「新しいスマホを買ってきたのに、LINEの認証ができない…」
「LINEを引き継ぎたいけど、SMSで認証番号が届かない…」
そんな症状で困ってしまったことって、ありませんか?

せっかく新しいスマホを入手して、この喜びを友だちと分かち合いたいと思っているのに、LINEが認証できないと、嬉しさも半減してしまいますよね。そこでこの記事では、LINEが認証できない時の対処方法と、電話番号を認証しないとどうなるかについて、詳しく解説します。こちらを読めば、もうLINEの認証で悩むことは無くなりますよ。

Part1:LINEが認証できない原因とその対処法

LINEの電話番号認証ができない原因については、以下が考えられます。

1間違って迷惑メールと判別された

まず、LINEからの認証SMSが、迷惑メールとして振り分けられており、端末に届いていないことが考えられます。特にキャリアスマホの場合は、LINEのSMSを迷惑メールとして振り分けてしまうことが多いようで、各キャリアの受信設定を変更する必要があります。利用されているキャリアのページを見ながら設定し、再度、認証SMSを送ってみてください。

2050をはじめの電話番号を使用した

もしかして、「050」ではじまる電話番号で登録しようとしていませんか?050は「IP電話」の番号ですが、LINEの認証はIP電話には対応していません。登録しても、「無効な電話番号」としてエラー表示されますので、別の電話番号を使いましょう。

3SMS機能がないプランを契約した

携帯電話料金を抑えるために、格安SIMを使われていませんか?格安SIMの契約の中には、音声通話なしのデータ通信専用のプランもあります。これらは「SMS機能」がありませんので、LINEの認証ができず、使うことができません。もう一度、契約書を確認し、SMS機能が無い契約の場合は、プランを追加しましょう。

4原因が分からない場合は問い合わせへ

上記3つの方法でも、LINE認証ができない場合は、LINEに問い合わせてみるといいでしょう。LINEのサポートスタッフが、問題解決に向けて前向きに動いてくれますよ。

問い合わせする方法:

ステップ1:LINEを起動して、「設定」を開きます。下にスワイプして、ヘルプセンターをタップします。

ステップ2:一番最後に「お問い合わせ」をタップして、問い合わせ内容を入力すると完成です。

LINE問い合わせ

Part2:LINEの電話番号で認証しないとどうなる

LINEで電話番号を登録していない場合、不具合によってOSを初期化、あるいは工場出荷状態に戻したり、スマホの紛失で新しい機種に変えたりした時に、アカウントの引き継ぎができなくなってしまいます。そこで、LINEの引き継ぎでSMS認証ができない場合は、他の方法を考えてみましょう。方法は、以下の2つが考えられます。

Facebookで登録する(iPhone/Android併用)

まず、Facebookアカウントを使った認証です。認証の際、電話番号を入力する画面で、一番下の「Facebookでログイン」をタップします。すると、FacebookのアカウントでLINEに認証することが可能です。

Facebookで登録する方法:

ステップ1:端末で「ログイン」をタップして、Facebookでログインをタップします。

ステップ2:「facebook.comを使用しようとしています」のところで「続ける」をタップして、画面の指示通りでIDとパスワードを入力して、最後にログインをタップすると完成です。

FacebookでLineを再ログイン

Facebookアカウントを持っていない場合は、事前にアカウントを新規作成する必要があります。また、機種変更後、新しいスマホでログインをする場合は、前のスマホで事前にFacebookアカウントとの連携を済ませておきましょう。

Apple IDで登録(iPhone適応)

Facebookアカウントの他に、iPhoneであれば「Apple ID」でLINEを引き継ぐことも可能です。LINEとの紐づけは、IOS13以降の「Appleでサインイン」機能を使い、前提条件として、「2ファクタ認証を有効」かつ「iCloudにサインイン」している必要があります。

操作方法は、以下の通りです。

ステップ1:引き継ぐ前のiPhoneで、LINEの「ホーム」を表示し、「設定(歯車アイコン)」→「アカウント」をタップします。

ステップ2:「Apple」の右側にある「連携する」をタップし、Apple IDとパスワードを入力しましょう。

LINEでApple IDと連携した

これで、Apple IDとの連携が完了します。

Note
LINEデータの引き継ぎには、かならず認証が必要だということが分かりました。例外として、格安SIMの「LINEモバイル」では、電話番号の無いデータSIMでも、LINEのSMS認証画面をスキップでき、アカウントを作成できます。ただ、Wi-Fiに接続したままだと認証のスキップができません。

Part3:引き継ぎする際、大事なLINEデータを同OS・異OS間の転送する裏ワザ

ますます生活に必要なアプリとなっているLINEにおいて、万が一、情報不足で引き継ぎに失敗し、データが無くなってしまうことになると、本当に困ってしまいますね。もっと簡単で、確実な方法はないのでしょうか?実はLINEデータを同OS・異OS間の転送を実現してしまう、とっておきの裏ワザがあるんです。その裏ワザとは、LINEデータをバックアップ・引き継ぎするソフト - 「iTransor for LINE」を使った方法です。

LINEデータバックアップ

800万以上のダウンロード

iTransor for LINEの優れる機能:

  • 【異OS・同OS転送】Android/iOSからiOSにLINEトーク履歴を転送。
  • 【無料バックアップ・閲覧】無料でPCにバックアップし、閲覧。
  • 【復元】iTransorファイルでバックアップしたデータを直接iOSに復元。
  • 【エクスポート・保存】PCに分かりやすくエクスポートし、永遠に保存。保存したファイルはすべてのメディア付けのデバイスに閲覧。

具体的な操作する仕方:

ステップ1:転送元の端末と、転送先の端末を、ともにiTransor for LINEがインストールされたパソコンにUSBで接続した後、「AndroidとiOSデバイスからLINEデータを転送」を選択して、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動します

ステップ2:Androidデバイスを転送元とする場合、Googleドライブのバックアップをまず行います。

iTransor for LINE Googleドライブでバックアップ

ステップ3:Androidデバイスに適当のバックアップ用のパスワードを入力し、引き続きPCにも同じ暗証番号を入力します。

Androidにバックアップ暗証番号を入力

ステップ4:画面の指示に従って、転送先のデバイスで同じLINEアカウントにログインしましょう。しばらく待つと、転送が完了します。

iPhoneでLINE登録

たったこれだけで、LINEのデータが新しい端末に転送されますよ。

結論

以上、LINEが認証できない時の対処方法と、電話番号を認証しないとどうなるかについて、詳しく解説しました。認証できない3つの原因や、電話番号以外での認証方法などが分かりましたね。同時にLINEのトラブルは回避したいですし、確実にバックアップしていきたいですよね。そんな時は、ワンクリックだけで楽にLINEデータを転送できるツール「iTransor for LINE」を利用しましょう。引き継ぎ時にトラブルが起きた場合でも、いつでも復元ができて非常に安心です。操作もとっても簡単ですから、誰でも使えますよ。今すぐ、試してみましょう!