プライバシーは私たちのデジタルライフ生活の重要な要素になり、近年、デジタルプライバシーについて多くのユーザーが議論されています。個人用デバイス、特に携帯電話、タブレット、PCなどのポータブルデバイスが時間とともに進化につれて、写真、パスワード、電子メールなどの重要かつ機密性の高いデータをますます持ち運びやすくなりました。ついでにこれらデータをいかに保護するかは非常に重要な問題になります。これらの「プライバシー」に焦点を当てた議論の中でよく提起された言葉の1つは、「VPN」です。

この「VPN」は一体何か。この記事では「VPN」を分かりやすく説明したうえ、VPNの不足点を埋めるベスト代替品を説明します。

Part1:VPNとは?

VPN(Virtual Private Network)は「仮想プライベートネットワーク」の略で、インターネットトラフィックを保護し、オンラインで身元を隠す方法です。簡単に言えば:iPhone・AndroidのIPアドレスを変更できるアプリです。

デジタルの日常生活でVPNが必要である原因

VPNは社内の通信およびデータ転送のために、従来からよく企業内で使用されてきました。例えばVPNを使うと従業員がホームネットワークから会社のデータに安全にアクセスできるようにできます。近年VPNは多くのネットユーザーにもよく使われています。

VPNのメリット:

安全の前提の下で企業内でのデータ転送することができる

VPNを使うと、世界中のどこからでもオフィスネットワークに保存されているプライベートデータや機密データにアクセスできます。ほとんどの企業では、重要なデータにアクセスする時、従業員が必ずVPNを使用します。これにより、会社のデータへの不正アクセスに遭遇される可能性が最大限低くなります。

地域制限があるサイトにアクセスできる

VPNを使う時、世界中の複数のVPNサーバーにアクセスできるため、必要に応じて目的の場所を手動で選択できます。これで、世界中のどこからでも、地理的に制限された、地域に依存されたWebサイトを閲覧することができます。

パブリックインターネットを利用する時自分の身元を隠す

上記の例で詳しく説明したように、VPNは、空港やカフェの公共Wi-Fiに接続している場合、デバイスでのすべてのブラウジングアクティビティを保護するのに役立ちます。

VPNの使い方

iPhoneまたはiPadでVPNクライアントを設定する最も簡単な方法

Step 1.優れたサービスの1つにサインアップして、iOSデバイスに関連するアプリをインストールします。それを開き、アカウントにサインインします。

Step 2.サインインした後で、アプリがiPhoneにVPN構成を追加することを許可するように求められます。 「許可」をタップして、iPhoneでVPNを自動的に構成します。

Step 3.次に、VPN設定を変更する許可を与えるためにパスコードまたはTouchIDを入力するように求められます。パスワードを入力してください。

Step 4.設定完了すると、VPNを開き、自分にアクセスしたい国を設定してしてから、スイッチをオンにすると、使えるようになります。

VPNを設定する

こうするとVPNで位置情報変更が実現可能になります。

品質の良いVNPの選び方

VPNの使い方はよくわかりましたね。これからはいかに品質の良いVPNを選ぶ方法を紹介します。注意すべきことは以下のポイントがあります。

1 接続は安全ですか?


VPNプロバイダーはどの暗号化方法を使用していますか?優れたVPNは、256ビットの暗号化とOpenVPNのようなより強力なプロトコルを使用しますが、無料のVPNはより低いレベルの保護方式を使用する場合があります。実は一部の無料VPNは、実際には暗号化をまったく使用していません。これらはコンテンツのブロックを解除するのに適している場合がありますが、セキュリティの方面から考えるとお勧めではありません。

2 VPNプロバイダーはあなたの活動を記録していますか?


VPNを利用する本来の目標がプライバシーを保護することの場合、選択したサービスがアクティビティのログを記録しないようにする必要があります。選定するVPNのプライバシーポリシーを確認して、自分の要求を満足しているかを確認してください。

3 VPN会社はいかにお金を稼ぐのですか?


有料のVPNを使用すると、会社がどのように収益を上げているかがすぐわかりますが、無料のVPNでは、会社がどのように利益を上げているかを正確に把握することはできません。多くの無料VPNではユーザーは無理やりに大量の広告を見る必要があります。もっとひどいのあるVPNは広告主にユーザー個人情報の販売を通じてお金を稼ぐのもあります。

4 接続はどのくらいの速さですか?サーバーはいくつありますか?


VPNを使うとインターネットのスピードを遅くなりますか?そうである場合は非常にネット体験に悪影響を与えますね。その原因は地域ごとのサービスのサーバー数が少なく、他のユーザーと帯域幅を共有しなければならないし、VPNを利用したい時は常にアクセスできるとは限りません。多くのVPNアプリでは、これらの機能をテストするための無料版を提供します。お金をかかる場合は先に試用版を試して確認しましょう。

5 使用の上限はありますか?


一部の無料VPNでは、毎日または毎月の使用が制限されることがあります。一部のVPNプロバイダーは、無料版では使用制限があるが、無制限に使用できるバージョンにアップグレードできる有料版も提供しています。

VPNの不足点

通信速度が遅くなる

VPNは公衆回線を利用すると、場合によって通信速度が低くなる可能性が高いです。この状況は時間帯の変化に従って改善か、もっとひどくなります。

セキュリティ問題が出る

信頼できないVPNを使うと、セキュリティのレベルは低くて、情報の漏れなどの危険性があります。

Part2:VPNの不足点を埋めるベスト代替品 - iMyFone AnyTo

これからはVPNの上記の不足点を埋める完璧な代替品iMyFone AnyToを紹介します。こちらの位置情報を変更できるツールを利用すると、別の地域のサイトにアクセスために位置情報を簡単に変更できます。しかもセキュリティ問題か、通信速度が低くなる問題は一切ないです。

AnyTo iPhone位置情報変更

DL数1,000,000回突破

AnyTo主な特徴:

  • ワンクリックで、位置情報を世界中の好きな場所に変更できます。
  • 現実世界で移動しているように、カスタマイズされた速度で動きをシミュレートします。
  • 最新のiOS 15を含むiOS 7.0以降のすべてのiOSデバイスで動作します。
  • デバイスを脱獄する必要がありません。

まず位置情報を変更する動画を見てみましょう!

位置情報を変更する動画

これからは詳細の手順を説明します。

ステップ1:お使いのコンピュータに位置情報を変更するツールをダウンロードしてインストールします。ついでにiOSデバイスを接続して、ロックを解除します。次に「スタート」をクリックします。

AnyToを起動する

ステップ2:マップが読み込まれたら、右上にある 「テレポートモード」のアイコンをクリックします(左から3番目)。左上のテキストフィールドに目的地を入力します。また、マップを拡大/縮小して目的地を選択することもできます。

テレポートモードを選択する

ステップ3:目的地を設定して、「移動」をクリックすると、iPhoneの位置情報が選択した目的地の座標になります。

これでサイトかほかのアプリで開くと、今貴方が変更した後の場所にいることを認定されます。

結論

本記事ではVPNを分かりやすく解説したうえで、良いVPNの選定する方法、またはVPNの不足点を埋めることができる完璧な位置変更ツールを紹介しました。VPNと違い、位置情報を現在地のIPアドレスを変更するだけではなく、ルートをカスタマイズした速度で作成することもできます。しかもたくさんのアプリで使えますので、ご購入すると、値段以上の価値を収まるとも言えます(回数制限のある無料版をお試しできます)。ぜひ一度試してみましょう!