<質問>
ほぼすべてのデバイスで機内モード機能が付いているじゃ。ずっと疑問を持っているのはもし機内モードを「オン」にすると、GPS使用はまだ可能でしょうか?めっちゃ知りたいので、同じ知りたい人もいるでしょう。

この問題について、今の記事を最後読んだらきっと疑問を解決できるでしょう。この記事ではまずよく聞かれる機内モードに関する問題を回答したうえで、機内モードでGPS追跡を防ぐ方法、または機内モードよりもっと完璧なGPS位置情報の追跡を防ぐ裏ワザを紹介します。

Part1:機内モードに関するFAQ

機内モードはよく飛行機に乗る時しか使わない機能として、不思議だと思いませんか?今日は機内モードに関するよく聞かれる問題をまず解明したいと思います。

iPhone 機内モード

1機内モードにしても追跡されるか?

答えは「はい」です。機内モードをオンにすることは、GPS追跡を停止するための最も効果的な方法ではありません。つまり機内モードにしても、GPS位置情報を追跡される可能性があります。

GPS位置情報を追跡するサードパーティの好きな人はいません。多くの人が自分の位置情報を他人から見れば隠している効果的なソリューションを望んでいます。ただし、機内モードをオンにするこことは、最良の解決策ではありません。実は、機内モードはモバイル通信とWi-Fiのみをオフにすることを意味します。簡単に言えば、スマートフォンをモバイル通信を切断しても、位置情報を無効にすることを意味しません。

2機内モードは位置情報を閉じると意味するか?

いいえ、機内モードを「オン」にしても、デバイスの位置情報はまだ閉じていません。GPSは衛星から直接信号を送受信するテクノロジーです。モバイル通信にまったく依存しないため、機内モードをオンにしても、サードパーティソフトが貴方の現在地を簡単に追跡できます。

幸い、GPSの位置情報を他人から隠す方法はまだあります。機内モードをオンにするだけでなく、デバイスでGPSも無効にする必要があります。GPSが無効になると、誰もあなたの位置を追跡できなくなります。徹底的に居場所を隠したい時、必要なのはGPSを無効にすると同時にスマートフォンで機内モードをオンにすることです。詳細については、Part2:機内モードでGPS追跡を防ぐ方法を参照してください。

3デバイスをシャットダウンした時GPSはまだ動いているのか?

いいえ、デバイスがシャットダウンした後ははiPhoneのGPS位置情報を追跡できません。居場所を追跡するために、GPSの接続が必要だが、スマートフォンの電源がオフの場合、GPSをアクティブできません。

Part2:機内モードでGPS追跡を防ぐ方法

GPS追跡と機内モードに関する内容を理解したところで、これからはデバイスの位置情報サービスを無効にする方法を紹介します。

2.1. iOSデバイスの仕方 

iPhoneやiPadなどのiDeviceを使用している場合は、以下の手順に従ってデバイスの現在地を非表示にしましょう。

ステップ1:iPhone X以降の場合は、右上隅から下にスワイプして「コントロールセンター」を表示します。iPhone 8を以前の場合は、画面の下から上へスワイプして、iPhoneのコントロールセンターを表示します。

ステップ2:「飛行機」アイコンを見つけてオフにして、iPhoneで機内モードを有効にすることができます。(あるいは「設定」>「機内モード」に移動して、スイッチを切り替えることもできます。)

iPhoneで機内モードを設定

ステップ3:GPS位置情報を無効にします。具体的には iPhone/iPadの「設定」>「プライバシー」に移動します。「位置情報サービス」のスイッチを「オフ」にすれば完成です。

位置情報サービスをオフ

2.2. Androidデバイスの仕方

Androidデバイスの場合、位置情報サービスをオフにするプロセスはスマートフォンのブランドによって異なります。次のガイドラインに従って、Androidスマートフォンでの位置情報をブロックするのに役立ちます。

ステップ1:画面の上から下にスワイプします。

ステップ2:機内アイコンを探してタップし、「機内モード」をオンにします。

Androidで機内モードを設定

ステップ3:「設定」を開いて、「位置情報」を選択します。すぐ隣にあるスイッチオフにしたら、完成です。

Androidで機内モードを設定

ご注意

Googleマップなどの一部のアプリは、位置情報サービスに依存しています。特に、位置情報をオフにすると、スマートフォンの一部の機能にアクセスできなくなります。

Part3:GPS位置情報の追跡を防ぐ完璧な方法

以上は位置情報の追跡を防ぐ方法です。ただし、機内モードにしても、位置情報サービスをオフにしても、スマホを使う時、まだ多くの不便があります。これからは位置情報サービスをオフにしなくても、GPS追跡を防止する方法を共有します。それはサードパーティーソフトのご利用です。iMyFone AnyToを利用すると、他人にバレないし、簡単に位置情報を変更することができます。

AnyToの主な機能:

  • ワンクリックで位置情報偽装が可能
  • デバイスの移動ルートを好きなように設定できる
  • 偽装ルートの速度調整も可能
  • リアルな動きをしているように、いつでもストップすることも可能

まず位置情報を変更するビデオチュートリアルを見ましょう!

YouTube Video

ステップ1:AnyToをインストールして、起動します。「スタート」をクリックして、画面の指示通りでiPhone/iPadを接続します。

AnyToを起動する

ステップ2:iOSデバイスのロックを解除して、「信頼」をタップします。

PCを信頼する

ステップ3:AnyToのマップを読み込まれたら、右上にある左から三番目の「テレポートモード」のアイコンをクリックします。次に左上のテキストフィールドに目的地を入力します。

テレポートモードを選択する

ステップ4:最後に「移動」をクリックすると、iPhoneの位置情報が選択した目的地の座標に移動します。

Tips:

この位置偽装ツールを利用する時、まずPCを一回接続したら、ずっと接続する必要なし、iPhoneを再起動するまでGPSから見ればずっと位置偽装の位置にいます。

まとめ

どうでしょう、機内モードに関する疑問はちゃんと解けましたでしょうか?それ以外、また位置情報の追跡を防ぐ最も完璧な方法、位置偽装ツールの使い方なども紹介しました。今世界中に位置追跡を防止のために大人気を収めました。今すぐ無料版(使い回数制限付き)を試してみましょう!