デバイスの位置情報サービスは、日常生活で最も役立つ機能の1つであるとも言われています。位置情報によってお勧めされる内容もそれぞれ違いますし、交通ナビゲーション、SNSまですべてがデバイスの位置情報サービスに基づいています。ただし、デバイスを通じて他人に追跡されると、個人情報の漏れなど恐れがあります。端末の位置情報サービスを無効にしようとしても、追跡されるかどうかはそんな簡単に確認できません。

たまにAndroidで位置情報を偽装することは、プライバシーを保護するために不可欠な作業です。この記事ではAndroidで位置情報を偽装する方法を詳しく紹介します。最後までご覧になるとこれからのプライバシーを保護することに役に立ちます。

方法1:位置偽装ツールのご利用

位置偽装ツールiMyFone AnyToは、WindowsとMacの両方ともご利用できるサードパーティー位置情報を変更するソフトです。このソフトは、位置情報サービスを無効にすることではなく、AndroidまたはiOSデバイスの位置情報を変更するのに役立ちます。位置偽装ツールをご利用すると、デバイスのGPS位置を世界中の隅々まで変更したり、2つのスポット間の移動をシミュレートしたり、複数の目的地の間のルートを計画して、ルートに沿って移動ししたりできます。

AnyToの主な機能:

  • たったワンクリックで、位置情報を世界中の隅々まで変更できます。
  • 現実世界で移動しているように、カスタマイズされた速度で動きをシミュレートします。
  • 最新のiOS 14を含むiOS 7.0以降のすべてのiOSデバイスで動作します。
  • リアルな動きをしているように、いつでもストップすることも可能。

ステップ1:お使いのコンピュータに位置情報を変更するツールをダウンロードしてインストールします。「スタート」をクリックして、画面の指示通りでデバイスを接続して、ロックを解除します。

AnyToを起動する

ステップ2:端末で「USBデバッグを許可しますか?」の下で「OK」をタップします。

USBデバッグを許可

ステップ3:AnyToマップが読み込まれたら、右上にある左から三番目の「テレポートモード」のアイコンをクリックします(左から3番目)。左上のテキストフィールドに目的地を入力します。また、マップを拡大/縮小して目的地を選択することもできます。

テレポートモードを選択する

ステップ4:目的地を設定して、「移動」をクリックすると、端末の位置情報が選択した目的地の座標になります。

方法2:Android端末の設定で位置情報をオフにする

Android端末で位置情報を非表示にする最も直接的な方法は、端末で位置情報サービスをオフにすることです。ただし、AndroidのバージョンとカスタマイズされたOSは無数にあるため、位置情報サービスをオフにする方法は、実際のデバイスによって少し異なる場合があります。そうは言っても、Androidの位置情報サービスがオフになっていても、確実に位置情報をオフにしたことを確認できません。

具体的な手順は以下となります(サムスンを事例)。

ステップ1:「設定」を開き、「生体認証とセキュリティ」をタップします。

ステップ2:次の画面に下へスワイプして「位置情報」のスイッチを「オフ」にします。

Androidで位置情報をオフにする

Note:

ほとんどのAndroidデバイスでは、コントロールパネルに位置情報サービスのスイッチが表示されるはずです。画面の上から下にスワイプして「GPS」または「位置情報」スイッチを見つけ、タップしてグレイになるとオフにできます。

方法3:Googleトラッキングアクティビティを無効にする

Androidデバイスの最大のトラッカーはGoogleサービスです。わざわざ設定しない状態で、Googleは位置情報を含め、デバイス上のすべてのアクティビティを追跡しています。Googleがユーザーの活動を追跡する意図は悪意ではありません。 より良い、より正確なサービスを提供して、各ユーザーの日常生活を楽にすることができます。しかし、誰もが常にGoogleに追跡されることを好むわけではありません。

1ネット上で追跡アクティビティを無効にする

Googleの位置情報追跡を停止するには、GoogleアカウントでGoogle追跡アクティビティを無効にすることができます。

これからはGoogle追跡アクティビティをオフにする方法を紹介します。

ステップ1:https://myactivity.google.com/でGoogleアカウントを使用してログインします。

ステップ2:すぐに画面上で「ウェブとアプリのアクティビティ」と「ロケーション履歴」が表示されます。両方とも「オフ」にします。

ステップ3:次の画面に下へスワイプして「位置情報」のスイッチを「オフ」にします。

追跡アクティビティを無効にする

設定が完了すると、このアカウントを登録したすべての端末はこの設定に適応します。ただ、通信環境の関係で少し時間かかるかもしれません。

2端末で追跡アクティビティを無効にする

ステップ1:Androidデバイスで、Googleアカウントをタップします。

ステップ2:Googleアカウントページで、「データとパーソナライズ」をタップして、さまざまなアクティビティオプションが表示されます。

ステップ3:実際のニーズに応じてオプションをオフにします。

Googleアカウント設定

方法4:VPNで位置情報を偽装

位置情報を追跡するために利用できるのはGPSだけではないことはもう秘密ではありません。多くの人やサービスは、ネットワークを接続するだけで、あなたがどこにいるかを追跡できます。つまり、GPSがオフになっている場合でも、ネットワークに接続している限り、誰かがあなたの居場所を把握することができます。

VPNロゴ

VPNは、インターネット上で位置情報を隠すのに役立つものです。仮想のプライベートネットワークに接続することを通じて、Android端末の位置情報を非表示にして、だれも追跡できないようにすることができます。インターネットには多くの種類のVPNがあり、無料のものもあるし、高価なものもあります。 VPNの中には詐欺でもあり、機能しないものもあるため、作者は特に信頼しないVPNがないと、勝手に使うことを配慮してください。AndroidでGPS位置情報を非表示にする必要がある場合、VPNでできることはごく少ないです。おそらく、AnyToなどの位置情報変更アプリを探すか、デバイスまたはGoogleアカウントで位置情報サービスをオフにする必要があります。

結論

Android端末で位置情報を変更、偽装、非表示にする方法はいくつかありますが、一番お勧めなのはiMyFone AnyToです。より簡単かつ安全な操作で位置情報を変更できます。ほぼすべてのSNSアプリはご利用できますので、今すぐ無料版(使う回数制限付き)を試してみましょう!