皆さんご存じですか?iPhoneでは自動的に保存されている行動履歴機能があります。行動履歴では貴方のよく訪ねる場所を記録するだけではなく、その訪ねた場所の頻度も同時に記録されています。自分が知らないうちに位置情報と行動履歴を記録されているのが怖いだと思いませんか?

心配しないでください、今日はiPhoneで「利用頻度の高い場所」に記録されている行動履歴を確認、削除する方法を紹介します。また位置情報の行動履歴を偽装する方法も説明します。

iPhone位置情報の行動履歴を確認・オフにする方法

行動履歴を確認する方法はまず「利用頻度の高い場所」を探す必要があります。「利用頻度の高い場所」は「設定」の結構深いところまで隠しているので、知っている方はごく少ないです。

具体的な探し方法は:

ステップ1:「設定」を開き、「プライバシー」をタップします。

ステップ2:「プライバシー」の画面で「位置情報サービス」を選択して、一番下にスワイプして、「システムサービス」をタップします。

システムサービスを開く

ステップ3:次の画面でスワイプして、「利用頻度の高い場所」があります。それをタップして、パスワードかフェースIDでロック解除する必要があります。解除すると中身が確認できます。

利用頻度の高い場所 ロック解除

ここで、自分の通常いつも訪ねる場所は記録されているかどうかを確認できます。次にもし「利用頻度の高い場所」で記録することをオフにしたい場合は、続いて一緒に操作してください。

方法1:「利用頻度の高い場所」を開いて、一番上にあるスイッチを「オフ」にしたら、これから自分の行動履歴を記録されないようにします。

利用頻度の高い場所をオフにする

方法2:利用頻度の高い場所で記録された位置情報をすべて「プライバシー」の「位置情報サービス」を依頼していますので、一旦「位置情報サービス」のスイッチをオフにすると、完全に行動履歴が記録されないようになります。

位置情報サービスをオフにする

注意:

「利用頻度の高い場所」でも、「位置情報サービス」でもオフにした後で、完全に記録を削除することをイコールすることではありません。ただこれからは記録しないと意味します。今までの記録はわざわざ削除しないと完全削除できません。

Part2:iPhone位置情報の行動履歴を削除する方法

これからは今までの位置情報で行動履歴を削除する方法を共有します。削除する形は二つあります。全部削除すると部分的に削除するとのことです。仮に恋人や家族に見せたくない行動履歴を削除したい場合はすべて削除するとなんとなく怪しいと感じられるので、部分的に削除したほうがお勧めです。

2.1. 行動履歴をすべて削除する

まずは簡単の「利用頻度の高い場所」を一括削除する方法を紹介します。

具体的な手順は以下の通りです。

ステップ1:「設定」で「プライバシー」をタップして、「位置情報サービス」を選択します。

ステップ2:次の画面で下にスワイプして、「システムサービス」をタップして、「利用頻度の高い場所」を選択します。

ステップ3:「利用頻度の高い場所」画面で一番下にある「履歴を消去」をタップして、もう一度「履歴を消去」をタップすると、過去の行動履歴を完全に削除できるようになります。

行動履歴を一括削除

注意:

たまに削除できない場合があります。この時の対処法は文章を続いてお読みください。

2.2. 行動履歴を個別削除する方法

「利用頻度の高い場所」で行動履歴を部分的に削除する方法は全部削除するより少しややこしい部分があります。

具体的には:

ステップ1:文章2.1の指示通りで「利用頻度の高い場所」を開きます。

ステップ2:削除したい履歴を選択して、その地域でよく訪ねる場所はいくつかあります。右上「編集」をタップします。

行動履歴を一部削除

ステップ3:位置情報の左側に「-」があるはずです。削除したい位置情報の「-」をタップするとすぐ右側に「削除」が表示します。

ステップ4:「削除」をタップして、右上にある「完了」をタップすると、行動履歴を部分的に削除しました。

行動履歴を一部削除

2.3. 行動履歴を削除できない時の対処法

あるiPhoneは利用頻度の高い場所で行動履歴を削除することができないと表示されることがあります。

この場合の対処法についてまずApple IDを開いて確認してください、Apple IDの画面で一番下にスワイプして、「サインアウト」の色はもしグレーになる場合の解決法:

  • ステップ1:「設定」を開いて、「スクリーンタイム」をタップします。
  • ステップ2:「スクリーンタイム」で一番下にある「スクリーンタイムをオフにする」部分をタッチして、Apple IDをもう一度確認するとグレイではなく、タップできるようになります。

スクリーンタイムをオフにする

同時に位置情報の行動履歴を削除できるようになるはずです。

Part3:iPhone位置情報の行動履歴を偽装する裏ワザ

仮に恋人か家族は貴方の行動履歴を確認したい時、あまりにも見られない場所があります。この時、行動履歴を削除しても、その間にあるはずの行動履歴が消えたら、相手は怪しいと思う可能性があります。この時は位置偽装アプリiMyFone AnyToの出番になります。

AnyToの主な特徴は:

  • 簡単に、どこにでもワンクリックで位置情報偽装が可能
  • デバイスの移動ルートを好きなように設定できる
  • 偽装ルートの速度調整も可能
  • リアルな動きをしているように、いつでもストップすることも可能

具体的な手順は以下となります。

ステップ1:AnyToをコンピュータにインストールして開きます。「スタート」をクリックして、画面の指示通りでUSBケーブルで位置を変更したいiPhoneをPCに繋ぎます。

AnyToを起動する

ステップ2:AnyToの地図がポップアップで表示されます。右上隅の左から三番目の「テレポートモード」を選択します。マウスでスクロールしてピン止めするか、アドレスを左上の検索バーに入力して、ご希望の位置情報を検索します。

テレポートモードを選択する

ステップ3:位置情報を選択したら、テキストボックスの「移動」をクリックして、iPhoneのGPS位置情報を設定した目的地に変更します。

Tips

履歴から目的地を選択して必要に応じて再選択も可能になります。

結論

この記事ではiPhone位置情報の行動履歴を確認、削除する方法を解明しました。同時に位置偽装ツールも紹介しました。安全かつ簡単に皆さんの悩みを解決できるので、この位置情報を偽装するアプリのご利用を強くお勧めします。今すぐ試してみましょう(使う回数制限付き)!