LINEのトーク履歴の中で会話以外、また当時互いに送った写真、動画なども大切なデータとして、どこかで安全に保存したくて、どうしても失いたくない方が多くいます。ただし、作者の両親にも含めて多くの方が知らないかもしれないが、これら写真や動画はトーク履歴内の保存は無制限ではありません。

本記事ではLINEで受信した写真や動画の保存方法、また保存する時の注意すべきポイント、最後に万全なLINEトーク履歴を含めて、写真画像の保存する裏ワザを紹介します。

Part1:安全のために大切な写真を簡単にバックアップする方法

まずより操作しやすい、一気にすべての大事な写真、動画を含めてトーク履歴を保存してほしい、また長い間全然保存なんてしてなかったユーザーに対して、いちいち保存することはもちろん不可能です。できるだけ多くの大切なデータを保存するために、今の専門的なLINEデータをバックアップ、エクスポートできるツールをお勧めします。

まずLINE写真、動画をバックアップするチュートリアルビデオをご覧ください。

LINE写真、動画をバックアップする方法

iTransor for LINEの主な特徴:

  • 無料でLINEデータを簡単にバックアップできる。
  • バックアップした内容をプレビューできる。
  • 選択的にコンテンツをエクスポートできる。
  • エクスポートしたデータをPCに簡単にまとめて整理できる。

具体的な操作手順は以下となります:

ステップ1:iTransor for LINEをインストールして、起動します。デバイスをコンピューターに接続したうえ、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動する

ステップ2:「完了」ボタンが表示されるまでしばらく待ちます。

iTransor for LINEでバックアップ完了

最後に「完了」をクリックするだけで、バックアップ完成です。

バックアップしたデータを閲覧したい場合は左側のモデル2をクリックして、無料で行えます。具体的にはこちらのガイドページをご覧になってください。

Part2:LINEで受信した写真、動画をいちいち保存する方法

ことごとでLINEの受信した写真や動画の保存する方法は主に四つあります。保存先はされぞれLINEアプリ内ではキープに保存するか、ノートに保存するか、LINEアルバムに保存することができます。それ以外一番よく利用されるのは端末に保存する方法です。これからはこの四つの方法をそれぞれ紹介します。

1LINEでキープに保存する

LINEキープを利用すれば、時間と伴い保存期限を過ぎる恐れがなくなり、いつでもLINEキープの中に保存できます。ただしLINEキープでの容量は無制限ではなく、1GBまでキープすることができます。できるだけ大切な写真や動画をキープすることをお勧めします。

キープを利用する方法:

ステップ1:トークルームに入り、保存したい写真や動画を長押しします。

ステップ2:メニューから一番目の「Keep」をタップします。

ステップ3:最後に「保存」をタップすると、Keepに保存成功です。

LINEキープに保存する

キープした写真や動画はホーム画面の自分の名前の下にある小さい「Keep」アイコンをタップすると、確認できます。

Tips:

Keepでは写真動画を保存するだけではなく、リンク、テキスト、ファイル、スポットも保存できるので、よく利用されます。

2端末に保存する

端末に保存することは確実に保存したことを保証できる方法です。ただし、端末の容量も確実にかかるので、端末の容量に入る範囲内で保存しましょう。

端末で保存する手順:

ステップ1:保存したい写真や動画の詳細ページを開きます。

ステップ2:画面の右下隅に下に向いて矢印と横線を書いているアイコンをタップして、すぐ端末に保存できます。

LINE写真を端末に保存する

保存した写真や動画は端末のアルバムで確認できます。

3LINEノートに保存する

LINEキープ以外、LINEノートという機能もあります。ノートは簡単に言えば、ルーム内にいるユーザーしか見えない掲示板のような存在です。ノートに保存すると、古いメッセージは流しても、ノート内で確認できます。

LINEノートの具体的な使い方:

ステップ1:LINEキープと同じく選定した写真やテキストを長押しして、「ノート」をタップします。

ステップ2:次の画面で「ノート」を再びタップして、コメントを入れて、右上の「投稿」をタップすると、ノートに保存できます。

LINEノートに保存する

LINEノートの内容を確認するにはトークルームの右上にある三つの横線アイコンをタップして、「ノート」を選択します。すぐノートに投稿した内容を確認できます。投稿した内容はこれからトークルームに入るユーザー誰でも確認できます。

LINEノートに保存するデータを確認する

4LINEアルバムに保存する

最後に保存する方法はLINEのアルバムに保存する形です。アルバムはLINEノートと同じトークルーム内で共有できるものです。作成したアルバムは一つアルバムごと1000枚写真が保存できます。一つのトークルーム内で100個アルバムが作成できます。

LINEアルバムを利用する方法:

ステップ1:トークルームに写真を長押しして、表示されたメニューに「アルバム」をタップします。

ステップ2:「保存」をタップして、アルバムを作成するか、元のアルバムを選択します。

LINEアルバムに保存する

最後に作成をタップすると、アルバムに写真を保存完成です。

アルバムの写真を確認する方法はトークルームを開いて、LINEノートと同じ手順で右上にあるアイコンをタップします。次に「アルバム」をタップして、確認できます。

Part3:LINEで写真を保存する時注意すべきポイント

LINEデータを保存する方法を説明したうえ、これからは写真などの大切なデータを保存する時注意すべきポイントを紹介します。

1写真の保存期限

上記の文章にも説明したようで、トーク内の写真などは保存期限があります。いわゆる保存期限を過ぎた写真は見れなくなりますので、ご注意ください。ただし具体的に何日後で期限が切れることではなく、今LINEの公式サイトでも保存期限が公開してなかったです。

2画質が低くなる

LINEで写真を受信、送る時、もともとのサイズにしたいのに、データが圧縮して、ファイルの形式がJPEGの形になるので、ご注意ください。設定を行ってから、写真を送る場合はなんとなく画質を圧縮することを最小限にすることができます。

具体的な設定する手順:

ステップ1:LINEのホーム画面で「設定」を開き、「写真と動画」をタップします。

LINE送る写真の画質を上がる

ステップ2:次の画面で「送信する写真の画質」をタップして、高画質を選択します。

LINE送る写真の画質を上がる

LINEの写真を受信する前に、できるだけ相手にもこのような設定を行わせていただいたら、もらった写真の画質は設定しないより間違いなく良いです。

結論

LINEの写真、動画を保存する方法は以上の四つ+専門的なLINEトーク履歴をバックアップするツールのご利用があります。より簡単にLINEデータをバックアップして、永遠に保存する方法は操作しやすい専門的なLINEデータのバックアップするツール - iTransor for LINEのご利用をお勧めします。今無料でご利用できますので、ぜひ試してみてください!