Voicemod(ボイスモッド)は他の機材などを使用せずにボイスチェンジが出来る便利なソフトですが、使い方を知るためにはいくつかのポイントを知る必要があります。

また、場合によっては機能しない、使えないということもあるので、今回はVoicemodの使い方の基本から、ディスコードへの応用方法、使えない場合の対処法などをまとめて解説していきます。

Part 1. Voicemodの使い方

Voicemod ホームページ画面

Voicemodは現在Windows版でのみ提供されている、リアルタイムボイスチェンジャーソフトです。無料版、有料版があり、無料版では機能が制限されています。

まずはVoicemodの基本的な使い方からおさらいしていきましょう。

Voicemodの基本設定

Step 1.最初は公式サイトにアクセスし、ダウンロードしてインストールしたら、「設定」>「一般」>「言語」と移動して日本語にします。

Step 2.マイクを「現在使用しているマイク」にして、ヘッドフォンもお手持ちの物に合わせて設定します。

Voicemod マイク ヘッドフォン 設定

VOICEBOXから様々なフィルターを選択

Step 1.左側のメニューバーから「VOICEBOX」タブをクリックして、その中にある音声フィルターを選定します。

Step 2.個々のボイスの右上にある「♡」アイコンをクリックするとお気に入りとして登録が可能です。

Voicemod VOICEBOX画面

Part 2. ディズコードでVoicemodを使う

Discord(ディスコード)はゲームプレイなどで主に使用される音声通話アプリです。PCゲームはもちろん、最近ではスマホでもよく使われており、チャット機能などもあることから人気のあるソフトの1つです。

Voicemodはこの人気のアプリにも対応しているが、具体的な設定方法は以下となります。

Step 1.ディスコードをインストールして起動すると、「設定」>「音声・ビデオ」に移動します。入力マイクのところに「マイク (Voicemod Virtual Audio Device)」を設定します。

ディスコード マイク設定

Step 2.次にVoicemodを開いて、画面下部「ボイスチェンジャー」のスイッチがONになっていることを確認して、前述したVOICEBOXの中から使用したいフィルターを選択して使用しましょう。

Voicemod ボイスチェンジャー オン

Tips.

Discordで利用できる他のボイスチェンジャーを探したいなら、これも合わせて読んでください!

関連記事:『Discordで使えるボイスチェンジャーと声を変える仕方の特別紹介』

Part 3. Voicemodが使えない!原因と対処法

ここまで紹介したように、ディスコードとの相性も良く、多くの人が使用しているVoicemodですが、様々な原因で「使えない」という声も見られます。

今回は代表的な原因と対処法を5つ紹介していきます。

1インストール時に他のオーディオデバイスを使用するか

Voicemodをインストールする時には、他のオーディオデバイスを使用するソフトなどを開いていると、音声が聞こえないといった不具合があることが報告されています。

そのため、インストール時には他のアプリを全て閉じるようにしましょう。

2Windowsのサウンド設定が間違っている可能性

Windowsのサウンド設定が間違っていると、正常に音が聞こえない可能性があります。

解決法として、Windowsの「サウンド」から「再生」タブで、スピーカー設定を確認し、「録音」タブからVoicemodで使用するマイクを「既定値に設定」してみましょう。

3Voicemodの入力デバイスを確認

Voicemodが機能しない時に、Voicemodの「音声・ビデオ」設定から音声タブの入力部分を、Windowsサウンドで設定したマイクに合っているかどうかを確認することも忘れないでください。

4Voicemodの出力デバイスを確認

Voicemodの音声タブの出力部分が間違えていると正しく音声が聞こえない可能性もあります。出力で選択しているデバイスがWindows側のサウンド設定と一致しているかを確認しましょう。

5Voicemodドライバーの破損など

何らかの原因でVoicemodの本体ファイルなどが破損していたり、ドライバーに不具合があると正しく動作しません。

この場合は一度アンイストールしてから、再度最新のバージョンを再インストールしてみましょう。

Part 4. 最高の代替ソフト ー MagicMic

上記方法でもVoicemodが正しく機能してくれない場合は代替のソフトを利用することをオススメします。

様々なソフトが存在していますが、もっとも推薦したいのは「MagicMic(マジックマイク)」というリアルタイムボイスチェンジャーソフトです。

MagicMicの機能:

  • ロボットや悪魔など、20種類以上の音声フィルターを使って、リアルタイムで声を変えることができます。
  • 総計190種類以上の効果音が搭載されて、ゲーム配信やチャットする時に雰囲気を盛り上げることが可能です。
  • 主要な通話アプリやゲーム(Fortnite、PUBG、Discord、Skype、Twitchなど)にも対応しているが、便利に活用できます。
  • 操作画面がわかりやすく、使用方法も複雑ではありません。

MagicMic ボイスチェンジャー

MagicMicの使い方

Step 1.上記のボタンでソフトをパソコンにダウンロードして起動したら、実際のお使いのマイクとヘッドフォンを選択します。

MagicMic マイク選択

Step 2.使用するソフトの「音声設定」で、マイク音声を「Voice Changer Virtual Audio Device(WDM)」に変更すれば準備完了です。

Step 3.後は、MagicMicの「ボイスチェンジャー」で、任意の音声フィルターをクリックしてマイクに向かって話してそれぞれの音声がどのように変えるかを確認します。問題がなければ、好きなものを選定して使いましょう!

MagicMic 音声フィルター


最後に

今回はVoicemodの使い方と機能しない時の対処法をまとめて紹介してきました。

近年ゲーム配信などの原因で、ボイスチェンジャーの利用需要が増えています。ただし、実際に、声を変えるソフトは、他のソフトやバージョンなどの兼ね合いで使用出来ない、もしくは正しく動作しないということも確実によくあります。

そんなときは代替ソフトとして、ぜひ高性能で便利な変声器「iMyFone MagicMic(マジックマイク)」を試してみてはいかがでしょうか?