機種変更する時、大事にするLINEのトーク履歴、写真などのデータを一緒に引き継ぎしたいでしょう。ただし、バックアップと引き継ぎの操作はiPhoneよりAndroidのほうが少し複雑と考えるかもしれません。

この記事ではAndroidとAndroidの間にデータを引き継ぎしたい場合のより簡単な操作方法を紹介します。最後までご覧になるとこれからの機種変更する時でも役に立ちます。

Part1:AndroidでLINEバックアップから引き継ぎできるデータ

AndroidとAndroidのような同システムの間ではほぼすべてのデータを引き継ぎすることができます。

引き継ぎできる具体的なデータ:

  • 名前、LINE IDなどプロフィール情報
  • グループ
  • トーク履歴
  • Keepに保存した写真、動画、テキスト、ファイル
  • 投稿した内容
  • スタンプなど(再ダウンロードの必要があるかも
  • LINE Payの残高、LINEポイント、購入済みのコインなど課金したもの
  • LINEと関連があるアプリデータ

引き継ぎできないデータ:

  • 通知音の設定
  • トークルームの通知設定

(参考元:LINEあんぜん引き継ぎガイド)

Part2:AndroidのLINEトークを引き継ぎする方法

引き継ぎができるデータを知った上に、今からより安全かつ操作しやい引き継ぎする方法を紹介します。

2.1. 専門的なLINEトーク履歴をバックアップ・復元できるツール

あまりAndroidの操作がうまく行けない、複雑な設定などの時間を節約したいユーザーに対して、専門なLINEトーク履歴をバックアップ・復元できるツールのご利用を強くお勧めします。公式クラウドより、無制限のバックアップできる容量があるので、バックアップすることをより成功率が高いです。

AndroidでLINEトーク履歴をバックアップするビデオをご覧ください!

YouTube Video

iTransor for LINEのお勧め理由:

  • 部分的にバックアップできるので、時間の節約に役に立てる。
  • 上書きされる恐れが一切ないし、100%安全
  • トーク履歴にある画像動画はそれぞれの会話により分類し、保存している。
  • バックアップだけでなく、選択的に欲しいコンテンツを.PDF/.HTML/ .XLS/ .CSVの形式でエクスポートできる。すべてのメディア付きの端末で閲覧できる。

具体的な操作手順は以下となります。

ステップ1:iTransor for LINEをインストールして、起動します。端末をPCに接続して、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動します

ステップ2:画面にある「完了」ボタンを明るくなるまで少し時間かかりますので、しばらくお待ちしており、「完了」をクリックするとバックアップ完了です。

iTransor for LINEを起動します

ステップ3:バックアップしたトーク履歴、画像動画などをプレビューし、エクスポートしたい場合はモデル2をクリックして、復元したいバックアップファイルを選択して「確認、エクスポート」をクリックします。

iTransor for LINEでバックアップを確認

ステップ4:選択したエクスポートしたいコンテンツをチェックして、出力形式と保存先を選定したら、エクスポートをクリックするだけで、エクスポートができます。

iTransor for LINEでバックアップをエクスポート

ご注意

現段階ではバックアップしたトーク履歴、画像動画ファイルなどコンピューターにのみエクスポートできます。Googleドライブと併用することをお勧めします。

2.2. Googleドライブ

Googleドライブを利用すると最大限15GBの無料容量がアップロードできます。15GBを超えたら、バックアップが途中まで進まないか、結局失敗に終わります。Googleドライブを利用したいなら、まずGoogleのアカウントが必要です。Androidユーザーの場合は基本的にGoogleアカウントを持っていますので、特にわざわざ設定する必要がないです。

GoogleドライブでLINEのデータを引き継ぎする方法:

ステップ1:(ステップ1~3まではもし方法1バックアップツールを利用するならば、略でよい)LINEのホーム画面の右上にある「設定」アイコンをタップして、「トーク」を選択して、「トーク履歴のバックアップ、復元」をタップします。

ステップ2:「Googleアカウント」をタップすると、今のAndroid端末に登録しているGoogleアカウントが表示されるはずです、それを選定します。

ステップ3:トーク履歴をバックアップ&復元の画面に戻って、「Googleドライブにバックアップする」をタップして、しばらく待ってから、「トーク履歴をバックアップしました」と表示されます。これでLINEのトーク履歴がバックアップできるはずです。

Googleドライブにバックアップする

ステップ4:「設定」に戻って、「アカウント」をタップして、アカウントをできるだけ詳細に記入します。(引継ぎする時より無事に操作できるため)

Googleアカウントを入力

ステップ5:「設定」に戻って、「アカウント引継ぎ」をタップして、次の画面にあるスイッチを「オン」にすると、36時間以内にアカウントの引継ぎができるようになります。

LINEアカウントを引き継ぎ

ご注意

無料の15GBはGoogleドライブだけではなく、Gmail、Googleフォトと同時に使っているので、仮にGoogleフォトのほうが多く使われたら、Googleドライブの空き容量はそんなに足りるわけではないです。

Part3:機種変更後にデータを引き継ぎするための仕方

機種変更した後で引継ぎする方法の具体的な操作手順:

ステップ1:旧端末と同じくGoogleアカウントを登録します。

ステップ2:LINEを起動して、もし電話番号が変わらない場合は「電話番号で入力」を選択します。(変わった場合は先ほどLINEアカウントに入力した内容で登録します)

ステップ3:画面の指示通りで電話番号、認証番号、パスワードを入力して、ログインします。

LINEの引き継ぎ

ステップ4:「トーク履歴を復元」して、LINEアプリの中に入り、絵文字、スタンプなどを再ダウンロードして、通知音を再び設定したら、引継ぎ完成です。

LINEの引き継ぎ

Tips:

トーク履歴をGoogleドライブでバックアップではなく、バックアップツールをご利用すると、Googleドライブと新端末の容量を最大限節約できるし、PCでトーク履歴をまとめて分かりやすく管理できるので、LINEデータを引き継ぎする時Googleドライブとバックアップツールの併用をお勧めします。

結論

Android端末間のLINEデータの引継ぎはiPhoneより比較的にややこしいですが、バックアップツールとGoogleドライブを併用する形で操作するなら、なんとなく操作しやすく、成功率が最大限高くなります。ここで紹介したプロのLINEトーク履歴をバックアップできるツール - iTransor for LINEを強くお勧めします。今ダウンロードすると、データのバックアップとバックアップファイルのプレビューが無料で行います。今すぐ試してみましょう!