iCloud DNSバイパス(iCloud DNS Bypass)は、Appleサーバーからのアクティベーション要求のパスをDNSサーバーにリダイレクトすることによって、かかったアクティベーションロックを解除する方法です。そこで、アクティベーションロックの解除方法を探しているなら、 DNSを使ってバイパスするのは一つの方法です。

この記事では、iCloud DNSサーバー・バイパスの正しい手順、DNSサーバーを使用せずにiCloudアカウントのロックを回避する方法を紹介します。

iCloud DNS BypassでiPhoneのロックを解除する方法

iCloudの「iPhoneを探す」をオンにした状態で強制初期化すると「アクティベーションロック」がかかります。アクセスする前に、デバイス上のアクティベーション ロックを無効にする必要があります。DNSを利用してiCloudアクティベーションロックをバイパスする手順は次のとおりです

ステップ1:ロックがかかったデバイスで言語と国を選択した後、Wi-Fi設定画面へ行きます。

ステップ2:もし既にWi-Fi接続などをしている場合は、右のiボタンをタップして、「このネットワーク設定を削除」をタップして削除しておきます。

ステップ3:接続したいWi-FiのWifiのすぐ右側の[i]マークをタップして、DNS欄に地域に合わせた下記のDNSのコードを入力してください。

 アメリカ: 104.154.51.7

 ヨーロッパ: 104.155.28.90

 アジア: 104.155.220.58

 その他の地域: 78.100.17.60

ステップ4:左上の「戻る」をタップし、「アクティベーションヘルプ」を押します。

アクティベーションロック 解除

ステップ5:アクティベーションがバイパスされると、デバイス上のほとんどの機能に使えるようになります。

iCloud DNSサーバーでの制限

  • iCloud DNSサーバーバイパスは、必ずしもデバイスのロックが解除されるとは限りません。

  • アクティブ化されたiOSデバイスに比べて、使用できる機能は少なくなります。

  • iOS 8からiOS 10までのバーションでは、iCloudアクティベーションロックのバイパスが有効であることが証明されました。他のバーションを搭載したiOSデバイスでは、有効するかどうかわかりませんが、とりあえず試してみましょう。

iCloud DNS Bypassを使わずにiPhoneのロックをバイパスする方法

DNSを使ってバイパスすることでiPhoneのロックを解除しても、一部の機能だけが利用され、すべての機能を使用することはできません。Apple ID とパスワードを入力しなくてもすべての機能を楽しみたいのであれば、こちらの方法―iMyFone LockWiperをお勧めします。「iPhoneを探す」がオンにするかどうかに関わらず、iPhoneからiCloudのアクティベーションロックを解除できます。

iPhoneをパソコンに接続して、数回クリックするだけでアクティベーションロックを解除します。完了したら、iPhoneは以前のiCloudに接続されず、別のiCloudアカウントをサインインしてすべての機能を楽しむことができます。iMyFone LockWiperの無料試用版では、お使いのデバイスがサポートされているかどうかを確認できます。もしソフトでは「ロック解除を開始」と表示された場合は、デバイスのロック解除が可能です。

無料で試す無料で試す

LockWiperでiPhoneからiCloudアクティベーションを解除する手順

ステップ1:iMyFone LockWiperをインストールした後、プログラムを起動し、ホーム画面から「Apple IDのロックを解除」を選択します。

ロック解除モードを選択

ステップ2:「ロック解除を開始」をクリックしてください。LockWiperはすぐにデバイスのロックを解除し、数秒で完了します。

Apple IDのロックを解除

解除完了

注意

  • iOSデバイスを初めてパソコンに接続する場合は、iPhoneの画面に「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されたら「信頼」をタップしてください。

まとめ

DNSサーバーはiCloudアクティベーションロックをバイパスする良い方法ですが、iOSのすべての機能を楽しむことはできません。制限のないiPhoneを楽しみたいのであれば、iMyFone LockWiperのご使用をお勧めします。LockWiperを使うことには、別のiCloudアカウントを入力して、iPhoneやAppleサービスのすべての機能を楽しむことができます。

無料で試す無料で試す