたら、“Start to Extract”  (抽出をスタート) をクリックし、完了するまで少々お待ちください。

verification success

ステップ 5: 開始するために “Start Unlock” (アンロックのスタート) をクリックします。 アンロック処理中は、必ずデバイスとPCがUSBケーブルで接続されている事をご確認ください。

confirm unlock

ステップ 6: 注意事項をよく読み、 “000000” と入力して確認し、“Unlock” (アンロック)をクリックしてください。

confirm unlock

ステップ 7:たったの数分以内に、お使いのデバイスからロックが解除されます。

confirm unlock

ご注意:

  1. パスワードを解除後と、デバイス上にあるすべてのデータが消去されれますのでご留意ください。

  2. 最新 iOSバージョンにアップデートされます。

  3. 常にデバイスがコンピュータと接続されていることをご確認ください。


この記事では、私たちはスクリーンタイムパスコードのリカバリの解決策を提供いたしました。 Sсrееn Timе はしばらくの間エクストラマネージをキャプチャするための素晴らしい可能性をご提供いたします。 あなたがもしお忘れになった時は、上記のいずれにある方法から選択し問題を解決する事ができます。iMyFone LockWiper は良い選択であり、スクリーンタイムパスコードを簡単に取り除けます。

無料で試す無料で試す