「ゆっくりボイス」は、テキストを自動的に読み上げるための音声合成技術の一種です。由来は、「東方Project」というシリーズに登場するキャラクター、「ゆっくり霊夢」「ゆっくり魔理沙」にさかのぼります。言葉をゆっくりと発音し、一文字一文字を注意深くアウトプットする少し機械的でユニークなスタイルで、立ち絵とこのボイスを併用して制作した動画は日本のYouTubeで大人気を博します。

自分の顔を出しなくても手軽に面白い動画を作成できるので、ゆっくりボイスを一度使用したいと考える方もいるでしょう。この記事では、ゆっくりボイスを合成できる便利なソフト、サイト、アプリをまとめます。どのツールを利用すればいいのか困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゆっくりボイス 読み上げ

Part 1.無料のゆっくりボイス読み上げサービス5選

以下で各ゆっくりボイス合成サービスの機能や動作環境などの情報をそれぞれ確認してください。

1VoxBox

「iMyFone VoxBox」は、PCとスマホのOSに完全対応するAI技術を搭載している読み上げソフトとなります。マルチ言語に対応し、ゆっくりボイスで読み上げる作業は平均10秒ほど完結できます。また、入力した文章だけではなく、画像とPDFのにある文字を認識して音声化するのも可能です。他に文字起こしや音質強化、動画から音声抽出など、搭載する編集機能が豊富です。

(VoxBoxで合成したゆっくりボイスを聞いて↓)

play.svg
0:00/0:01

この動画マニュアルで直感的に機能を確認してください⇩

ゆっくりボイス 読み上げ

VoxBox使い方に関する動画チュートリアルをもっと見る>>

基本情報

ゆっくりボイスの種類 2
音声クローン機能で自由に追加可能
調声 話速、強調、ピッチ、抑揚などが細かく設定可能
多言語対応 70種類以上
日本語、英語、フランス語など
動作環境 Windows 7/8.1/10/11、macOS 10.10-13、iOS 13-16、Android 7-13
利用料金 無料版:2,000文字まで読み上げ
月額/2,580円:26.5万文字まで読み上げ

おすすめポイント

pros
  • ゆっくりボイス以外、言語とスタイル別の話者は3200個に超える。
  • 読み上げた音声はMP3/AAC/WAVファイルとして保存できて、動画ナレーション作成に活用。
  • 音声サンプルを聞いてから読み上げに使用するボイスを選択できる。
  • 無料利用の文字分を提供し、機能面から見えるとコスパ最高。

注意点

cons
  • 無料版では読み上げる文字数に制限される。
  • ゆっくりボイスの種類はまだ少ない。

2AquesTalkPlayer

2つ目に紹介するゆっくりボイスを合成できるサービスは「AquesTalkPlayer」です。「AquesTalk」はゆっくりボイスとして有名である音声合成えエンジンで、このエンジンを導入して開発されたゆっくりボイス読み上げソフトは多いです。「AquesTalkPlayer」はその公式の製品です。3つの音声合成エンジンが内蔵し、声種データが豊富で正確なアクセントを生成できます。また、ユーザー辞書の登録機能も備えるので、特定の専門用語や略語も間違いないで発音します。

AquesTalkPlayer ソフト画面

基本情報

ゆっくりボイスの種類 30+
調声 話速、音量、ピッチ、声質など
多言語対応 日本語のみ
動作環境 各種Windows OS (64bit/32bit)
利用料金 無料版:個人の非営利目的
年額/6,380円:商用向け

おすすめポイント

pros
  • ゆっくりボイスの定番ソフトと言え、種類が多い。
  • ライセンスを購入すれば商用可能。

注意点

cons
  • Macではまだ動作できない。
  • 日本語のみ対応。

3棒読みちゃん

次に紹介するのは「棒読みちゃん」というゆっくりボイス読み上げソフトです。AquesTalkの音声エンジンを組み込んだので、音質は似ていて、機械音の感じは強います。読み上げた音声はwavファイルとして保存されます。また、同様に単語や発音を登録できる辞書機能が備えます。

棒読みちゃん ソフト画面

基本情報

ゆっくりボイスの種類 8個
調声 速度、音程、音量の指定
多言語対応 日本語、英語
動作環境 Windows 2000以降
利用料金 営利・非営利を問わず無償

おすすめポイント

pros
  • 営利目的でも無料で利用できる。
  • AITalkやVOICEROIDなどの音声読み上げソフトと連携可能。

注意点

cons
  • ニコニコ生配信とSkypeの読み上げは対応しなくなった。
  • 最後の更新履歴は2012年で、ユーザーサポートとバグ修正について期待できない。

4ゆくも

「ゆくも」はゆっくり音声を合成できるサイトで、これもAquesTalkの音声合成ライブラリを使用しています。抑揚などを詳細に定義できる発音記号を入力するこもができて、調声も可能です。また、ゆくも音声合成エンジンを使ったサービスの開発支援も提供します。

ゆくも インターフェース

基本情報

ゆっくりボイスの種類 29個
調声 速度、抑揚、音量の調整
多言語対応 日本語
動作環境 ブラウザ
利用料金 無料版:個人の趣味範囲での利用
年額/6,380円:商用向け

おすすめポイント

pros
  • 別にソフトをインストールしなくて済む。
  • 操作画面はシンプルで、分かりやすい。

注意点

cons
  • 一回で入力できる文字数上限は140。
  • 読み間違いところがある。

5ゆっくり棒読みトーク

最後に紹介するのはスマホで動作できるアプリ「ゆっくり棒読みトーク」です。同様に音声合成ライブラリAquesTalkを使用しており、商用には該当ライブラリの使用ライセンスが必要です。文字を入力することで、ゆっくりボイスのような機械音声を作ることができます。合成した音声はWAVファイルとして保存したり共有したりできます。

ゆっくり棒読みトーク ソフト画面

基本情報

ゆっくりボイスの種類 21個
調声 速度、音程、リピート
多言語対応 日本語
動作環境 iOS 12以降、Android 4.4以降
利用料金 無料版:個人の趣味範囲での利用
年額/6,380円:商用向け

おすすめポイント

pros
  • スマホでAquesTalkの音声ライブラリを利用したい方におすすめ。
  • 音声にエコーをかけることも可能。

注意点

cons
  • 表示される広告を誤クリックしない。
  • 商用利用には別にライセンス購入は必要。
合わせて読む: 『ゆっくり棒読みトークで音声合成する方法』

Part 2.ゆっくりボイスの作り方

ゆっくりボイスにするにはどうすればいいですか?基本的な操作の流れは、読み上げ文章の入力>ゆっくりボイスの指定>音声パラメータの調整>合成した音声ファイルの保存という順です。以下では1つ目に紹介した「VoxBox」を例として、やり方をステップバイステップで説明していきます。

ステップ 1.下のボタンをクリックしてソフトをダウンロードして起動したら、「テキスト読み上げ」機能の操作画面は自動的に表示されます。

ステップ 2.右側の「人形」のアイコンをクリックして、ゆっくりボイスである「花子」「Ichika」を選択して、言語も指定します。

VoxBox ゆっくりボイス 言語とボイスを選択

ステップ 3.読み上げたい文字を入力します。特定の言葉を選定して、右側で「一時停止」、「速度」、「強調」、「ピッチ」などのパラメータを設定することも可能です。

VoxBox テキスト音声変換 文字を入力

ステップ 4.「変換」をクリックして、しばらく待ってから生成した音声は下部で表示されます。それを再生したり出力したりできます。

VoxBox テキストを音声に変換

Part 3.ゆっくりボイスの使用について

質問1 ゆっくり動画は収益化停止?

多くのYouTuberから彼達の投稿したゆっくり実況やゆっくり解説動画の収益化が剥奪されたと報告され、理由は「コンテンツの繰り返し」です。共通点は「ゆっくりボイス」を使用することなので、これは根本的な原因と推測できます。

収益化回復対策として、ユニークなゆっくりボイスの利用と、声優または自然な人声で読み上げるソフトへ頼むことが挙げられます。

質問2 ゆっくりボイスが使えなくなった理由は?

「AquesTalk」のゆっくり音声合成エンジンを導入して開発した一部の読み上げソフトは使えなくなりました。例えば、有名の「SofTalk」です。理由はユーザーが別途に「AquesTalk」のライセンス料金を支払わなければならないようになり、契約に折り合いがつかなくて対応が中止しました。

他に、「ゆっくりボイス」を提供するサーバーに障害やエラーが発生したことも理由と考えられます。一時的なもので、しばらく待ってから再試行してください。

質問3 ゆっくり実況はお金がかかる?

結論から言うと、無料でゆっくり実況を作成することは可能で、有料になることもあります。

ゆっくり実況の作成に必要な機材といえば、

  • ハードウェア:パソコン、マイク
  • ソフトウェア:ゲーム、録画ソフト、実況動画編集ソフト、ゆっくりボイス読み上げソフト

の2種類と分けられます。もしすべてフリーソフトを使えばもちろんお金かかなくてもゆっくり実況を作成できますね。より高度な機能や高品質な動画を求める場合、一定の料金を支払うのは一般的です。


最後に

今回はゆっくりボイス読み上げサービスを5つご紹介しました。ゆっくり音声はテキストをキャラクターボイスで読み上げる魅力的なオプションです。活用することで、動画やオーディオコンテンツは人気を集められます。

その中で、特に「iMyFone VoxBox」は他のツールと異なる音声合成エンジンを使い、独自の人声も豊富に提供しているので、ゆっくり動画の収益化に心配する方は、一度このソフトを試すことがおすすめです。下でクリックすればすぐに無料体験版から入手できますよ!