このような経験がある方がいると思います。iPhoneのナビを使って移動しますが、移動路線は完全に間違っていて、違う方法に行っちゃいました。

大体の時に、iPhoneは使いやすくて便利です。ただし、上記の例のように、iPhoneの位置情報(GPS)がおかしい・ずれる問題は、時々発生します。どうすればいいのかわからないと、とてもイライラするでしょうか。この記事は、「なぜiPhoneに違う位置情報が表示されますか」という悩みの対処する方法について説明します。

iPhoneGPS位置情報がずれる・おかしい原因

iPhoneなどの最近のスマートフォンは、デザインと機能の多様性により、とても人気です。たとえば、よく使われているナビゲーションツールで、移動先の方向を示すだけでなく、1日中の移動路線の記録も保存できます。そのため、こんなによく使う機能がエラーが出る場合、結構イライラになります。さて、問題点に入る前に、まずiPhoneがどのようにナビゲーション機能を実行するのか正確に理解してみましょう。

理想的に、同じな機能を持っている他のスマートフォンと同様に、iPhoneは、GPSを使用して三辺測量を実行します。これは、3つの衛星間でやり取りされる通信に基づいて位置が固定されるプロセスです。注意してほしいのは、すべてのスマートフォンがこの方法を使用しているわけではないです。他に、ワイヤレス支援統合GPSを使用する人もいます。こちらの原理は、主に地球を周回する衛星によって提供される情報を組み込んで、正確な位置を設定します。

下記は、なぜiPhoneのGPS位置情報がずれるいくつの一般的な理由です。

・ネットワークまたは信号の問題

iPhoneのナビゲーション機能は、適切な受信サービスに安定に接続できるかどうか次第です。信号に干渉するものに近づくと、GPSサービスがすぐに影響をうけます。ネットワークまたは信号が悪い場合、GPSの精度も悪くなります。

・不完全なアップデート

アプリやiOSにバグのあるアップデートが適用されると、ナビゲーションサービスも影響を受けるかもしれません。通常に不完全なアップデートが完了するとすぐに気付くので、簡単に追跡できます。

・位置情報サービスの制限を利用中

プライバシーとセキュリティの問題のため、アプリが現在地にアクセスする機能を無効化、拒否、または制限することができます。これはiPhoneのナビゲーションレコードでエラーが発生する原因です。

iPhoneのGPS位置情報がずれる時やおかしい時の対処方法

iPhoneでロケーションとナビゲーションの問題が発生すること理由を確認したので、次はその問題を解決する方法について、ケースバイケースでもう少し詳しく調べてみましょう。

ケース1.iPhoneのGPS位置情報が全然違う場合の対策

以前、あるバージョンのiOSにアップデートした後は、かなりの数のユーザーはGPSの問題を報告しました。解決方法としては、位置情報サービスが無効になっている場合にiPhoneの位置情報サービスを切り替えることです。そのために、以下の手順に従ってください。

「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」を開き、位置情報サービスをオンにして、そうすると間違った定位が戻します。

位置情報サービスが既に有効になっている場合は、オフにして、20秒以上を待ってから、再びオンにし、更新すればよいです。

位置情報サービスをオンにする

ご注意:特定のアプリケーションを使用中の位置情報サービスを有効にする場合は、「常に」をタップして、いつでも現在地情報を取得できるようにする必要があります。そうしないと、アプリが機能しない可能性があります。

ケース2.「iPhoneを探す」の位置情報が更新されない場合の対策

「iPhoneを探す」は、紛失した、または盗まれたiPhoneを見つけられる素晴らしいアプリです。iPhoneをロックできますし、機密情報や個人情報をリモートで削除することもできます。ただし、何らかの理由で、機能しない場合があります。普通に考えられるいくつの原因を見てみましょう。

原因1:「iPhoneを探す」または「iCloud」をアクティブ化にしていないです。

iPhoneの置き忘れや盗難の前に「iCloud」と「iPhoneを探す」はオンにする必要があります。そうしないと検索対象がなくて、iPhoneを見つけることはできません。なので、新しいiPhoneを入手したらすぐにこれらの機能を有効にすることをお勧めします。

ヒント:「iPhoneを探す」をオンにする方法です。「設定」>「デバイス名」>「iCloud」>「iPhoneを探す」>「iPhoneを探す」をオンにします。

iPhoneを探すをオンにする

原因2:iPhoneはインターネットに接続されていないです。

「iPhoneを探す」はインターネットベースのサービスであるため、紛失したiPhoneを見つけるためにインターネットに接続の必要があります。接続されていないことは、Wi-Fiまたは携帯ネットワークの範囲外であるか、機内モードに切り替えられている可能性があります。

この場合、Wi-Fiまたはモバイルネットワークを再接続します。または、「設定」>「機内モード」で機内モードをオフにしてください。

原因3:iPhoneの電源が切っています。

インターネット接続のように、iPhoneが実際に起動されている必要があります。「iPhoneを探す」サイトには、iPhoneの電源が切れる前の最後の場所が表示されます。この場合は、できるだけ早くiPhoneを充電する必要があります。iPhoneバッテリーが赤く表示されていて、またはすぐに充電できない場合は、節電モードを有効にすればよいです。

従って、上記は「iPhoneを探す」より正確な位置情報が表示できなくなるいくつ主な原因です。そして、iPhoneで間違っている位置情報が表示される原因にもなります。

ケース3.iOS 14のアップデート後にGPSが正確に機能しない場合の対策

多くのiPhoneユーザーからiOS 14のアップデート後、GPSのトラブルがあると報告されています。それについて下記の解決方法を推奨します。

オプション1:iPhoneのネットワーク設定をリセットします。

上記のすべてのアドバイスをトライしてもGPSの問題を解決できない場合は、下記のようにネットワーク設定をリセットしてみてください。

「設定」>「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定リセット」の順にタップします。操作確認のため、パスコードを入力して、ネットワーク設定をリセットします。

ネットワーク設定をリセットする

オプション2:アプリの更新をチェックします。

App Storeを開き、GPSサービスに問題があるアプリが最新バージョンか確認します。最新版ではない場合は、アプリをアップデートしましょう。

オプション3:iPhoneのソフトリセットを実行します。

電源ボタンとスリープ/起動ボタンを同時に約10秒間押し続け、アップルのロゴが表示されたら、ボタンから手を離します。これで、iPhoneはソフトリセットされ、iOSアップデート後のGPS位置がおかしい問題が解決されるかもしれません。

iPhoneソフトリセット

iPhoneでGPS位置情報がずれる問題が解決できる他のお勧めヒント

iPhoneのGPS機能が復元されない場合、下記のいくつのヒントも試してみてください。

  • 室外、または受信が良好な高層ビルから離して再度操作してください。
  • GPSアプリを使用する際に、インターネットに接続していることを確認してください。
  • Appleサポートシステムのステータスページにアクセスして、システム停止していないことを確認します。
  • iPhoneマップアプリをアップデートします。

上記のすべての方法でもiPhone GPSを正常に機能させない場合は、ハードウェア、特にGPSチップが故障した可能性が高いです。iPhoneが頻繁に床に強く落下したり、液体に接触したり原因になります。その場合、正式なAppleサポートストアに修理してもらった方がいいです。以上は「iPhoneの位置情報がおかしい・ずれる」問題に対するすべての説明です。

追記 - iPhoneの位置情報サービスについて

iOSのプライバシーとセキュリティの設定により、特定のアプリがiPhoneの情報にアクセスする方法をコントロールできます。たとえば、Tik TokやLINEなどのソーシャルメディアサイトは、写真やビデオをアップロードするために、カメラへのアクセス許可を要求します。位置情報サービスもほぼ同じです。マップや天気など位置情報を要求するアプリをコントロールできます。

通常であれば、「位置情報サービス」をアクティブ化されると、ステータスバーに黒または白の矢印が表示されます。そして青いマーカーはおおよその位置を示します。それ以外の場合は、広い範囲を囲む青い円として表示されます(ただし、精確な位置ではありません)。明らかに、円が大きければ大きいほど、精度が低くなります。この機能の正確さはデータサービスの次第で、また場所にもよります。

位置情報サービスがオンのときにiPhoneの位置情報を変更する方法

本文をご覧になった後に、iPhoneのGPS位置の変更方法に興味がありますか?「iMyFone AnyTo」は、iOSデバイス用のプロフェッショナルなロケーション変更アプリケーションです。 この素晴らしいアプリは、位置情報サービスがオンにしても、iPhone / iPadまたは位置情報を利用する任意のアプリのロケーション情報が変更できます。面白そうじゃないですか?次はiPhoneの位置情報を偽装する方法について説明します。

無料で試す無料で試す

ステップ1:ソフトウェアをインストールして起動し、メイン画面から「スタート」ボタンをクリックします。画面の指示に従って、iPhoneをパソコンに接続します。

AnyToを起動する

ステップ2:地図上に現在地が表示されます。右隅にある「テレポートモード」を選択します。地図上に目的地を選択します。アドレスを直接入力して検索もできます。目的地を決めて、「移動」をタップします。

テレポートモードを選択する

ステップ3:これでてiPhoneが表示される位置情報は選択した場所に変更されます。Appleマップを起動すると、iPhoneの現在地情報が選択した場所に変更されていることがわかります。

マップで位置を確認する

iPhoneの場所の変更以外に、最新のiOSバージョンiOS 14でも、AnyToを使用してPokemon Goやスナップチャットなどのソーシャルプラットフォームで場所を偽装することもできます。

無料で試す無料で試す