音楽制作やリミックスにおいて、ボーカルは曲の中で特に重要な要素で、「ボーカル抽出」という編集技術は知っておくべきです。ボーカル抽出は、音声信号処理の技術を駆使して、楽曲からボーカルを際立たせたり、単体で利用できるようにする方法です。

しかし、オリジナルのトラックからボーカルだけを抜き出して活用することは、しばしば難しいとされてきました。何か簡単な方法はありますか?

本記事では、初心者からプロまで利用できるボーカル抽出ソフトとサイトを総計6個をご紹介し、やり方も解説します。音楽を再加工したい、カラオケ音源を制作したいという方はぜひ参考にしてみてください。

ボーカル 抽出 サイト ソフト

Part 1.無料利用可能のボーカル抽出ソフト3選

PCで動作できて、オフラインでいつでも音源から声だけを抽出したい方に向けて、まずはボーカル抽出ソフトから見てみましょう。

1VoxBox

「iMyFone VoxBox」はノイズ除去機能を搭載しているAI音質強化ソフトとなり、活用すれば歌の伴奏やオーディオの背景音からボーカルだけを抽出することもできます。お手元のオーディオの品質を向上する機能も多様で、発音改善、音量修正などが選択できます。その他に、音声合成や動画から音声抽出、録音などの豊富な音声編集機能を利用することも可能です。使い方もシンプルで、ボーカル摘出したい音声ファイルをインポートするだけで自動的に作業が完結されます。

この動画マニュアルでVoxBoxのボーカル抽出機能の検証とやり方を確認↓

ボーカル抽出 やり方

VoxBox使い方に関する動画チュートリアルをもっと見る>>

基本情報

ボーカル抽出の速度 1分の音源は10秒くらい
対応拡張子 .mp3/.wav/.m4a/.aac/.mov/.mp4/.m4v/.avi/.opus/.ogg/.aiff
動作環境 Windows 7/8.1/10/11
macOS 10.10-13
使用料金 無料枠:2分までの音源
完全版:月額¥2,580、250分までの音源

実体験に基づいたレビュー

おすすめポイント

pros
  • 声だけ抽出の速度は比較的に速い。
  • 使い方は簡単なので音楽知識は不要、初心者におすすめ。
  • 無料利用枠も提供。
  • ボーカル抽出以外の機能も豊富で、音声編集で幅広く活用可能。

注意点

cons
  • 作業した後でボーカルのみが残し、背景音楽を出力することができない。

2WavePad

2つ目のボーカル抽出ソフトは「WavePad」です。ボーカル摘出のレベルには3つがあり、「ライト」を選択するとボーカル以外の音声の削減量が少なめになるように自由に設定できます。また、多彩な機能を備えているオーディオ編集ソフトウェアとなり、音声ファイルをカット、コピー、ペースト、トリムできて、ノイズ除去、エコーの追加、音量の正規化など、多くの編集タスクが行えます。

WavePad 公式ページ画面

基本情報

ボーカル抽出の速度 1分の音源は15秒くらい
対応拡張子 .mp3/.wav/.vox/.gsm/.wma/.fla/.m4a/.aacなど
動作環境 Windows 7/8/8.1/10/11
macOS 10.5以降
使用料金 無料枠:非営利目的
完全版:¥3,699

実体験に基づいたレビュー

おすすめポイント

pros
  • ダウンロードとインストールの速度は早い。
  • 一度の操作で複数の音声ファイルを一括処理できて便利。

注意点

cons
  • 無料利用は非営利目的のみ。
  • 高度な機能が豊富であるため、初心者にとっては学習コストがかかるかもしれない。

3Audition

もう1つのAIボーカル抽出ソフトは「Audition」です。Adobeのプロフェッショナルな音声制作や編集に特化した強力なソフトで大人気です。ボーカル抽出以外、ノイズリダクション、リバーブ、エコーなど、幅広いエフェクトとフィルターが提供されています。サードパーティのVSTプラグインを使用でき、カスタマイズ性が高いです。

Audition ソフト画面

基本情報

ボーカル抽出の速度 1分の音源は13秒くらい
対応拡張子 .mp3/.oga/.ogg/.voc/.wavなど
動作環境 Windows 10
macOS 12以降
使用料金 無料枠:7日間の利用
完全版:月額¥2,728

実体験に基づいたレビュー

おすすめポイント

pros
  • 他のAdobe製品との統合がスムーズで、クリエイティブなプロジェクトに適している。
  • エフェクトや変更をリアルタイムでプレビューできるので、効果の確認が容易。

注意点

cons
  • 利用には定額制のサブスクリプションが必要。
  • 高度な機能が多いため、初心者にはやや使用ハードルが高い。

Part 2.無料利用可能のボーカル抽出サイト3選

続いてはインストール不要の声だけ抽出できるサイトについても3つを紹介していきます。

1ボーカルリムーバー

「ボーカルリムーバー」は強力なAIアルゴリズムで歌声と音楽を自由に分離するサイトです。音源ファイルをアップロードするだけで自動的にボーカル抽出の作業が始まり、処理した音声のクオリティはかなり高いです。同サイトでは、ピッチ変更やBPM計測、カットなどの音声編集機能も提供します。

ボーカルリムーバー インターフェース

基本情報

ボーカル抽出の速度 1分の音源は20秒くらい
対応拡張子 .mp3/.oga/.m4a/.wma/.webm/.wavなど
使用料金 無料

実体験に基づいたレビュー

おすすめポイント

pros
  • 操作が簡単で使い勝手が良い。
  • ボーカルと背景音楽を分けて保存できる。

注意点

cons
  • サーバーの動作によってボーカル摘出に時間がかかる場合がある。
  • 処理したボーカルの保存形式はMP3とWAVのみ。

2Notta

次に紹介する「Notta」は文字起こしを提供するサービスとして有名ですが、ボーカル抽出のオンラインツールもリリースしました。直感的なインターフェースを備えており、ユーザーフレンドリーな操作が可能です。同様に複数の音声ファイルフォーマットに対応していて、汎用性が高いです。また、分離したボーカルと音楽を分けて出力できます。

Notta ボーカル抽出 インタフェース

基本情報

ボーカル抽出の速度 1分の音源は30秒以上
対応拡張子 .mp3/.wav/.aac/.aiff/.m4a/.mp4/.avi/.flv/.mov/.wmv
使用料金 無料

実体験に基づいたレビュー

おすすめポイント

pros
  • ボーカル抽出以外の機能はないので、別に複雑な機能を使用したくない方におすすめ。
  • 完全無料で利用できる。

注意点

cons
  • ボーカルを完全に取り除くことが難しく、結果には元の音質の低下や他の音声要素の一部が残る可能性がある。
  • サーバー混雑の場合、長時間に待つ必要がある。
  • ボーカル抽出のファイルは1回つき1個、最長20分まで。

3LALAL.AI

最後に紹介するのは「LALAL.AI」というAIボーカル抽出サイトです。次世代のボーカルリムーバーと音源分離サービスとなり、簡単にトラックからボーカル、インストルメンタルを音質を損なうことなく分離できます。処理レベルも3つがあり、自分の許容範囲によって選択できます。オンラインサービス以外、PCやスマホで動作するインストール型のアプリも提供します。

LALAL.AI インタフェース

基本情報

ボーカル抽出の速度 1分の音源は30秒以上
対応拡張子 .mp3/.ogg/.wav/.flac/.aiff/.aac
使用料金 無料枠:10分までの音源
完全版:$18、90分まで

実体験に基づいたレビュー

おすすめポイント

pros
  • 処理したボーカルのクオリティはやや高い。
  • 1回最大20個のファイルを選択して処理できる。

注意点

cons
  • 抽出したボーカルのダウンロードは有料。
  • 操作の日本語表記は分かりにくいところがある。

Part 3.ボーカル抽出のやり方

主な流れは「ボーカル抽出ソフトやサイトに音源をインポート>ボーカル摘出を選択>抽出した曲を保存」です。具体的なサービスによって、ボーカル抽出の部分とレベルを選定することが必要できる場合もあります。

続いては、使い方は比較的にやすいAIボーカル抽出ソフト「VoxBox」を例として、やり方を詳しく説明していきます。

ステップ 1.下のダウンロードボタンでソフトを入手したら起動します。

ステップ 2.左側で「音質強化」タブに切り替えて、「背景ノイズ軽減」を選択して「次へ」をクリックします。

ステップ 3.「コンテンツ種類を選択」で録音の内容の種類を選定し、音声ファイルをインポートします。

ステップ 4.「次へ」をクリックするとボーカル抽出が始まり、しばらく待ってから処理後のオーディオを確認して保存できます。

VoxBox ボーカル抽出

Part 4.ボーカル抽出に関するよくある質問

質問1 ボーカル除去は著作権違反?

ボーカル除去に関する法的な側面は複雑であり、一概に「著作権違反である」と一言で言うことは難しいです。一般的に、カラオケの練習など、ボーカル除去を行う目的が個人的な利用や非商業的な利用である場合、法的な問題が発生する可能性は低いです。

しかし、商業的な目的で使用する場合は慎重になる必要があります。また、元の楽曲が特定のライセンス条件のもとで提供されている場合、それに違反する形でボーカル除去を行うことは違法となります。

質問2 ボーカルなしの曲を何という?

ボーカルがない楽曲は一般的に「インストゥルメンタル」または「インストゥルメンタル・バージョン」と呼ばれます。これは歌詞がなく、楽器だけで構成された音楽を指します。ボーカルが取り除かれたバージョンも、元の楽曲がボーカル入りである場合はインストゥルメンタル・バージョンとして知られることがあります。


最後に

以上でボーカル抽出ソフトやサイトについて、機能や料金などの基本情報を詳しく紹介しました。ボーカル抽出は毎回完璧な結果が得られるわけではなく、元の音源にわずかな変化が生じる可能性がありますので、ご注意くださいね。

また、ボーカル抽出サイトの動作速度はネットとサーバー環境によって大きく左右します。より安定して高速で音源から声だけを抽出したい方、特に「VoxBox」のようなPCソフトがおすすめです。操作も簡単で使いやすいし、無料の利用枠も提供します。興味がある方はぜひ下で入手して体験してみましょう!