LINEはTwitterやInstagramとは違い、仲の良い人だけと連絡先を交換していますよね。そのため、タイムラインは面白くついつい見続けてしまいます。そんなLINEのタイムラインですが、バトンを回す行為が若者の間で流行っているのを知っていますか?

「バトンって何だろう?」「危なくないのかな」などマイナスなイメージがつきやすいのも事実です。そこで本記事では、LINEタイムラインのバトンについて説明します。LINEのタイムラインを安全に楽しむためにも、ぜひ参考にしてみてください。

Part1:バトンとは何か?

LINEのタイムラインで流れる「バトン」とは、友達同士で回して質問に回答して楽しむもの。バトンのやり方は簡単で、誰でも参加できます。

LINEバトンとは?

友達から回ってきた回答をコピーし、自分も回答してタイムラインに投稿するだけです。

Part2:LINEタイムラインでバトンのやり方

LINEタイムラインで流れるバトンの手順を、以下で説明します。

Step 1.回ってきたバトンの内容をコピーする

Step 2.タイムライン上の「+」をタップ

Step 3.「投稿」を選択

Step 4.先ほどコピーしたバトンをペースト

Step 5.友達が回答した内容を削除

Step 6.自分の回答を記載する

Step 7.タイムラインに投稿する

LINEタイムラインでバトンのやり方

友達の回答を削除するのが面倒だと感じる方は、元のデータを友達に送ってもらいましょう。

Part3:バトンの種類

LINEタイムラインでのバトンの種類には、主に以下のようなものがあります。

上記以外にもたくさんのバトンがありますが、ここでは5つのバトンについて説明します。

1自己紹介系

自己紹介系

自己紹介系のバトンは、一番ポピュラーなもので、ロングバトンから短いバトンまで種類がさまざまです。友達とはいえ、知らないことはありますよね。

バトンをやることで、友達の知らない一面を知ることもできるでしょう。ただし、あまりに個人情報的なものは避けるようにしてください。悪用されないとは限りません。

2画像系

画像系

LINEのタイムラインには、画像の貼り付けを行うこともできます。お題に合った画像を貼って回したり、質問に答えたりして楽しみます。

画像は特に悪用される可能性もあるので、顔出しなどは控えたほうが良いでしょう。

3知り合い紹介系

画像系

友達を紹介して回すバトンです。自己紹介ではなく他己紹介になるので、書いてもらえた人は嬉しい気持ちになるでしょう。

ただし、友達も赤の他人なので、勝手に個人情報を載せることがないようにしてください。せっかくの楽しいバトンで関係が崩れてしまったら残念です。

4恋愛系

恋愛系

恋愛家のバトンは、特に女子同士で盛り上がるのではないでしょうか。好きなタイプの話題や、カップル用などもさまざま用意されています。

気になる人や好きな人がいる場合は、気づいてもらえるように回答するとアピールにも繋がります。また、周りの友達に恋愛観を知ってもらえるので、共感を生み話題ができるでしょう。

5スタンプ系

スタンプ系は、タイムライン上でスタンプをつけられる機能を利用したバトンです。画像に記載されている内容のスタンプを選んで押す、という簡単なバトンです。

特に誰かに回す必要がないバトンなので、誰でも手軽に参加することができます。例えば「あなた(閲覧者)にとって私はどんな存在ですか」など自分について回答してもらうバトンがあります。

Part4:バトンを楽しむ時に注意すべきこと

LINEタイムラインのバトンは、楽しみながら自分のことや相手のことを知れるものです。しかし、バトンが原因で個人情報が漏れるなどのトラブルも実際にあります。

LINEは信頼できる友達しかいないかもしれませんが、安心しきってはいけません。ここでは、バトンを行う際に注意すべきことを解説します。

1プライバシーの漏れ

先ほども述べたように、LINEは友達しか追加していないからと言って安心してはいけません。LINEタイムラインには、共有する機能があります。

そのため、いつどのように誰に情報が回るかはわかりませんし、画像や個人情報を悪用される危険性もあります。タイムラインに投稿する前には、必ず内容を見直しましょう。

2指名すると友達に嫌がられる可能性がある

あなたの友達全員が、このバトンを楽しんでいるわけではないことを覚えておいてください。中にはバトンを見るだけで不安になったり、内容が過激で嫌な気持ちになったりしている人もいます。

必ずバトンをしなといけないルールはないので、強要することだけはやめましょう。

Tips:大事なLINEトークを異OS間機種変の時でも同時に転送する方法

機種変などの時一番悩んでいるのは各アプリのトークが移行できるのかです。特に異OS間の機種変更なら、データの転送はもっと難しいですと思わないでしょう!ここではLINE向けの専門的なデータ管理ソフト – iTransor for LINEをお勧めします。このソフトを利用すると、トークのバックアップ、復元、転送全部実現できます。具体的には

LINEデータバックアップ

800万以上のダウンロード

iTransor for LINE人気機能:

  • 【同OS・異OSデータ転送】AndroidとiOSデバイスの間でLINEデータを引き継ぎできる。
  • 【無料のバックアップ・閲覧】LINEデータのバックアップとプレビューが無料で行える。
  • 【端末にLINEデータを復元】iTransorバックアップからiPhone/Androidへ直接復元できる。
  • 【好みの形式でPCにエクスポート・保存】多様な形式でPCにエクスポート/保存できるし、すべてのメディア付けのデバイスに閲覧できる。

LINEトーク履歴をiPhoneからAndroidへデータ移行するチュートリアル動画をまずご覧ください!

LINEトーク履歴をiPhoneからAndroidへデータ転送

具体的な異OS間LINEトークを転送する方法(ここではiPhoneからAndroidへの転送を例に)

Step 1.iTransor for LINEを開き、それぞれのデバイスをパソコンに接続します。画面の左側にある「AndroidとiOSの間でLINEデータを転送」を選択して、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動します

Step 2.iPhoneを自動的に準備完了してから、Androidで古いバージョンのLINEをインストールします。インストールを有効化するために再起動する場合があるので、その時再接続を行ってください。

LINEで旧バージョンをインストール

Step 3.デバイスを完全復元するために、Androidで「データを復元する」をタップしてから、PCに「完了」をクリックして、「次へ」をクリックします。

デバイスに「データを復元」をタップ

Step 4.Androidで同じLINEアカウントにログインします。ログイン中にはバックアップを復元するかを聞かれる場合、「あとで」を選択します。

転送先のデバイスで同じLINEアカウントにログイン

これで最後まで少しお待ちいただいたら、異OS間データ転送は成功です。

Note:

その他の異OS転送する方法は下記の記事を合わせてお読みください

関連記事;「AndroidからiPhoneへのLINEデータ転送」

関連記事:「iPhoneからiPhoneへのLINEデータ転送」


まとめ

今回は、LINEタイムラインのバトンについて説明しました。LINEタイムラインのバトンを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。また、LINEのトークの管理にお困りの方は、iTransor for LINEを無料でダウンロードすることをおすすめします。