app_store

iPhoneのタッチパネルが反応しない時のロック解除方法

iPhoneを長く使っていると、デバイス自体の劣化や落下、水没などの意外状況で画面が割れたり、タッチパネルが反応しなくなったりことがよくあります。タッチパネルが反応しないと、パスコードの入力ができないため画面ロックの解除も出来なくなるのでしょう。その時はどうやって対処すべきですか?

この記事では、画面割れや不具合でタッチパネルが反応しなくなったiPhoneの画面ロック解除する方法をいくつかご紹介したいと思います。

それでは、画面が壊れてパスコードの入力ができないiPhoneの画面ロック解除方法を3つご紹介していきます。

方法1.iCloud遠隔操作でiPhoneのロックを解除(探す機能が必要)

普段はiPhoneでiCloudサービスを利用し、「iPhoneを探す」機能を有効になっている場合は、タッチパネルを使わなくても遠隔操作でiPhoneの画面ロックを解除することが可能です。操作方法は簡単です。

ステップ1.パソコンやほかのデバイスでiCloud公式的サイトを開き、ターゲットiPhoneで利用しているApple IDとパスワードを入力してサインインします。そして、メニュー画面で色んな機能が表示されますので、そこで「iPhoneを探す」を選択してください。

iPhoneを探す

ステップ2.「すべてのデバイス」からロックされたiPhoneを選択します。右側がiPhoneのウィンドウが出てきますので、「iPhoneを消去」を選択して確認画面で「消去」をクリックしましょう。

iPhoneを消去

こうすると、 画面操作できないiPhoneが初期化され、設定したパスコードも削除されます。

ご注意

もし、Apple IDの2ファクタ認証を使用していて、そして信頼したことがないパソコンでアカウントをサインインすると、サインインの許可とと確認コードが求められますので、iPhoneのロックが解除できないため確認コードを確認できない可能性もあります。

Apple ID 2ファクタ認証

方法2.専門ツールLockWiperでiPhoneのロックを解除(簡単・100%成功)

iPhoneを探す機能を使っていないやApple IDの2ファクタ認証ができないため方法1を利用できない場合は、またもう一つ簡単な方法があります。それはiOSデバイス専用のパスコードロック解除ツール「iMyFone LockWiper」を使用する方法です。

許可や認証などiPhoneのタッチパネルをタッチするような操作は一切必要なく、デバイスをパソコンと接続すればすぐにロック解除処理を開始できますし、洗練されたシンプルなデザインと直感的な操作で誰でも手軽に使えます。

iMyFone LockWiperの特徴

lockwiper iOSロック解除

800万以上のダウンロード

  • iTunesやiCloudを使わずにiPhoneの画面ロックを完全に解除可能

  • 複雑な操作は一切なし、明確な説明でパソコン初心者でも手軽に利用

  • 画面ロック以外に、Apple IDと機能制限パスコードの削除にも対応

  • 4桁/6桁の数字コード/Touch ID/Face IDなどすべてパスコードに適用

無料で試す無料で試す

それでは早速ですが、LockWiperをコンピュータにインストールして、下記の手順に従ってタッチパネルの壊れたiPhoneのパスコードロックを解除しましょう。

ステップ1.ソフトを起動して、オプションから「iOSデバイスの画面ロックを解除」>「開始」を順番にクリックします。 そして、iPadをUSBケーブルでコンピュータと接続して「次へ」をクリックすれば、デバイスの情報が読み込まれます。

iPhone ロックを解除

ステップ2.デバイス情報やiOSバージョンなど確認して、問題がなければ「ダウンロード」をクリックしてロック解除に使うファームウェアをダウンロードしましょう。

ファームウェアをダウンロード

ステップ3.ダウンロードと検出が完了したら解凍します。そして、「解除開始」をクリックしてロック解除作業を開始してください。処理開始には二重確認がありので、注意事項をしっかり確認して「000000」と入力してください。

iPhone ロック解除

ロック解除には少し時間がかかりますので、エラーを起こさないよう途中でパソコンとの接続を切断しないでください。完了後、iPhoneが自動的に再起動し、パスコードの入力がしなくてもアクセスできる状態になります。

    無料で試す無料で試す

方法3.外付けの有線キーボードでiPhoneのロックを解除

iPhoneの画面ロックを強制的に解除すると、デバイス上のすべてのデータが必ず成功削除されます。事前じバックアップを取っていない場合は、後でデータを取り戻すこともできません。もし、データの消去が嫌なら、もう一つハードウェア方面の手段もあります。それは、iPhone用の外付けの有線キーボードを利用することです。

タッチパネル上の操作の代わりにキーボードを使うのは、一時的な手段としては効くかもしれませんが、キーボードと接続すると、またデバイスで許可が求められる可能性もあります。しかも、この方法ならiPhoneを使うといつまでもキーボードと接続したままにしなければなれりませんので、便利性と実用性から考えてみると、なかなか大変でしょう。

Tips.タッチパネルが反応しないiPhoneのロックを解除する前にできること

ソフトウェアのバグや一時的な不具合の影響でiPhoneのタッチパネルが機能しなくなる可能性もありますので、ロック解除法を利用する前に、まずは以下二つの手段でiPhoneの不具合を修復してみましょう。これらの簡単な操作でiPhoneの画面が操作可能な状態に戻るかもしれません。(※ 落下やぶつけるなどの衝撃によりタッチパネルが損傷した場合は適用しません。)

1.再起動・強制再起動でタッチパネルの調子を直してみる

まずは、iPhoneを再起動(または強制再起動)してみましょう。強制再起動をすることによってデバイスをリフレッシュさせ、軽度な接続不良を改善することが可能です。

iPhoneの強制再起動の方法がモデルによって異なっていますので、ご注意ください。それぞれの操作方法は下記の通りです。

iPhone X以降、iPhone SE(第2世代)、iPhone 8/8 Plusの場合:音量上げるボタンを押して直ぐ離し、音量下げるボタンを押して直ぐ離します。Appleロゴが表示されたら、ボタンを放します。

iPhone 7/7 Plusの場合:電源/サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に長押しします。Appleロゴが表示されたら、ボタンを放します。

iPhone SE(第1世代)、iPhone 6s以前の場合:ホームボタンと電源ボタン(またはトップボタン)を同時に長押します。Appleロゴが表示されたら、ボタンを放します。

iPhone 強制再起動

2.iOSを最新バージョンにアップデートして修復してみる

iOSの不具合(iOSが古すぎるかアップデートの失敗)により、タッチパネルは反応が鈍く、または機能しなくなることもあります。もし、古いiOSを使っている場合は、最新版にアップデートしてみましょう。

また、アップデート直後からタッチパネルの調子が悪くなるようになった場合、ソフトウェアが破損した可能性がありますので、iTunesを使ってもう一度アップデートを実行するか、利用できる前のバージョンのiOSに更新し直してみてください。

iPhone iOSをアップデート

まとめ

以上は、iPhoneのタッチパネルが突然機能しなくなったためパスコードの入力ができない時に試せる簡単かつ有効なロック解除方法です。その中で、操作簡単で確実に使えるiOS専用ロック解除ツールの使用は一番おすすめですので、ぜひお試しください。