<質問>
iPhoneの位置情報を共有したい時、ファミリー共有になっていて、オンラインになっていても、位置情報の共有ができない問題がすごく悩んでいます。何かいい解決方法がないでしょうか?一番期待している機能なので、使えないともったいないし...

心配いらず、今日はこの記事を通じてうまくiPhone・iPadで位置情報を共有、オフにできない問題を解決させてあげることを保証します。最後までご覧になってください!

Part1:位置情報を共有・オフにできない原因

位置情報を共有できないか、オフにできない対処法を知る前にまずその問題になった原因をまず確認しましょう。主な原因は四つあります。それ以外またアプリごとに特別な原因がある可能性もあります。

1共有する相手の位置共有設定がオフにした

位置情報を共有したい場合はこっち側の位置情報をオンにしただけでは共有できないです。相手側も「オン」にしなければなりません。仮に相手側は位置情報共有に関する設定を「オフ」にした場合は、どうしても位置情報を共有できなくなりました。

2自分の位置情報設定がオフにした

もう一つの可能性は自分のiPhone/iPadで位置情報に関する設定はいつの間にかオフにしたか、あるいはあるアプリを初回開く時、間違って位置情報を取得することを拒否した場合は、再び設定しないとそのアプリを通じる位置情報を共有することはできなくなりました。

3位置情報の設定する画面がグレーアウトにした

自分のiPhone/iPadを設定する時、画面が動けないし、グレーアウトになる状況もたまにあります。設定できないため、共有するか、オフにするかもできなくなりました。その時はスクリーンタイムに関する設定から直さないと、利用できません。

iPhone制限された位置情報設定

4共有時間が過ぎた

位置情報を共有する前によく共有時間を設定する要求があります。仮にその時設定した時間は無制限ではなく、時間制限がある場合はいつか期限が切れたら、位置情報の共有ができなくなりました。

上記の四つよくある原因以外、またiPhone/iPadの不具合、アプリの不具合、またシステムバージョンか、アプリバージョンの古いなどの原因で位置情報の共有をうまく進まない状況があります。

Part2:位置情報を共有・オフにできない時の対処法

位置情報を共有できない、オフにできない原因に対する解決策はこれから紹介します。

2.1. 相手と設定状況を確認する

まずは相手と共有するiPhoneの状況を確認します。もうしかして相手側は共有したくないか、何らかの理由で位置情報の共有に関する設定をオフにした可能性があります。

もし本当に相手側の設定をオフにした場合は直接相手と連絡して、位置情報に関する設定を「オン」にしたら解決できます。

2.2. 自分の設定を確認する

問題2に対して、解決方法はもちろん自分の設定を確認することです。これも一番解決しやすい問題になります。以下の手順にしたがって、簡単に確認できます。

ステップ1:「設定」を開いて、「プライバシー」をタップします。

ステップ2:次の画面で「位置情報サービス」をタップして、「オフ」か「オン」か確認してください。

ステップ3:同じ画面のすぐ下にある「自分の位置情報を共有」をタップして、位置情報を共有するところのスイッチを「オン」にします。(オフにすると位置情報の共有をオフになります。)

iPhoneプライバシー設定

スイッチをタップすると簡単に「共有できない」「オフにできない」問題を解決できます。

Tips:

ここでは全体的な位置情報を設定するスイッチです。仮にアプリごとの設定が下にスワイプして、使用したいアプリをタップして、「このAPPの使用中のみ許可」か「常に許可」をタップしたら、解決できます。

2.3. 設定画面がグレイアウトにした時の対処法

グレイアウトになると、「機能制限」があると意味します。「機能制限」はiOS 12から「コンテンツとプライバシーの制限」になりました。

ステップ1:「設定」にある「スクリーンタイム」をタップして、下にスワイプし「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

ステップ2:次の画面で「コンテンツとプライバシーの制限」のスイッチを「オフ」にするか、「オン」にしても、「位置情報サービス」または「自分の位置情報を共有」2箇所を許可にします。

スクリーンタイム 制限

これで再び位置情報サービスを設定するところまで戻って、グレイアウトの状態ではなく、設定できる状態になるはずです。

2.4. 共有時間を延長するか再設定する

可能性の高い原因 - 共有時間の期限が切れた場合は、完全に共有できなくなります。短時間の共有はとくに注意しましょう!相手の居場所を向かっている時、時間をきちんと把握しましょう!期限が切れて、相手の居場所が分からなくなった場合は面倒なことになるので、余裕をもって共有の時間状況を設定しましょう。

2.5. iPhoneを再起動する

もうしかしてただのiPhone/iPadまたはアプリの不具合のために、位置情報が共有できない状況になってしまうのもあります。この時はもう一度iPhone/iPadを再起動して、アプリを一旦閉じて再び開いたら、簡単に解決できるかもしれません。

iPhone X以後:

サイトボタンと片方の音量調節ボタンを同時に長押しして、電源オフが表示されたら離れます。

スライダをドラッグして、少し時間の待ってからもう一度電源ボタンを長押しします。

iPhoneを再起動する

iPhoneSE、8以前:

サイトボタンを電源オフが表示されるまで長押しします。

次にスライダをドラッグして、時間を少し経ってからもう一度サイトボタンを長押しします。

iPhoneを再起動する

2.6. デバイスを最新バージョンにする

最後の可能性はiPhone/iPadのバージョンが古いため、位置情報が共有できない、オフできない状況があります。もし上記の解決策で解決できない場合はiPhone/iPadのバージョンを確認しましょう。

具体的な方法は:

ステップ1:「設定」にある「一般」を開いて、そこで「ソフトウェアアップデート」があります。

ステップ2:「ソフトウェアアップデート」の右にもし赤印があるなら、バージョンをアップデートする必要があります。

ソフトウェアアップデート

バージョンをアップデートした後でもう一度位置情報を共有、オフにできるかどうかを確認しましょう。

Part3:位置情報を他人に知らないうちに変更する裏ワザ

位置情報を共有することは確かにメリットがありますが、たまに他人と位置情報を共有したくない時がありませんか?例えば:親しい人にスサライスを準備したい場合、相手に位置情報をチェックされると、スプライスがなくなりました。この時は位置変更ツールAnyToのご利用をお勧めします。

AnyToの主な機能:

  • ワンクリックで、位置情報を世界中の好きな場所に変更できます。
  • 現実世界で移動しているように、カスタマイズされた速度で動きをシミュレートします。
  • 最新のiOS 15を含むiOS 7.0以降のすべてのiOSデバイスで動作します。
  • リアルな動きをしているように、いつでもストップすることも可能。

位置情報を変更する動画をまず見てみましょう!

位置情報を変更する動画

ステップ1:お使いのコンピュータに位置情報を変更するツールをダウンロードしてインストールします。「スタート」をクリックして、画面の指示通りでiOSデバイスを接続して、ロックを解除します。

AnyToを起動する

ステップ2:AnyToマップが読み込まれたら、右上にある 左から三番目の「テレポートモード」のアイコンをクリックします(左から3番目)。左上のテキストフィールドに目的地を入力します。また、マップを拡大/縮小して目的地を選択することもできます。

テレポートモードを選択する

ステップ3:目的地を設定して、「移動」をクリックすると、iPhoneの位置情報が選択した目的地の座標になります。

Tips:

社交的な方面で利用するだけではなく、もし貴方がポケモンGOドラクエウォークなど位置情報ゲームが大好きなプレーヤーなら、この位置変更ツールを使って、便利なお手伝いになります。近年位置情報ゲームでは大人気を収めました。

結論

この記事ではiPhone/iPadで位置情報を共有できない、オフにできないに関する問題の解決策を紹介しました。文章の最後にある位置情報を変更するツールを安全、簡単、日常生活にとても役に立つために、強くお勧めします。今すぐ無料版を試してみましょう(回数制限付き)!