Tinderは、日本でも利用者が1,000万人近くいると言われている世界最大級の出会い系マッチングアプリです。女性のみならず男性も無料で登録できるため、若者を中心に利用者を増やしています。

Tinderで位置情報を偽装する方法

Tinderでは、位置情報を使って近くにいるユーザーとつながることができる一方で、「自分の住所が特定されないか」と不安になる人も多いでしょう。本記事では、Tinderで位置情報を偽装する方法についてまとめていきます。

Part1:Tinderの現在地を変更する方法

Tinderは、位置情報を活用してユーザー同士をつなげるアプリです。そのため、位置情報をオフにしてしまうと使いづらくなってしまいます。しかし、自分の居場所を特定されるのではないか、と心配になることもあるのではないでしょうか。ここでは、Tinderを安心して使うために位置情報を偽装する2つの方法を紹介します。

位置偽装アプリを利用する

位置情報を変更するソフト「AnyTo」は、位置情報を簡単にワンクリックで偽装できるアプリとして人気を博しています。位置情報をどこにでも変更できるので、「自分の居場所を知られたくない」「住所を特定されたくない」という時に使えて便利です。

ただし、今いる場所よりも大きく離れた位置に位置情報を移動してしまうとTinderを使った出会いは難しくなるので注意が必要になります。

具体的な位置情報を変更する方法

ステップ1:AnyToをインストールして起動します。PCにデバイスを接続して、「スタート」をクリックします。

AnyToを起動する

ステップ2:左上に変更したい場所を入力して、右上四番目の「テレポートモード」を選んで、「移動」をクリックします。

テレポートモードを選択する

こうすると簡単に位置情報を偽装できるようになります。

Tinderの有料会員になる

Tinderは無料でも利用できますが、有料会員になるとさまざまな機能が使えるようになります。有料機能の中には、位置情報を変更するものがあるのでそれを活用しましょう。有料会員には「Tinder Plus」「Tinder Gold」「Tinder Platinum」の3種類があります。

三つそれぞれの権限は

  • Tinder Plus:LIKEが無制限で送れる
  • Tinder Gold:LIKEをくれた相手が誰かわかる
  • Tinder Platinum:すべての有料機能を利用できる

初心者の方は、まず1ヶ月プランで試すのが良いでしょう。料金は、性別や決済方法、利用デバイスなどによって異なります。有料プランに変更すると、位置情報を変更する以外にもさまざまな充実した機能があるので、検討してみてはいかがでしょうか。月額でお金を払うのに抵抗がある方は、まずは無料版でも利用できるAnyToのような偽装アプリをおすすめします。

Tinderで有料会員になる手順は、以下のとおりです

ステップ1:マイページをクリックして、「設定」を開いて、希望の有料プランを選ぶ

ステップ2:有料の期間を選択してから、「支払う」をクリック

ステップ3:支払い情報を入力

ステップ4:「今すぐ購入する」をクリック

Tinderで有料会員になる

Part2:Tinderの位置情報をオフにする方法

どうしても居場所や自宅がバレるのが怖い方は、Tinderの位置情報をオフか「正確な位置情報」をオフにしましょう。

位置情報をオフにする方法は、以下のとおりです

ステップ1:スマホ端末の「設定」を開く

ステップ2:「Tinder」を選択

ステップ3:「位置情報」を選択

ステップ4:「なし」を選択するか「正確な位置情報」スイッチをオフにする

Tinderで位置情報をオフにする

以上の手順で、Tinderの位置情報をオフにすることができます。ただし、オフにした状態のままだと、近くにいる人とマッチングすることができなくなります。職場や学校にいるときはオフにして、マッチングする際にはオンにするなど、使い分けるようにしましょう。

Part3:Tinderの位置情報に関するFAQ

1位置情報をオフにするとTinderが利用できるのか?

Tinderは位置情報を使ってユーザー同士が出会うため、オフにすると利用が難しくなります。どうしても居場所を知られたくない方は、位置情報を自由に変更できるアプリ「AnyTo」を利用するか、有料プランTinder Plus、Gold、Platinum いずれかに加入して、相手との距離非表示設定を利用しましょう。

2自宅は他人にバレますか?

Tinderは正しく利用すれば、自宅がバレることはまずありません。理由は2つあります。

  • 検索できる距離が最小で「2km」:どんなに近くても最小表示距離が「2km」なので、そこまで気にする必要はありません。詳しい居場所を知られる可能性は低いでしょう。
  • 表示される地点は最後にアプリを開いた場所アプリ上に表示される地点は現在地ではなく最後にアプリを開いた場所になるので、たとえ相手との距離が近くてもリアルタイムとは限りません。どうしても気になる方は、自宅や学校、または職場などでは使わないようにしましょう。

結論

Tinderは位置情報を使って、ユーザー同士がマッチングできる日本でも人気のアプリです。しかし、中には位置情報を使うことに抵抗がある方もいるでよう。「居場所を知られたくない」「自宅がバレるのが怖い」という方は、位置情報を簡単に変更できるアプリ「AnyTo」を利用しましょう。AnyToで位置情報を偽装すれば、安全に素敵な出会いを探すことができます。