仕事の報告や大学の授業等でよくPowerPointを利用して資料を作成します。しかし、さまざまな状況で長時間かけて苦労して作成したパワーポイントファイルが消えてしまった場合もあります。

では今回は異なる状況によってパワーポイントを復元する方法を紹介します。

状況1:保存せずに閉じたパワーポイントファイルを復元

間違えて操作を行ったことで作成したパワーポイントを保存せずに閉じてしまいました。この場合は「新規」と「既存」の二つの状況によって対処法をします。

【新規】保存せずに閉じたパワーポイントファイルを復元

もう一度PowerPointを起動し、「ファイル」>「最近使用したファイル」>右下の「保存されていないプレゼンテーションの回復」の順に従ってください。

そして、保存されていないファイルの一覧から復旧したいパワーポイントファイルがあるかどうかを確認します。あれば、目的のファイルを開いてから、ファイル上部のバーに表示されている「復元」をクリックし保存します。

パワポを復元する

もしなければ、予防策として「自動保存」を設定してください。「ファイル」>一番下の「オプション」>「保存」の順をして、自動保存の設定をします。

自動保存を設定する

【既存】保存せずに閉じたパワーポイントファイルを復元

PowerPointを起動し、「ファイル」>「情報」>「プレゼンテーション管理」 > 「保存されていないプレゼンテーションの回復」をクリックします。復元したいパワーポイントファイルがあるかどうかをご確認ください。

既存のパワポを復元する

状況2:上書き保存・削除したパワーポイントファイルを復元

パワーポイントファイルを誤って上書き保存したり、削除したりすることもあります。このような状況ではWindowsの「以前のバージョンの復元」機能を利用することでパワーポイントファイルを復元することが可能です。

【以前のバージョンの復元】を利用してパワーポイントファイルを復元

PowerPointまたはパワーポイントファイルを右クリックして、「以前のバージョンの復元」を選択します。「ファイルのバージョン」の一覧にある目的のファイルがるかどうかを確認します。

以前のバージョンを利用してパワポを復元する

ご注意
「以前のバージョンの復元」機能を利用するには、Windowsのバックアップ機能を設定しておいた必要があり、復元後、今のバージョンが上書きされますので、ご注意ください。

状況3:誤削除・フォーマット・破損・クラッシュ・認識しない等

誤ってパワーポイントファイルを削除した、HDDをフォーマット(初期化)してパワーポイントファイルもなくなった、SDカードが認識されない中のファイルも開けません等、そのような状況はデータ復元ソフトを使用したほうがいいです。

【iMyFone D-Back for PC】を使ってパワーポイントファイルを復元

「iMyFone D-Back for PC」はパワポ、ワード、エクセルファイルを簡単に復元するだけではなく、画像、動画、音声、電子メール等1000以上のファイル形式に対応できます。

そして、HDD・SD・USBメモリの故障やフォーマットによって消えたデータも素早く復元することができます。

iMyFone D-Back for PC

  • パワポ、ワード、エクセルファイルを簡単に復元
  • 画像、動画、メール、音声など1000以上ファイルの種類に対応
  • 故障・破損したHDD、SDカード、USBメモリからデータを復元
  • 複雑な操作は必要がない、自分でも手軽に操作を行う
  • 無料でスキャン・プレビューができ、効率よくデータの復元を実現
<手順>
「では、iMyFone D-Back for PCでパワーポイントファイルを復元する手順を紹介します。」

Step1:まずはiMyFone D-Back for PCを起動し、パワーポイントファイルが保存されていた場所を選択します。

パワポが保存された場所を選択する

Step2:スキャンの機能によって履歴のパワーポイントファイルがすべて検出されます。

パワポファイルをスキャンする

Step3:復元したいパワーポイントを選択し、「復元」をクリックしてから適切なな場所に保存します。

パワポファイルを保存する

終わり

今回はパワーポイントファイルを復元する四つの方法を紹介しました。

具体的な状況によって対処法を選択し、消したファイルを復元することが可能ですが、削除・フォーマット・認識しない等の状況でパワーポイントファイルを復元するにはiMyFone D-Back for PCを使うと最も便利です。必要なら一度お試してください。