iPhoneを今まで使用していたけど、Androidにこれから変えようかな?と思っている人もいるでしょう。機種変更をする時に一番ネックになるのが、データー移行です。せっかくのデータを次の新しい機種にも引き継ぎをしたいですよね。

iPhoneからAndroidへLINEトーク履歴移行

特に今はメールよりもLINEを使用している人が多く、LINEには大切なデータがたくさん入っていることが多いです。iPhoneからAndroidにLINEを引き継ぎする時はどのような方法があるのでしょうか?また、注意すべき点などはどのようなことがあるのでしょうか?

では、今回はiPhoneからAndroidにLINEのデータを引き継ぎする方法と注意点について紹介していきます。

Part1:LINEトークを直接iPhoneからAndroidへ引き継ぎできる?

結果から言うと、LINEのトーク履歴を直接iPhoneからAndroidに移行することは通常な方法では実現できません。その理由はiPhoneとAndroidデバイスには違うオペレーティングシステムを使うし、データ保存するクラウドも違うのです。

今100%転送できる方法を紹介します。iPhoneからAndroidデバイスだけでなく、さらにAndroidからiPhoneへLINEトーク履歴を移行にも実現できます!

Part2:LINEデータをiPhoneからAndroidへ引き継ぎする方法

これからはLINEデータをiPhoneからAndroidデバイスへ引き継ぎする方法を詳しく紹介します。

方法1:ワンクリックで直接LINEデータ移行

LINEデータをiPhoneからAndroidに引き継ぎする方法として専門的なLINEトーク履歴を移行するソフト - 「iTransor for LINE」を使用する方法です。公式な方法では実現できない異OS間データ引き継ぎするこは今簡単に実現できます。

LINEデータバックアップ

800万以上のダウンロード

iTransor for LINEの優れているポイント:

  • 【LINEトーク履歴を同OS・異OS間移行】AndroidとiOSの間でLINE(写真、ビデオ、トーク履歴、オーディオ、添付ファイルなど)すべてのデータを引き継ぎできる。
  • 【端末にLINEデータを復元】バックアップファイルからiPhone/AndroidへLINEトーク履歴を直接復元できる。
  • 【無料のバックアップ・閲覧】LINEデータのバックアップとバックアップファイルのプレビューが無料で行える。
  • 【好みの形式でPCにエクスポート・保存】多様な形式でPCにエクスポート、保存できるし、すべてのメディア付けのデバイスに閲覧できる。保存するファイルはすべてメディア付けのデバイスで閲覧できる。

具体的なiPhoneからAndroidへLINEデータ引き継ぎする仕方は以下となります。

ステップ1:iTransor for LINEをパソコンにダウンロードして、デバイスをそれぞれパソコンに接続します。画面の左側にある「AndroidとiOSの間でLINEデータを転送」を選択して、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動します

ステップ2:転送元としてのデバイスを自動的に準備完了してから、転送先で古いバージョンのLINEをインストールします。インストールを有効化するために再起動する場合があるので、その時再接続を行ってください。

LINEで旧バージョンをインストール

ステップ3:メディアを含めて完全復元するために、デバイスで「データを復元する」をタップしてから、PCに「完了」をクリックして、「次へ」をクリックします。

デバイスに「データを復元」をタップ

ステップ4:転送先のデバイスで同じLINEアカウントにログインします。ログイン中にはバックアップを復元するかを聞かれる場合、「あとで」を選択します。

転送先のデバイスで同じLINEアカウントにログイン

ステップ5:こうするとiPhoneからAndroidデバイスへのLINEデータ転送が成功です。

iPhoneからAndroidデバイスへLINEデータ転送成功

この方法を利用すれば、一番簡単にiPhoneでのLINEトーク履歴をAndroidデバイスに移行します。

★ iTransor For LINE 相関レビュー

【iTransor for LINE】LINEのバックアップにオススメアプリ - by タイガジェ 様

iTransor for LINEレビュー!使い方・安全性・注意点を解説 - by 最高ソフト 様

方法2:トークごとで保存してから移行

LINEのトーク履歴ではトーク履歴をメールなどへ送信できます。

具体的な操作手順は以下となります。

ステップ1:LINEで送信したいトークルームを開いて、右上に縦並びの三つの線をタップします。

ステップ2:次の画面で「その他」をタップして、「トーク履歴を送信」を選択して、送信するアプリと人を選んで、送信完成です。

iPhoneでトーク履歴を送信

この方法を利用すれば、トークごとで送信するしかできないので、一気に大量のトーク履歴を保存したい場合はお勧めではないです。

Part3:LINEをiPhoneからAndroidへ移行する際注意すること

iPhoneからAndroidに移行する際に注意すべき点が3つあります。

1LINEアカウントを引き継ぎする前に設定すること

LINEが新端末で使い始める時、ログイン、データの転送などうまく行くために、まず旧端末でいくつかの設定が必要となります。

LINEのアカウントを設定する方法:(iPhone・Android併用)

ステップ1:LINEのホーム画面にある「設定」をタップして、アカウントをタップします。

ステップ2:アカウントの画面で電話番号、メールアドレス、パスワードを入力して、Facebookなど連携できるアプリを画面の指示通りで連携します。

LINEのアカウントを入力

ステップ3:最後に「アカウント引き継ぎ」をタップして、36時間以内にLINEの引き継ぎを実施しなければなりません。

LINEアカウントを引き継ぎ

2引き継ぎできないデータがある

iPhoneからAndroidに引き継ぎした場合、LINEでは引き継ぎできるデータとできないデータが存在します。

引き継ぎできるデータは下記の通りです。

  • 友だちリスト
  • グループ
  • プロフィール情報
  • ホーム画面
  • タイムラインの内容
  • 購入したスタンプ
  • 着せかえ情報
  • ノートの投稿
  • アルバムの投稿
  • Keepに保存したデータ
  • LINEポイント、LINE pay残高
  • 連動アプリの登録データ

購入したスタンプは移行した後に再ダウンロードすることで使用することができます。連動アプリについては引き継ぎできないものもあるので、LINEPLAYで確認してから移行を行なったほうがいいでしょう。

引き継ぎできないのは下記の通りです。

  • トーク履歴
  • トークの背景
  • 通知音
  • コイン残高

この4つはデータ移行することができません。

3 LINEコイン・ポイントの使い切れ

上記でも紹介しましたが、LINEコインやLINEポイントはデータ移行することができません。なので、LINEのデータ移行をする前にコインやポイントなどを使用してしまいましょう。

LINE残高、コインの使いきれ


まとめ

今回はiPhoneからAndroidにLINEのデータを引き継ぎする方法と注意点について紹介してきました。公式な方法では実現できないiPhoneからAndroidデバイスへのLINEトークを引き継ぎしたい場合、iTransor for LINEを使用すれば簡単に実現できます。今すぐ無料版で先にLINEをバックアップしましょう。

LINEトーク履歴をiPhoneからAndroidへデータ転送