LINEでサブ垢や裏垢を作ることができるということを知っていますか?LINEを仕事とプライベートで使い分けたいと思っている方は多いと思いますが、同じ電話番号では1つのアカウントしか作れないのでできないと考えている人はたくさんいると思います。

そこで今回は、サブ垢について知らない方向けにサブ垢の作り方やアカウントを入れ替えをする方法についてご紹介していきます。

Part1:LINEサブ垢の作成するために必要な準備

ではまずは、LINEの裏垢を作りたい方が作成のためにする必要がある準備についてご紹介していきます。

1Facebookで連携したLINEアカウントを準備する

LINEはこれまで電話番号だけではなく、FacebookアカウントでLINE登録を行うことができました。そのため、電話番号で登録したアカウントとFacebookアカウントの2つを作ることができたのです。

しかし、2020年4月にLINEはFacebookアカウントでの登録機能を終了しています。ただ、Facebookアカウントで作ったLINEを使っている場合、引き続き継続できるようになっています。つまり、Facebook連携で作ったLINEアカウントを使っている場合、もしくは今のアカウントをFacebook連携に切り替えることによって、新規登録を電話番号を登録して裏垢を作ることができます。

Googleアカウントを入力

2 PCやiPadにLINEをインストールする

PCやiPadでは、同一のLINEアカウントを利用することができます。そのため、事前に自分が使いたい端末にLINEをインストールするしておきましょう。

PC版LINE

Part2:LINEサブ垢を作る方法

ではここからは、LINEのサブ垢の作り方についてご紹介していきます。

1スマホからLINEアプリを削除して再インストール

まずは今使っているスマホのLINEアプリを削除します。その後、再インストールを行います。このようにしなければ、LINEにログインを求められることはないので、この手順は必須となります。

LINEアンインストール

2サブアカウントを作成

再インストールしたLINEを開くと、新規登録画面が表示されます。そのため、現在LINEに紐づけしていない電話番号を使って新しいアカウントを作ります。現在はFacebookアカウントで新規登録を行うことはできないので、今作っているアカウントが電話番号と連携している場合、Facebookアカウントとの連携に切り替えておくことをおすすめします。

電話番号で新規登録

Part3:LINEサブ垢を入れ替えする方法

LINEでサブ垢を作った場合、メインのアカウントとの入れ替えを行う必要があります。そのため、ここからはメインとサブ垢の切り替え方法をご紹介します。

LINEのサブ垢を入れ替える具体的な操作する仕方は以下となります。

ステップ1:LINEのメインアカウントとサブ垢の入れ替えを行う場合には、LINEアカウントを一度削除して、再度インストールを行う必要があります。

ステップ2:再インストールをすると、LINEにログインする画面が表示されるので、そこでFacebookか電話番号を選択することができるので、アカウントを切り替えることができます。

LINEとFacebookを連携する

Tips:問題発生を防ぐするために事前のバックアップが必要

サブ垢を作る時や、アカウントを切り替えようとする時には、LINEアプリの削除が必須となっています。その際に今のデータが消えてしまう可能性は充分にあります。そのため、事前にデータのバックアップをとっておくことはとても重要です。

安全にバックアップデータを保存するのであれば、専門的なLINEデータをバックアップするソフト - iTransor for LINEがおすすめです。iTransor for LINEを使えば、スマホから簡単にデータを保存することができます。サブ垢を切り替えるのであれば、ぜひ必ずバックアップをとるようにしましょう。

LINEデータバックアップ

800万以上のダウンロード

iTransor for LINEの優れているポイント:

  • 【初心者でもできる】ワンクリックで、初心者でも簡単にバックアップか、PCにエクスポートできる。
  • 【無料】無料でバックアップ、バックアップしたファイルのプレビューが行える。
  • 【選択的にエクスポート】ほしいデータのみ選択的にエクスポートする。
  • 【多様な形式】エクスポート形式は豊かで、HTMLやPDF、CSV/ XLSなど多様の形式でエクスポートできる。

具体的な操作する仕方は以下となります。

ステップ1:iTransor for LINEをインストールして起動します。PCにデバイスを接続して、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動します

ステップ2:スタートをクリックすると、自動的にバックアップ開始するので、そのまましばらく待ってください。

iTransor for LINEを起動します

最後に完了をクリックするとバックアップ完成です。iCloud/Googleクラウドと比べて、容量制限がないし、永遠に保存できるし、上書きされる恐れが一切ないので、リリースしてから大人気を収めました。

結論

いかがでしたか?LINEでサブ垢を作ることは可能ですが、作成したりアカウントを入れ替える時にデータが消えてしまう可能性もあります。そのため、必ず事前にバックアップを行うことをおすすめします。バックアップの時には、プロのLINEトーク履歴をバックアップできるツール - iTransor for LINEを使うと、より便利にデータを保管することができるでしょう。