iPhoneやiPadなどのiOSデバイスには、不正アクセスを防止するための最適な対処法として機能制限を設定できます。そして、Appleユーザーの大部分は複雑なパスワードを使用したり、頻繁にパスワードを変更したりしています。そのためパスワードを忘れてしまうのがよくあることでしょう。

ユーザーたちは正しいパスワードを入力しないと制限を無効にすることもできないジレンマに陥っています。更に、制限によって一部の機能も正常に使用できなくなって、困ることになるのでしょう。忘れてしまった機能制限パスワードを削除あるいは回復(iOS 15にも対応)するには、iMyFone LockWiperは完璧なソフトウェアとして多くのiOSユーザーに愛用されています。

機能制限パスワードを忘れました。iTunesなしでiPhoneロックを解除

機能制限パスワードは、iOSユーザーの一部のアプリへの不正アクセスを防ぐための安全ツールとして使用されています。特にお子様へのデバイスのアクセスを制限したい親御さんにとって非常に役立っています。ただし、制限パスワードを忘れてしまった場合、入力しないと目的の機能を使用できなくなるため、頭痛の種になります。iMyFone LockWiperが忘れられたパスワードを回復する代替手段として利用できますので、もうこの問題で心配する必要はありません。

iMyFone LockWiperはiOSデバイスからあらゆる種類のデータを消去します。このソフトウェアを使用して機能制限パスワードを復元する前に、すべての重要なデータをバックアップすることが非常に重要です。バックアップ後、以下の機能を使用することができます。

lockwiper unlock iphone passcode

100万以上のダウンロード

LockWiper、パスワードなしでiPhoneのロックを解除

  • 忘れてしまった機能制限パスワードを回復したいすべてのユーザーに役立ちます。
  • とてもシンプルな操作なので、どんなユーザーでも簡単にプロセスを利用できます。
  • iOSデバイスから指紋認証や顔認証システムを含む、あらゆる種類のロックやパスワードを簡単に削除できます。
  • すべてのユーザーに高い成功率を約束します。

無料で試す無料で試す

これらすべての機能が利用可能であるため、iOSデバイスで機能制限パスワードを忘れてしまった場合、すべてのユーザーがこのソフトウェアを非常に効果的だと感じるでしょう。手動で設定から機能制限パスワードのロック解除ができない場合、このソフトウェアは非常に役立ちます。

このツールは、すべてのユーザーの制限制限パスワードを削除します。お子様や権限のないユーザーのiOSデバイス上の特定のアプリへのアクセスを防ごうとしているなら、この状況に陥ってしまう可能性が高くなります。ほとんどのユーザーはこのパスワードを長期間使用しないため、忘れてしまうのが普通です。iPhoneまたはiPadデバイス上の機能制限のパスワードを忘れてしまったときは、下記のプロセスに従い回復しましょう。

ステップ1:iMyFone LockWiperをダウンロードしてください。インストールしてパソコン上で実行してください。 メインインターフェイスで、“Start”「スタート」をクリックします。

iPhoneの画面ロックを削除

ステップ2:ロックされているiPhoneをUSBケーブルで接続します。

iデバイスをPCと接続

ステップ3:デバイスをDFUモードにします。画面の指示に従ってください。

DFUモード

ステップ4:プログラムによって自動検出されたデバイスモデルを確認するか、違うモデル場合は手動で修正してください。次に“Download”「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ5:ファームウェアパッケージがダウンロードされた後“Start to Verify”「確認開始」をクリックしてください。

抽出開始

ステップ6:開始するために“Start Unlock”「ロック解除開始」をクリックしてください。

解除開始

ステップ7:通知を読み、「000000」を入力して続行してください。

解除を確認

ステップ8:iPhoneのロック解除プロセスが完了するまで待ちます。機能制限パスワードが削除されます。

iPhoneのロックを削除

無料で試す無料で試す

注意:

  • ①「iMyFone LockWiper」はアクティベーション・ロックに対応いたしません。
  • ②「iMyFone LockWiper」をいかなる場合で行われた不正行為を一切認めません。

機能制限パスワードを忘れました。iTunesを使ってiPhoneロックを解除

iPhone上の機能制限のパスワードを忘れた場合、パスワードを削除するための適切なプロセスを探しているなら、以下のステップに従いましょう。

  1. iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。
  2. 最新バージョンにアップデートされたiTunesを起動します。
  3. 「概要」に移動し、「iPhoneの復元」をクリックします。
  4. 復元を確認するためのアップデートウィンドウが表示されます。
  5. iTunesが最新のiOSバージョンをダウンロードし、iPhoneをリセットします。
  6. リセット後、制限なくデバイス上のすべての機能を使えるようになります。
  7. restore-iphone

以上がiTunesを使用してiOSデバイスの忘れてしまった機能制限パスワードを回復するプロセスです。プロセスを開始する前に、必ずすべての連絡先、マルチメディアデータなどの大切なデータをバックアップしてください。iPhone上のすべてのデータは消去されるので、バックアップファイルからデータを復元する必要があります。別の方法として、iMyFone LockWiperのご使用もお勧めです。iMyFone LockWiperは技術的に難しいことは何も伴わず、とても簡単なプロセスと高い成功率、すべてのデバイスとの良好な互換性を提供します。