iPhoneがロックされて、途方に暮れた時は、ロック解除ツールを試す人は少ないでしょう。iMyFone LockWiperは、iPhone/iPad/iPod touchから様々なロックを安全かつ効率に解除できるソフトです。実際どのようなものなのか、ご存じではないという方も多いと思います。

本記事では、このiOSロック解除ツールを分析して、機能やメリット、デメリット、用途などをご紹介させていただきます。詳しくは以下に参照ください。

どんな場合にロック解除ツールが必要になるのか?

①iCloudのパスワードを忘れてしまった時に、「iPhoneを探す」を有効のままにiOSデバイスをリセットしたい場合です。

②子供が何度も間違ったパスコードを入力してiPhone/iPadはロックされて、使用できなくなります。

③iPhoneの画面が割れた、ボタンを反応しない、またはタップ操作できないなどの故障が発生しました。

④中古のiPhoneを購入したが、前所有者のアカウント情報をまだ残っています。

⑤お使いのデバイスのスクリーンタイム制限を解除したい時です。

⑥モバイルデバイス管理(MDM)のアクティブ化画面をバイパスしたい時です。

iMyFone LockWiperロック解除ツールの主な機能

LockWiperを使えば、ほんの数ステップで簡単にiPhoneのロックを解除可能です。iCloudやiTunesなどの方法より効率的にロックされたiOSデバイスを解除することができ、最新の機種とバージョンを含むほぼすべてのiOSデバイスをサポートしています。LockWiperはiOSのロック問題を解決するのに最も適切な4つの機能を提供しております。

Apple IDを完全に削除:Apple IDのパスワードがなくてもiPhone、iPad、iPod touchからApple IDを簡単に削除可能です。削除した後、新しいIDを作成など、すべてのiOS機能を楽しめます。

パスコードを解除:4桁や6桁の数字コード、Touch ID、Face IDまたはカスタムの英数字コードなど、どんな種類のiOSパスコードでも簡単に解除できます。

スクリーンタイム制限を解除:データを消去せずに、スクリーンタイムや機能制限パスコードを解除できます。

MDM画面を回避:リモート管理のロック画面からロックアウトされ、デバイスが使えなった場合は、ユーザー名とパスワードの入力がなくてもiOSデバイス上のMDMを迅速に回避できます。

無料で試す無料で試す

iMyFone LockWiperのメリット・デメリット

メディアの評価とカスタマーのレビュー・口コミによって、 LockWiperの長所と短所をまとめて紹介します。

メリット

◆Apple IDとパスワード、パスコードを知らなくても構いません。

◆「iPhoneを探す」をオンにしている場合は、iPhoneのロックを解除可能です。

◆使いやすくて、初心者も画面指示に従うだけでうまく進みます。

◆安心安全。お客様の個人情報を一切保存しません。

◆効率かつ迅速。ほかの解決策より速いです。

デメリット

◆Apple ID、パスコードを削除する時、iPhone上のすべてのデータを消去されます。機能を利用する前に、iTunesでバックアップを取ることをお勧めします。

◆Androidデバイスのロック解除をサポートしていません。

iMyFone LockWiperロック解除ツールの使い方

LockWiperは4つの機能を備えているので、今回は「パスコードの解除」を例にあげて説明します。ほかの機能の詳しい操作方法を知りたい場合、公式サイトにご参考ください。

ステップ1:まずは、ソフトを立ち上げます。ホーム画面で「iOSデバイスの画面ロックを解除」を選択してください。

lockwiper ロック解除ツール

ステップ2:次の画面で「開始」ボタンをクリックして、ケーブルでiOSデバイスとコンピューターに接続します。

iPhone パソコン 接続

ステップ3:デバイスを接続した後、利用可能なファームウェアが自動的に検出されますので、バージョン確認して「ダウンロード」をクリックします。

lockwiper ファームウェア 下載

ステップ4:「解除開始」ボタンをクリックして、iPhoneの画面ロックの解除作業を開始します。完了するまで数分かかります。

iphone ロック解除

まとめ

今回は「iMyFone LockWiper評価:その使い方とメリット・デメリット」についてご紹介していきました。iMyFone LockWiperはめちゃくちゃ便利なロック解除ツールです。今すぐ無料体験版を試しましょう。

無料で試す無料で試す