LINE(ライン)で友だちから送られてきたファイルが、どうやっても開けないことってありませんか?せっかく送ってくれた大切なファイルなのに、中身を見れないと困りますよね。ファイルが開けないと、相手とのコミュニケーションもうまくいきませんので、よく分かります。

LINEでファイルが見れない

そこでこの記事では、LINEでダウンロードしたファイルが開けない原因と、その対処方法について、詳しく解説します。この記事を読めば、あなたはもうLINEでファイルが開かなくても、迷うことはありませんよ。

Part1:LINEでファイルが見れない原因

LINEでファイルが開けない場合の対処法を紹介する前に、まずは、ファイルが見れない原因を探っていきましょう。主な要因として、以下の3つが挙げられます。

1ファイルが破損した

まず、何らかの原因で、ファイルそのものが破損してしまっている可能性です。

LINEには、表示や読み込みを高速化するために、一時的にファイルを保存する機能があります。一時的に保存されたファイルを「キャッシュ」と呼びますが、このデータが壊れている状況が考えられます。

2ファイルを開くアプリがインストールしていない

次は、ご自身のスマホに、そのファイルを開くアプリがインストールされていない場合です。

ファイルを開くには、その種類によってアプリが必要となります。例えば、アンドロイドでPDFファイルが開けない場合は、スマホに「Adobe Acrobat Reader」や「Google PDF Viewer」など、PDFを開くアプリがインストールされていないことが考えられます。

3保存期限が切れた

もう一つ、原因として考えられるのが、ファイルの保存期限が切れてしまっている場合です。LINEでは、サーバーの容量を確保するために、ファイルには一定の保存期間が設定されています。

保存期間は非公表とされていますが、おおよそ2週間が目安でしょう。それを過ぎると、ファイルはサーバーから削除され、ダウンロードできなくなります。この場合は「保存期限が終了したためファイルが読み込めません」と表示されますので、すぐに分かります。

Part2:LINEでファイルが見れない時の解決策

LINEでダウンロードしたファイルが開けない、3つの原因が分かりました。では、開けない時の解決策を4つ、紹介しましょう。

2.1. キャッシュを削除してからもう一度ダウンロード

まずは、LINEに一時的に保存されている、キャッシュを削除してみましょう。(キャッシュを削除する前にまず手軽にバックアップしよう!☞バックアップ裏ワザ

iPhoneユーザーの場合:

  • 1. 「ホーム」タブの「設定」ボタンから「トーク」→「データ削除」に進みます。
  • 2. 「キャッシュデータ」だけを選択し、「選択したデータを削除」→「データを削除」をタップします。

iPhoneでLINEキャッシュを削除

Androidユーザーの場合:

  • 1. Androidで「設定」ボタン→「アプリ」と進みます。
  • 2. 「LINE」→「キャッシュを削除」とタップすれば、削除完了です。

AndroidでLINEキャッシュを削除

なお、キャッシュを消しても、トークの履歴や写真、ボイスデータなどは削除されません。しかし、保存期間を過ぎたファイルは全て削除されるため、大切なファイルは事前にトークからスマホ内に保存しておきましょう。

2.2. 相応的な開くアプリをダウンロード

ご自身のスマホに、ファイルを開くアプリがない場合は、ダウンロードしましょう。

ファイル形
利用できるソフト
ワードやエクセル
「マイクロソフトOffice」
PDF
「Adobe Acrobat Reader」や「Google PDF Viewer」
音声ファイル
「Google Play Music」

iPhoneなら「AppStore」、アンドロイドなら「Google Play」からダウンロードできますよ。

2.3. サードパーティーソフトを利用し、PCで開く

便利なサードパーティ製ソフトを利用して、ファイルをパソコンで開く方法もあります。ここでは、LINEにあるあらゆる種類のデータをバックアップできる「iTransor for LINE」を使ってみましょう。こちらの専門的なLINEデータをバックアップするソフトはLINEデータをPCにプレビューだけではなく、「LINEのバックアップ」、「端末へのデータ復元」、「異OS間のLINEデータ転送」までもできます。

LINEデータバックアップ

800万以上のダウンロード

iTransor for LINEの優れているポイント:

  • 【無料かつ簡単】ワンクリックで、初心者でも簡単に無料でバックアップできる。
  • 【異OSデータ転送】Android/iOSからiOSへ直接LINEトークを転送できる。
  • 【選択的にエクスポート】ほしいデータのみ選択的にエクスポートする。
  • 【端末へのデータ復元】バックアップファイルからトーク履歴を直接LINEに復元できる。

具体的な操作する仕方は以下となります。

1. まず、iTransor for LINEをパソコンにインストールした上で、デバイスを接続します。

2. 次に、LINEデータをバックアップします。操作方法は、「AndroidとiOSデバイスからLINEデータをバックアップ」を選択し、「スタート」をクリックするだけ。

iTransor for LINEを起動します

3. バックアップが完了したら「バックアップデータを表示」ボタンをクリックして、データの詳細を確認しましょう。

iTransor for LINEでバックアップ完了

4. 作成したバックアップファイルのリストが、時系列で表示されますので、復元したいファイルを指定して「エクスポート」をクリックすると、パソコン上にファイルが生成されます。

iTransor for LINEでバックアップをエクスポート

2.4. ファイルを一旦LINEキープに保存してみる【成功可能性が低い】

ファイルをLINEキープ(Keep)へ一旦、保存してみるという手もあります。

具体的な操作方法

1. まず、トーク上の保存したいファイルを長押しして、「Keep」をタップします。

2. そして、保存するファイルを選択して「Keep」をタップすれば完了です。

LINEキープでファイルを保存

この時に、複数のファイルを同時に選択すれば、一気に保存することもできます。ただ、成功の可能性は極めて低いため、おすすめはできません。

なお、キープに保存するとファイルの拡張子が判明しますので、どのアプリをインストールすれば開けるのかが分かりますよ。

まとめ

LINEでダウンロードしたファイルが開けない原因と、4つの対処方法について、詳しく解説しました。ワードのファイルが開けない、エクセルの添付ファイルが開けないなど、すぐに対処しなければならない場合は、ワンクリックだけで楽にファイルが復元できるツール「iTransor for LINE」を利用するのが一番得策でしょう。無料で操作も簡単ですから、誰でも使うことができます。今すぐ、試してみましょう!