概要:
最近、iPhoneの位置情報共有アプリに人気が集まっています。それを利用すると、家族や友達の位置と動きがリアルタイムで把握できるので、緊急時の安否確認や待ち合わせための順調な準備が便利なようになります。一方、これらのアプリのメリットを認めるユーザーであっても、ずっと自分の位置がバレていることに疲れるとか、相手ために特別なイベントを用意しているとか、各種の理由で位置情報を隠したい場合もきっとあるでしょう。こんな時、突然にアプリで位置共有を停止するのは怪しいのですぐ分かられるが、位置偽装ツールを使うことがお勧めします。

本記事では、iOSデバイスのおすすめの無料位置共有アプリを4つ挙げて紹介しますが、加えて位置偽装の方法も説明します。このようなアプリをもっとスマートに選択して活用したい人は、ぜひ最後までご覧ください!

パート1.位置共有アプリでできることは?

iPhoneの無料位置共有アプリを紹介する前に、まずはそんなアプリを利用してできることを見ておきましょう。主な使用シーンは以下の3つ挙げられます。

【合流準備】友達と待ち合わせる際に相手の位置をリアルタイムで把握できれば、それに合わせて出掛けるためのいろいろな準備がスムーズに進められます。特に複数の友達と合流する予定がある場合、全員の位置がマップで一目瞭然で、一人一人で位置確認する手間を省きます。

【安否確認】子供が通学路の中で何か危険を遭遇する恐れがあります。位置追跡できれば行動範囲や到着状態などが確認できるので、異常の有無がすぐに分かります。また、災害などの非常時も家族の安否が早速に確認できるので、安心で便利です。

【浮気防止】本来のGPSアプリの作られた目的を少し違えるが、カップルの間に使い方によって確かにこの効果が実現できます。もしパートナーの位置と動きから何か怪しい場所で滞在したことを見れば、早期に浮気発見や防止することが可能です。

パート2.iPhoneで無料位置共有アプリおすすめ4選

現在、iPhoneに適用する位置共有アプリが多くあり、単にスマホの現在地を表示するような簡単なものがあれば、チャットや遠隔操作など多様の機能が備わったものもあります。ユーザーは使用対象と使用目的に応じて選択すればいいです。今回はそのうちの無料で人気ある4つを紹介します。

1Zenly(ゼンリー)

ゼンリーの起動画面

「Zenly」はユーザーに友達や家族などの大切な人とより多くの時間を過ごせるために開発された地図アプリです。基本的な位置共有機能だけではなく、チャットやスタンプなど友達同士と遊べる一連のものも付けています。具体的な操作手順は以下の通りです。

ステップ1 :アプリストアで「Zenly」をダウンロードして、説明に従って名前や電話番号など基礎設定をします。

ステップ2 :アプリホーム画面の左下にある一つ目のアイコンをタップして、任意の追加方法で友達を追加します。

ゼンリーで友達を追加する

ステップ3 :「問題ありません」と表示されば、成功に友達として追加されました。そして、アプリホーム画面に戻ると、地図で自分と友達のアイコン、位置が示しています。

ゼンリーの位置画面

メリット:

  • 友達とチャットでき、位置移動を見ながら簡単にコミュニケーションがとれます。
  • スマホのバッテリー残量が表示され、連絡がつかない時も状況が分かります。
  • そばにいる友達とお互いのスマホを軽くぶつけてバンプすれば、「一緒に遊んでいる」ことを共通の友達に知らせることができ、趣味性が高いです。
  • ゴーストモードで位置情報を「あいまい」や「フリーズ」に設定でき、プライバシーを守るのは可能です。

2Life 360

Life 360の起動画面

「Life 360」は子供や家族の安否確認を主要な目的とするアプリです。位置情報共有とチャット機能が備え付けられているほかに緊急通知システムもあるが、危険を遭遇する時すぐに発信してメンバーに連絡できます。基本的な使い方は次のようです。

ステップ1 :「Life 360」をインストールした後、電話番号やパスワードなどの情報を入力して、アカウントを作成します。

ステップ2 :「サークルを作成する」を選び、6桁の「招待コード」を口頭、メッセージなどで相手に伝えてください。サークルが作成されたら、マップで各自の位置情報が確認できます。

Life 360の招待画面

ステップ3 :「通知エリア」ページで、特定の場所が追加できます。今後メンバーがその場所に到着したり、離れたりすることが自動的に通知されます。

Life 360の場所追加画面

メリット:

  • チャットでき、スマホのバッテリー残量と行動履歴が表示されるので便利です。
  • 通知エリアを設定することや、ワンクリックでアラートを送信することができ、身を守る方法が全面的です。
  • 招待コードのみでサークルが作れるが、複雑な操作は要りません。

3ココイル

ココイルの起動画面

「ココイル」はかわいいアバターを作って相手と居場所を共有するアプリです。メッセージを送信する機能があるので、待ち合わせ際にいつも自分の動きを報告できます。また、作られたサークルは12時間で自動的に消滅され、一時的に位置情報共有したい場合に適します。ここで自分のアバターとサークルを作る方法を紹介します。

ステップ1 :「ココイル」を開き、「サークルをつくる」をタップして、カラーを三色から選択すれば自動的に番号が割り当てられます。そしてパスワードを設定すればサークルが作成完了です。後に他の仲間がそのサークルに入る時、カラーと番号、そしてパスワードを順次に入力すれば参加できます。

ココイルのサークル参加画面

ステップ2 :左上にあるメニューのアイコンをタップして、「名前・アバター設定」を選ぶと、提供されたアバターから自分の好きなものが選定できます。画面の下にある窓で、定型文または自由の文字を入力したら、状態が報告できます。

ココイルでのアバター設定

メリット:

  • メールアドレスや生年月日などの情報を求めなく、基礎設定は簡単です。
  • かわいいアバターの移動する様子が表示され、現実感が強いです。
  • サークルは期間限定ですが、いつも監視されることに嫌い人やプライバシーを重視する人にふさわしいです。

4探す

「探す」はiOS 14以前のバージョンの「友達を探す」と「iPhoneを探す」を合併して、iPhoneに標準搭載されているGPS情報アプリです。iPhone同士であれば、別に他のアプリをダウンロードしなくても位置情報を共有することができます。利用ガイドは以下で参考にしてみましょう。

ステップ1 :「探す」アプリを開き、左下にある「人を探す」を選んで、「位置情報の共有を開始」をタップします。その後、共有したい人のメールアドレスまたは電話番号を入力して送信を押し、共有の時間期限を選定します。登録した友達のリストで個々の位置がマップで確認できます。

探すの位置共有画面

ステップ2 :名前をタップして、吹き出し画面の「通知」を選択すれば、相手が特定の場所を出発または到着した場合に通知が受信できます。

探すの通知設定画面

メリット:

  • iPhone同士の間に簡単に利用でき、サードパーティーのアプリは要らないでスマホの容量を心配しなくてもいいです。
Note
上記の4つの位置情報共有アプリともユーザー両方の利用同意を前提としなければなりません。勝手に相手の携帯にアプリをダウンロードすることはプライバシー侵害という違法行為になる恐れがあるが、気をつけてください。

位置情報を偽装・変更する方法

いくら家族や友達、カップルだからといって、四六時中自分の位置情報を知られていることに疲れと感じる人も多いはずです。偶にも自分のプライバシーを守りたいでしょう。

こんな時、アプリで共有停止や位置フリーズを設定すれば、相手が通知されるのですぐに察しますが、感情を傷つける恐れがあります。こういう場合に備えて、今回は位置偽装ソフト、「iMyFone AnyTo」をおすすめしたいです。このツールはたった3ステップでスマホの位置とルートを自由に設置でき、脱獄しなくても利用可能でとても便利です。

これは位置情報を偽装する動画マニュアルです。

YouTube Video

ステップ1 : AnyToをインストールして「スタート」を選択すると、アプリが起動します。その後、画面の指示に従ってUSBケーブルでiPhoneをパソコンに接続してください。

AnyToを起動する

ステップ2 :地図が無事に読み込まれたら、右上にある「瞬間移動モード」(三つ目)をクリックします。そしてマウスのスクロールで地図を拡大・縮小して目的地が選択できます。また、左上の窓で直接的に住所情報を入力して検索してもいいです。

ツースポットモードを選択する

ステップ3:目的地を選定すると、地名や距離等が表示されます。その後「移動」をクリックすればiPhoneの位置情報が変更完了します。

ツースポットモードで移動する

最後に

iPhoneの位置情報共有アプリは多様なシーンで使えるが、私たちの生活に利便性をもたらします。数多くのアプリは様々な機能を持っているが、自分の利用目的に合わせて好きなものを探すことがおすすめです。また、これらのアプリで位置情報暴露に関する悩みがある人は、「iMyFone AnyTo」を利用してみてください!