好きなミュージックをカットしてアラーム音としたり、BGMを編集して動画に追加したりすることなど、日常にこのような簡単な音声編集の必要があります。そんな時、音声編集ソフトやサイトに頼むのは一般的な解決法ですね。では、どのようなものを選択すればいいですか?

適切なツールを見つけるために、本記事では、音声編集ソフトとサイトを比較して各自の特徴を説明します。また、まとめて総計8つのフリーツールをおすすめします。

Part 1.音声編集ソフトとオンラインツールの比較

ソフトとオンラインツールは各自の特徴があるが、どれかが自分にふさわしいのか迷っている人は、まず下の一覧表を比較して確認しましょう。


メリット デメリット
ソフト
  • 編集機能が豊富で、多くの音声効果が実現できる
  • インターネットがなくても編集可能
  • 編集履歴が保存でき、複数回の編集は楽にできる
  • 上級の機能を利用したいなら、料金が発生する場合が多い
  • パソコンの容量や性能などの動作環境に制限がある
  • パソコンのOSによって使えない可能がある
  • オンラインツール
  • インストールの手間を省き、パソコンの容量に負担をさせない
  • パソコンのスペック要求が低い
  • 一般的に操作が簡単で、初心者でもすぐに編集できる
  • クラウドに出力可能、より活用できる
  • フェードインやフィルター追加などの高度な機能は行われない
  • オーディオファイルのアップロードと処理は少し遅い
  • インターネット環境に依頼して、制限が多い
  • プライバシー漏洩の恐れがある
  • Part 2:無料音声編集ソフト5選

    音楽編集ソフトとサイトの特徴が分かった後、前者に好む方は以下のおすすめリストをご覧ください。

    1Filme

    紹介したいソフトの一番目は直感的なインターフェースを持つ「iMyFone Filme」です。これは動画編集ソフトであっても、オーディオ編集機能も搭載されているので、音声のカットや音量調整、早送りなど基本的な編集が実現できます。また、動画に合わせて利用できる音声編集機能もあるので、動画と音声を一括編集したい人におすすめします。

    オーディオ編集の動画マニュアル

    YouTube Video

    基本情報:

  • 基礎機能:カット、音量と速度調節、フェードインとフェードアウト、録音、BGMや効果音追加、フォーマット変換
  • 対応フォーマット:MP3やM4A、AAC、WAVなど20種類以上が入力対応、MP3、WAV、AAC、FLAC、OGGの5種類が出力対応(詳細はFilme技術仕様でご確認ください)
  • 動作環境:Windows(Windows 10を含む)およびMac OS X(10.10以降)
  • 言語:日本語がある
  • メリット

    • 品質を損なわないでビデオにオーディオを追加でき、静音設定も可能。
    • ロイヤリティフリーの音楽や効果音などが提供され、直接的に利用できて便利。
    • 操作画面は簡潔で理解しやすく、専門知識なくてもすぐ上手に使える。

    2WavePad

    「WavePad」は初心者でもらくらくでプロ級の音楽編集ができるソフトです。基礎的な機能以外に、スペクトル分析など高度な機能も搭載されるので、大部の需要が満足できます。音声編集の専用ソフトで、パワフルのツールがいっぱいあり、プロ級のオーディオ編集者はこれに好むかもしれません。

    WavePadのホームページ画面

    基本情報:

  • 基礎機能:分割、音量と速度調節、録音、エフェクト追加、ノーズ除去
  • 対応フォーマット:MP3、WAV、VOX、GSM、WMA、AU、AIF、FLACなど数多くの音声ファイルフォーマットに対応
  • 動作環境:WindowsとMacの両方にも使える
  • 言語:日本語がある
  • メリット

    • 一度の操作で複数のファイルを一括処理でき、手間が省く。
    • エコーやイコライザーなど音声効果が設定可能、クリック・ポップ音除去で音声修復機能があり、音声ファイルを細かく編集できる。
    • インターフェースが使いやすい。

    Tips:

    WavePadは非営利目的で無料利用できるので、ご注意ください。

    3Audacity

    おすすめの三番目は人気がある無料音声編集ソフト、「Audacity」です。Linux版もあるので、より多くのユーザーが利用できるようになります。初心者にとって、最初はエフェクトの数値設定が悩ましい場合があるが、慣れた後多彩の音声効果が出来上がるのでオーディオをより魅力的なものになれます。

    Audacityのホームページ画面

    基本情報:

  • 基礎機能:カット、結合、録音、無音化、エフェクト追加
  • 対応フォーマット:OGG、MP3、WAV、AIFF、FLAC、MP2が入力と保存できる
  • 動作環境:Windows、Mac、Linuxの3つにサポートされる
  • 言語:メニューは日本語が対応する(ヘルプやFAQサイトなどは英語のみ)
  • メリット

    • 音声のエフェクトに細かい設定があり、面白い効果も作成できる。
    • マイクなどの外部接続機器による録音と編集にも対応し、より活用するのは可能。

    4SoundEngine Free

    もう1つの音楽編集ツールは「SoundEngine Free」です。音響の音質が波形で表示されるので、それを見ながら編集するのは抜群のポイントです。また、これは単一音声ファイルの編集に向かいているソフトで、一回は1つのファイルだけ編集に集中するが、操作画面がを乱すことは避けられます。

    SoundEngine Freeの操作画面

    基本情報:

  • 基礎機能:切り抜き、結合、ノーズ軽減、音量の最適化、録音、フェードイン、フェードアウト、エフェクト追加
  • 対応フォーマット:WAVE、OGG、CSVのみ(ProではMP3にも)
  • 動作環境:Windowsのみ
  • 言語:日本語に対応する
  • メリット

    • ボーカルカット機能があり、女声か男声かの除去や抽出でカラオケ音源を作成できる。
    • インターフェース画面のデザインはシンプルで、分かりやすい。

    5Renee Audio Tools

    最後は「Renee Audio Tools」をおすすめしたいです。これも分かりやすいインターフェースを持って初心者も安心できる音声録音と編集フリーソフトです。総計9種の機能がインターフェースに明白に表示され、ワンクリックだけで利用できます。素早く音声編集を完成できるという点は初心者に最適です。

    Renee Audio Toolsの操作画面

    基本情報:

  • 基礎機能:カット、結合、抽出、加速、録音、フォーマット変換、ID3タグの変更
  • 対応フォーマット:MP3、M4A、MP2、WAV、WMA、ACC、AC3などの14種類が入力できる
  • 動作環境:Windowsのみ
  • 言語:日本語に対応する
  • メリット

    • 編集した音楽ファイルのタイトルやアーティスト、アルバム、年などが変更でき、カスタマイズされるのは可能。
    • 直接的iTunesやCDにエクスポートできるのは便利。
    • 操作画面は直感的で説明が付け、複雑な機能もなく、日常の使用に充分。

    Part 3.無料音声編集サイト3選

    1Online Audio Joiner

    「Online Audio Joiner」は主に複数のオーディオトラックを単一のファイルに結合するオンラインツールです。編集のトラック数は制限がないので、大量のファイルをまとめたい場合にふさわしいです。インストールと登録も不要ですぐ使えます。

    Online Audio Joinerのホームページ画面

    基本情報:

  • 基礎機能:結合、カット、インターバル調整
  • 対応フォーマット:MP3、WAV、WMAなど300種類を超える形式が入力できる(出力はMP3、M4A、WAV、FLACの4種類のみ)
  • 言語:日本語に対応する
  • メリット

    • サポートされるフォーマットは多様で、お手元の音声ファイル形式に気になる必要はない。
    • 各トラックに対してお好きの再生間隔を設定するのは可能で、結合する方法は柔軟的。

    2Online MP3 Cutter

    これは先ほど紹介したサイトと同じ開発元のもので、主にMP3ファイルをカットすることに対応するツールです。大体の特徴は似ているが、時短的で簡単に音声編集を行われることができるのは最大の特徴です。

    Online MP3 Cutterのホームページ画面

    基本情報:

  • 基礎機能:切り出し、抽出、フェードイン、フェードアウト、着信音の作成
  • 対応フォーマット:MP3、WAV、AACなど300種類を超える形式が入力できる(出力はMP3、M4A、WAV、FLAC、M4Rの5種類のみ)
  • 言語:日本語に対応する
  • メリット

    • iPhoneの着信音をワンクリックで作成できるのは実用的。
    • 最大2Gバイトまでのファイルをアップロードでき、マウスオーバーで再生位置や速度のコントロールは自在。

    3BearAudio

    三番目の紹介したいのフリーサイトは「BearAudio」です。これを利用すると、ブラウザで直接的に音声の切り取りと結合ができる。さらに、このページはHTML5が利用されているので、編集したいオーディオをアップロードしなくてもいいです。そのため、プライバシーの漏洩に心配する必要はありません。

    BearAudioのホームページ画面

    基本情報:

  • 基礎機能:カット、結合、フェードイン、フェードアウト、ミュート、録音
  • 対応フォーマット:MP3、WAV、OGGの入力、WAV、MP3、M4Rの出力
  • 言語:日本語に対応する
  • メリット

    • URLを入力して音声ファイルを導入でき、オンラインの音楽素材が利用できて便利。
    • HTML5テクノロジーが利用されるため処理速度は速い。

    最後に

    概していえば、音声編集ソフトは機能が多様で細かい操作を求める場合があることに対し、オンラインツールは機能が単一で手軽に使えるという特徴があります。動作環境や目的に応じて、上記の紹介されたツールから自分にあったものを選択すればいいです。一般的にソフトは無料試用できるので、これまで読んでも迷っている人はまず一番の紹介された「iMyFone Filme」を試みましょう!