アップル・アクティベーションロックは、電話を紛失した場合に備えて、データを保護する優れたセキュリティ機能です。iPhoneを紛失したり、盗まれたりしても、Apple IDなしでiPhoneをアクティブ化することはできませんので、拾ったり盗んだりした人はアクティベーションロックコードなしでロック解除することはできません。iPhoneをロック解除するには、正確なApple IDを知ることが不可欠です。

多くの人が中古のiPhoneをオンラインで購入したが、パスワードがわからなくて全所有者のApple IDにリンクされているケースもあります。Apple IDなしでiPhoneをアクティベートするための解決策はありますか?

Apple IDを使用せずにiPhoneをアクティブする方法

1 アクティベーションロックをバイパスしてiPhoneをアクティベート

アクティベーションロック画面で動かなくなった中古のiOSデバイスを購入し、以前に使用したApple IDとパスワードがわからない場合、iMyFone iBypasserアクティベーションロックバイパスツールを使用すると、Apple IDなしでiPhoneをアクティベートできます。

この優れたソフトウェアは2020年に発売され、以前に使用したApple IDをサインアウトせずにお使いのiPhoneをアクティブして、多くの人を助けました。以下はその重要な機能の一部です。

iphone ロック回避ツール

DL数1,000,000回突破

iBypasserの優れた機能:

  • パスワードがなくてもiCloudアクティベーションロックを回避可能
  • お使いのiOSデバイスで新しいApple IDを利用可能
  • iOSデバイスは以前のApple IDによって追跡されることが防止可能
  • iOSデバイスは以前のApple IDによってリモートでブロックまたは消去されることが防止可能
  • 対応機種:iOS 12.3から14.1を実行しているiPhone 5SからiPhone Xをサポート(iOS 12.4.5および12.4.6を除く)

無料で試す無料で試す

iBypasserでApple IDなしでiPhoneをアクティベートする方法【Mac版を例に挙げて説明】

ステップ1:iMyFone iBypasserをコンピュータにインストールして起動して、画面上の「開始」ボタンをクリックします。お使いのiOSデバイスをUSBケーブルでコンピュータと接続します。

アクティベーションロック回避ツール

ステップ2:デバイスは自動的に検出され、iOSデバイスに適用する脱獄パッケージをダウンロードし始めます。ダウンロードが完了したら、「脱獄を開始」をクリックします。

iphone 脱獄

ステップ3:次の画面で表示されるモデルやiOSバージョン、IMEIなどのデバイス情報を確認してください。問題がなければ、「処理開始」ボタンをクリックします。終了するまでお待ちください。

アクティベーションロック 回避

2 パスワードを忘れた場合:パスワードをリセット

Apple IDを忘れたり、長い間使用しなかったりすると、パスワードを覚えていない可能性があります。これにより、Apple IDが一時的に停止される可能性があります。他の解決策を試す前に、まずAppleサポートに助けを求めることをお勧めします。

Apple IDのパスワードのリセット方法

Appleのパスワードを忘れてしまった場合は、次の手順でApple IDを使用せずにiPhoneを起動することができます。

ステップ 1:Apple IDのアカウント管理ページ【appleid.apple.com】に移動します。

ステップ 2:「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?」をクリックします。

iphoneを探す オフ

ステップ 3:Apple IDを入力します。

ステップ 4:パスワードをリセットするオプションを選択して、「続ける」を選択します。

ステップ 5:パスワードのリセット方法を選択します。(セキュリティ質問/メール受信/2ファクタ認証)

3 中古を購入した場合:前所有者に依頼

中古で購入したiPhoneまたはiPadは、Apple IDを消去せずに所有者が小売業者に販売しているため、ライセンスがロックされているというケースをよく耳にします。もし前所有者に連絡できる場合、iCloudでアクティベーションロックを解除させることができます。

ステップ 1:icloud.comにアクセスし、Apple IDとパスワードでサインインします。

ステップ 2:【iPhone を探す】をクリックします。

ステップ 3:【すべてのデバイス】をクリックすると、このApple IDに関連付けられているデバイスが表示されます。

ステップ 4:iPhoneをクリックし、【アカウントから削除】をクリックします。

ステップ 5:これにより、アクティベーションロックが削除され、パスワードやApple IDなしでiPhoneを起動することができます。

icloud.com アカウント削除

iPhoneを購入する/売る前にやるべきこと

1 アクティベーションロックをチェックする

中古のiPhoneを購入するのはお得ですが、まったく使用できないデバイスを購入しないように注意すべきことがいくつかあります。

1.アクティベーションロックをチェックする

前の所有者がアクティベーションロックを解除しないまま手放してしまうことがあります。

iPhoneに正常にアクセスできるように、アクティベーションロックがオフになっていることを確認する必要があります。そうしないと、前所有者の操作でいきなり使えなくなる場合がありますので注意が必要です。

アクティベーションロック画面が表示された場合、デバイスは引き続き前の所有者のアカウントにリンクされています。

2.故障してもメーカー保証が効かない

中古として販売されているスマホは、メーカー保証期間を既に過ぎてしまっているものが多いため、本体が故障して修理する場合は保証適用外となることがほとんどです。

修理をしてもらえる場合も、一切の保証が効かずに全額実費となると数万円かかることも考えられます。そうなると、中古で端末を安く購入できても、トータルで考えると割高でお得感が無くなってしまいます。

中古スマホを購入する前に、故障していないことを確認するのはもちろん、保証についても確認しておくと良いでしょう。

2 販売または譲渡する前にすべきこと

販売または譲渡しようとするiPhoneでApple IDを使用してiCloudにサインインしている場合は、写真、連絡先、カレンダー、ドキュメント、リマインダー、またはその他のiCloud情報を手動で削除しないでください。これにより、iCloudに保存されているファイルと、同じiCloudアカウントにサインインしている他のiOSデバイスも削除されます。したがって、最も安全な方法は、古いiPhoneからiCloudアカウントをサインアウトしてから、それを消去することです。

1:Apple WatchまたはAirpodsがiPhoneに接続されている場合は、接続を無効にします。

2:データの損失を防ぐために、iPhoneをiCloudまたはiTunesでバックアップしてください。

3:App StoreからApple IDをサインアウトします。

4:【iPhoneを探す】を無効します。オフするにはApple IDとパスワードの入力が必要になる場合があります。【設定】》【ユーザー名】》【探す】の順にタップして、【iPhoneを探す】を選択してから、パスワードの入力すると、【iPhoneを探す】をオフにします。

iphoneを探す オフ

最後に

この記事では、Apple IDなしでiPhoneをアクティブ化するためのいくつかのソリューション、及び中古のiPhoneを購入または販売する際の注意点を紹介しました。

アクティベーションロック付きのiPhoneで以前に使用したApple IDを削除したい場合は、iMyFone iBypasserのようなプロのプログラムが役に立ちます。アクティベーションロックに悩んでいる方は、試用版をダウンロードしてください。

無料で試す無料で試す