ゴミ箱に移動したデータのなかで、誤って削除して後悔した経験はありませんか。

仕事関係でパソコンを使う機会が多い人は、役目が終わるとゴミ箱に移動して・・・と定期的に整理整頓します。ただ、これが裏目に出てしまうことも少なくないのです。

ゴミ箱から完全に削除してしまったデータを復元できるソフト、3選を紹介したいと思います。

ゴミ箱復元ソフト3選

ゴミ箱復元ソフトにはさまざまなものがあります。今回ご紹介するのは機能性の高いゴミ箱復元ソフトです。大切なデータだからこそ、安心できるものを選ぶようにしましょう。

1 iMyFone AnyRecover

おすすめなのAnyRecoverでは、どんなゴミ箱復旧ソフトよりも簡単に失われたデータを取り戻せます。必要であれば、なんでも復元でき、ドキュメントやグラフ、オーディオ、ビデオ、電子メール、アーカイブなどにも対応しています。ブランドも問わず、時間が経ったデータにも対応します。

AnyRecover HP&interface

無料ダウンロード 無料ダウンロード

Windowsのデータ復旧に役立つソリューションです。さまざまなデバイスからデータを復旧させるのがもちろん、1000以上のもファイル形式に対応しています。他のゴミ箱復元ソフトでは対応できなかったケースも、AnyRecoverなら復旧できる可能性があります。無料ダウンロードでお試しから使えるのもポイントです。

メリット:

  • 失われたデータに対して包括的なデータ復旧が可能
  • 数回のクリックですべての作業が完了する簡単さ
  • 高速スキャンで待ち時間も少なく効率重視
  • デバイスの種類も多く柔軟にデータ復旧に対応

デメリット:

  • プレビューできる範囲が、写真とドキュメントのみ

2 Recuva

高速動作に対応してくれる、ゴミ箱復元ソフトです。内蔵されたハードディスクはもちろんのこと、リムーバブルディスクなどの外部メディアなど幅広く対応してくれます。

他にもファイルを任意のキーワードで絞り込む、NSAが定めた方式で完全にファイルを削除する機能などもあり、復元と削除の両方に対応してくれる便利さも人気です。

Recuva HP&interface

Piriform Software Ltd.はイギリスの会社になり、さまざまなソフトウェアを製作しています。使い方もとても簡単で、メニューのなかにあるスキャンを選択すると、復元できるソフトが表示されます。

世界中で愛用されているソフトになり25億ダウンロード突破!毎月の掃除は35,000,000GBと驚くほどのペースで進んでいます。家庭用・ビジネス用など種類も豊富で使いやすい。

メリット:

  • 無料で使えるので手軽
  • イギリス製で世界中の人々に愛用
  • 有料バージョンもあり高度なファイル回復もできる
  • グッドチョイス賞などさまざまな受賞歴がある

デメリット:

  • 英語サイトのため使いにくい
  • 日本製でないことに不安を覚える人もいる
  • 無料版は何年もアップデートされていない

3 e frontier X EaseUS復元

もともとの旧式から人気がありましたが、より機能性を高めた最新版です。直接PCにインストールするのはもちろん、CDから起動して復元できるようにも設計されています。

PC本体を復元させたい場合に、より安全性が高く操作ができるのもポイント。PCが起動しないときにも使えるなど、幅広いゴミ箱復元に対応したソフトです。

e frontier X EaseUS復元 HP&interface

代理店のイーフロンティアは、東京に本社を持つ会社になりソフトウェアの老舗です。その会社が代理したゴミ箱復元ソフトなので、日本語の対応やサービスに安心できます。2GBまでなら、体験版のお試しもでき、ソフト本体になると復元できるデータ量の制限もなくなります。高速で対応してくれるので、作業にムダもなく使える便利なソフトです。

メリット:

  • 日本の会社が代理したので安心できる
  • 3ステップで簡単に復元できる手軽さ
  • 世界中の人が愛用し3,000万人を突破
  • PCだけでなくUSBやSDカードなども対応

デメリット:

  • 復元したデータ容量が大きいので、対応できるPC必須
  • お試しのアプリだけでは復元できない範囲が多い
  • 復元したいと思ってもある程度知識がないと難しい

まとめ

数あるゴミ箱復元ソフトのなかでも復元率が高く、人気のある製品をまとめてみました。データの種類によっても対応できる・できないなどの違いも出てきます。誤ってデータを削除してしまったとき、すぐに諦めてしまうのではなく、ゴミ箱復元ソフトで一度試してみるといいかもしれません。

ゴミ箱復元ソフトを選ぶとき、どのぐらいの実績があるのか、製造・販売している会社は本当に信頼できるかなども含め決めると、失敗がなくなります。口コミなども参考にするとわかりやすいのでおすすめです。