<質問>
「Apple Watchで、LINEにログインできない…」
「Apple Watchで、LINEのメッセージが確認できない…」
そんな症状で困ってしまったことって、ありませんか?

Apple Watchは、スマホをわざわざ開かなくても、簡単に通知の内容を読めるのが強み。それができないとなると、かなりのストレスとなってしまいますよね。そこでこの記事では、Apple WatchにおけるLINEの使い方と、ログインできない時の原因と対処方法について、詳しく解説します。こちらを読めば、今後はもう、ストレス無くApple WatchでLINEを使うことができますよ。

Part1:Apple WatchでLINEを使うと何かできる?

Apple WatchにLINEアプリがあると、以下の機能がApple Watchだけで操作できるようになります。

  1. 届いたメッセージの通知を表示し、その内容を確認できる。
  2. 音声でのテキスト入力や、定型文、スタンプ、ボイスメモでメッセージを返信できる。
  3. 「マイQRコード」を表示させて、iPhoneなしでLINE交換ができる。

特に、届いたメッセージが通知され、内容を確認できるのは本当に便利ですよね。

Part2:Apple WatchのLINEを使う前の事前設定

Apple WatchでLINEが起動しない対処の前に、使用前の事前設定を確認しましょう。

  • ① Apple WatchにLINEアプリがインストールする必要があります。デフォルトの設定では、iPhone側にLINEがあれば、自動でインストールされるはずです。
  • ② iPhone側のLINEアプリで「ログイン許可」されている必要もあります。LINEの「設定」→「アカウント」を順にタップし、ログイン許可を「オン」にしましょう。
  • ③ Apple Watch側のLINEアプリでのログインも必須です。Apple WatchのLINEアプリで「QRコードログイン」をタップしましょう。
  • ④ 表示されたQRコードを、iPhone側のLINEアプリから読み込ませ、ログインをタップすると、Apple Watch側のLINEアプリがログインできます。

Part3:Apple WatchでLINEがログインできない時の対処法

では、Apple WatchでLINEが使えない時の対処方法について、3つ紹介しましょう。

Apple Watchを再起動する

まず、Apple Watchの内部で、何らかのが不具合が起きている場合が考えられます。この場合は、Apple Watchを再起動しましょう。

再起動の方法:

ステップ1:Apple Watchの「サイドボタン」と「デジタルクラウン」を同時に長押しすると、電源スライダが表示されます。

ステップ2:電源スライダをスライドして、電源をオフにします。

ステップ3:アップルロゴが表示されるまで、10秒以上、押し続けましょう。

Apple Wtachを再起動

LINEを再インストールする

次に、Apple Watch側のLINEアプリに、何らかの不具合が起きている場合です。この場合は、LINEアプリを一旦削除して、再インストールしてみましょう。

Apple Watch側でアプリを削除

ステップ1:デジタルクラウンを押して、アプリ一覧でLINEのアイコンを長押しします。

ステップ2:アイコンが揺れだしますので、LINEアイコンの右肩の「×」をタップしましょう。

ステップ3:「Appを削除」を選択すると、アプリが本体から削除されます。

Apple WtachでLINEをアンインストール

iPhone側でアプリを削除

ステップ1:iPhoneの「Watchアプリ」を起動して、「マイウォッチ」からLINEを選択します。

ステップ2:「AppをApple Watchで表示」をオフにすると、Apple WatchからLINEアプリが削除されます。

iPhoneでApple WtachのLINEをアンインストール

ペアリングを一旦削除してから再試し

上記2つの方法でも、不具合が解消されない場合は、iPhoneとのペアリングが不具合を起こしていることが考えられます。

この場合は、ペアリングを直してみましょう。

ステップ1:iPhone側で「Watchアプリ」を起動し、一番上のアカウントをタップします。

ステップ2:該当のApple Watch右横の「I」を選択し、一番下の「Apple Watchとのペアリングを解除」をタップして、ペアリングを解除します。

ステップ3:もう一度ペアリングを実施してみましょう。

iPhoneとApple Wtachを再ペアリング

Part4:Apple WatchでLINEを使う時のよくあるFAQ

最後に、Apple WatchでLINEを使う時の、よくある質問と回答を紹介しましょう。

1iPhone側で通知を表示せず、Apple Watch側のみ表示できるのか?

1つ目は、iPhone上では通知のプレビューを表示させず、Apple Watch上だけでプレビュー表示できないか、という質問です。こちらについては、残念ながら「できません」。Apple Watchでは、iPhoneの通知を転送させて表示しています。したがって、Apple Watch側ではiPhoneの通知を表示させない設定はできるのですが、逆にiPhone側で表示させない設定にした時は、Apple Watch側には通知が表示されません。これは、特定のトークルームのみの通知を「オフ」にした時も、同じ動きとなります。

2通知はちゃんと来ますが、トークを見ようとすると読み込まずにずっとロードしている状態になる解決策

2つ目は、Apple Watchに通知はきちんと表示されるが、メッセージを見ようとすると、読み込み中のまま内容が見れない、という質問です。こちらは、通信環境が悪いか、Apple Watchのバージョンが古いことが原因です。この場合は、通信環境が改善される場所に移動するか、Apple Watchのバージョンを最新版にアップデートしましょう。

Tips:異OSする時LINEトークを丸ごと元のまま引き継ぎする裏ワザ

機種変更する際、AndroidからiPhoneへ機種変したいなら、LINEのトーク履歴が同時に転送できないため、どうしても異OS間の転送ができなくなります。ここで紹介するのは公式な方法では実現できないAndroidからiPhoneへのLINEトーク履歴を転送する裏ワザを強くお勧めします。

LINEデータバックアップ

800万以上のダウンロード

iTransor for LINEの優れているポイント:

  • 【同・異OSデータ転送】LINEトーク履歴をAndroidデバイスからiPhoneへLINEトーク履歴を転送、移行できる。
  • 【バックアップ・復元】無料でAndroid/iOSへバックアップしてから、いつでも簡単にiOSデバイスへ復元できる。
  • 【閲覧・エクスポート】バックアップファイルをPCに閲覧できるし、エクスポートすることもできる。保存したファイルはすべてのメディア付けのデバイスに閲覧できる。

具体的な操作する仕方は以下となります。

ステップ1:iTransor for LINEを起動して、PCにデバイスを接続します。「Android/iOSからiOSへのデータ転送」を選択して、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動します

ステップ2:画面の指示通りでGoogleドライブでLINEをまずバックアップします。

iTransor for LINE Googleドライブでバックアップ

ステップ3:LINEをフルバックアップするためにまず端末で「適当の暗証番号」を竜力して、次にPCで先入力した暗証番号を同じく入力します。

iTransor for LINE LINE 旧バージョンをダウンロード

ステップ4:次に自動的にメディアを含めてすべてのデータを転送するために必要なソフトをダウンロードします。Androidデバイスで「設定」>「アプリ」>「iTransor Assistant」>「権限」の手順で進んで、ストレージの権限を「オン」にします。そしてPCに「完了」ボタンをクリックします。

Androidにバックアップ暗証番号を入力

こうするとAndroidからiPhoneへのLINEトーク履歴転送成功です。異OS機種変したい方々にとって、大変便利な機能です。

まとめ

以上、Apple WatchにおけるLINEの使い方と、ログインできない時の原因と対処方法について、詳しく解説しました。Apple WatchでLINEアプリを使うには事前の準備が必要で、ログインできない場合は3つの対処法があることが分かりましたね。

LINEは、ほぼ全てのスマホユーザーがインストールしており、もはや生活必需品といっていいアプリとなりました。ここでLINEの補助ソフトとして、ワンクリックだけで楽にファイルがバックアップ・引き継ぎできるツール「iTransor for LINE」を利用すると、トラブルが起きた時もいつでも復元ができ、非常に安心です。