<質問>
iToolsの地図が表示されない問題を解決する方法はありますか?

iTools Virtual Location(Thinkskysoft)はiOS用のジオスプーフィングのツールでGPSの位置を偽装することができ地域で制限されたコンテンツにアクセスできるようになります。通常、iTools Virtual LocationはポケモンGOやティンダーで他の地域でデートをするために使用されています。

このアプリには豊富な機能がありますが、いくつかのエラーが発生しがちです。iTools Virtual Locationを使ったことがある人ならその予期しないクラッシュ、デベロッパーモードの失敗、と位置を切り替えることができないいくつかの問題が頻繁に起こっているはずです。

なので、この記事では、”iTool Virtual Locationが機能しない”問題を引き起こす可能性があるきっかけとそれを修正する手順をご紹介します。そして、新しくより快適で簡単にiPhoneで使用できる別のGPS位置偽装iToolsをご紹介します。

1.iTools Virtual Locationが機能しない様々な問題の解決法

以下はiTools Virtual Locationで頻繁に見られる問題とその効果的な解決法です。

1 デベロッパーモードでスタックする

これがiTools Virtual Locationのユーザーが最も頻繁に遭遇しているエラーかもしれません。デベロッパーモードでスタックした時、アプリケーションは開始されず、次のステップに進むことができなくなります。その結果、アプリケーションはGPS位置を偽装することができません。

itools デベロッパーモードでスタック

解決法:この問題に遭遇した時の解決法は以下の通りです。この問題の発生は古いバージョンのiToolsを使用しているのが原因の可能性があります。なので、公式サイトで最新版のiToolsに更新してみましょう。


2 予期しない地図のクラッシュ

多くのユーザーがPCが安定したインターネット接続環境にいてもiToolsに地図のロードができないと報告をしています。これは、iToolsがGoogle Map APIとの安全な接続の確立に失敗し、それによって地図の読み込みに失敗した場合に発生します。このエラーは、iToolsを初めて使用する場合でも、いつでも発生する可能性があるのでご注意してください。

iTools フィードバックを送信

解決法:これは技術的なエラーであるため、修正するためにできることはほとんどありません。私たちにできるのはiToolsを再起動しジオスプーフィングプロセスを最初から始めることです。ただし、多くのユーザーがこの問題を修正するために使用した、Mapboxに切り替えることも一つの手段です。


3 iOS 13でiToolsが機能しません

iOS 13でiToolsVirtual Locationが動作しないのは、多くのiToolsユーザーに共通の問題です。この問題は通常、ユーザーが最新のiOS 13アップデートをiPhoneにインストールした後に発生します。この場合、iToolsは単純にそのiDeviceを認識できず、その結果、GPSの位置を偽装することができません。

itools iOS 13で動作しない

解決法:iToolsは最新のiOS 13に対応していません。なのでお使いの端末がiOS 13な場合は、以前のバージョンにダウングレードするか、iOS 13に対応している別のジオスプーフィングアプリを選択する必要があります。

2.より良いツールで仮想ロケーションを設定する方法:iMyFone AnyTo

この時点で、特にARゲームであるPokémonGOをプレイする場合、iToolsがiPhoneでGPS位置を偽装するための信頼できるソフトウェアではないことは明らかです。事前の警告なしにさまざまなエラーが発生する可能性があるため、場所が自動的に元の場所に戻る状況でスタックする可能性があります。

なので、最初に約束した通り、より信頼のできる位置偽装アプリを紹介いたします、例えばiMyFone AnyTo。これは、iOSユーザー専用の位置情報偽装アプリであり、多数の機能が搭載されているため、ユーザーは中断されることなく偽のGPS位置情報を設定できます。

iMyFone AnyTo」には「テレポートモード」が付属しており、これを使用して世界中の任意の場所を選択し、それを偽の場所として設定できます。GPS座標を使用して特定の場所を見つけることもできます。また、地図上で目的の場所を見つけたら、ワンタップでGPSの場所を簡単に偽装できます。また、AnyToを使用すると、家から出ることもなく、歩かずにポケモンGOを遊ぶこともできます。

AnyTo iPad位置情報変更

DL数1,000,000回突破

AnyToがiToolsりも優れている理由:

  • ワンクリックでGPS位置を変更できます。
  • デバイスをジェイルブレイクする必要がありません。
  • 最新のiOS 14とiPhone 12を含む、すべてのiOSバージョンとiOSデバイスと互換性があります。
  • Life360およびその他の位置情報アプリで位置情報を偽装して、追跡を防ぐことができます。
  • iMyFone AnyToを使用してGPSの動きを偽装することで、ポケモンGOで非常に便利になります。

無料で試す無料で試す

そのため、iTools Virtual Locationがパソコンで機能していない場合は、使いやすさを向上させるためにiMyFone AnyToに切り替えることができます。それでは、この動画をご覧になって、この素晴らしい位置情報偽装アプリの詳細を見て、スマホで偽の位置情報を設定してみてください。

(注:操作手順は、当動画の 0:46 から)


無料で試す無料で試す

ステップ1:パソコンでAnyToをインストールして起動し、「スタート」をクリックして、iPhoneをパソコンに接続します。

AnyToを起動する

ステップ2:画面で地図が表示されたら、右上のテレポートアイコン(左から三番目)をクリックしてください。 そして、左上の角にある検索バーで希望する場所(またはGPS座標)を入力します。

テレポートモードを選択する

ステップ3: 地図の上にある特定の場所を選ん「移動」ボタンを押します。すると、すぐにiPhoneのGPS位置情報がプログラムにセットされた場所に移動します。

iPhoneの位置を変更する

iMyFone AnyToは、iOSデバイスの場所を即座に変更できます。これで、中断されることなく、簡単にPokémonGOをプレイできたり、地域で制限されたコンテンツにアクセスしたりすることができます。

無料で試す無料で試す

3.一目瞭然 - iTools と iMyFone AnyTo比較表

Features
iTools Virtual Location
iMyFone AnyTo
iTunesのインストール
iTunesは必要
iTunesは不要
iOSとの互換性
iOS 12まで
すべてのiOSバージョンに対応
価格
プラチナライセンスは129.95ドル
4つのプランがあり、最低月額プラン980円
GPSの動き偽装
サポートしない
ツースポットモードとマルチスポットモードがあり、カスタマイズされた速度に動きをシュミレート可能

最後に

iToolsでGPS位置情報を偽装しようとしている多くのiOSユーザーはiTools Virtual Locationが機能しない問題に遭遇しています。皆さんも似たような状況に遭遇したら、先ほど紹介した解決法をやってみるかiMyFone AnyToに切り替えてみましょう。iMyFone AnyToを選択する主な利点の1つは、iOS 14を含むすべてのiOSバージョンで機能する手頃な価格のジオスプーフィングツールであることです。ぜひお試しください。