「どうやってスマホの位置情報を消すんだろう?」

これは多くの人々が最近抱えている疑問でしょう。ハッカーや第三者機関のアプリにより、スマホのプライバシーは危機に晒されています。実に多くの方法によりお使いのスマホの位置情報は追跡されることがあります。自分のプライバシーを守るため、迅速な対処が必要です。もしスマホが追跡されているかもしれないので位置情報の追跡を防ぎたいのなら、この記事はまさにあなたが求めているものでしょう。

パート1.追跡を防ぐためにスマホの電源を切ることは有効か?

この質問に答えるためには、まずどのようにしてテクノロジーが働いているかを知らなければなりません。スマホを追跡するためには、スマホは信号を送受信できる状態になければなりません。スマホの場所を特定するには、ネットワークを利用した技術、端末を利用した技術、Wi-Fiなど、いくつかの方法があります。GPSやWi-Fiなど、ワイヤレスの信号を利用して、スマホはGPSの基地局から追跡されるおそれがあります。

つまり、もしスマホに送受信されている信号をブロックしたり干渉すれば、追跡はされません。つまり、スマホの電源を切ることは最も手早く簡単な方法には違いありません。もしスマホをスパイされたくなければ、電源を切ってしまえばプライバシーは守られるのです。

パート2.どうやってスマホの位置情報追跡を停止するのか?

上に記した通り、スマホの電源を切ってしまえばいいのですが、いつも電源を切っておくわけにもいきません。そこで、電源を切らずに位置情報の追跡からプライバシーを守る効果的な方法をご紹介しましょう。

1スマホのGPSをオフにする

位置情報追跡をオフにするために、スマホの位置情報サービスを無効にします。以下の手順でスマホの位置情報をオフにできます。

iPhoneの位置情報追跡をオフにする方法

ステップ1.「設定」を開き、画面をスクロールして「プライバシー」を選択します。

ステップ2.「位置情報サービス」をタップして、「位置情報サービス」オプションに切り替えます。

ステップ3.「オフにする」をタップすれば全てのアプリの位置情報サービスを停止します。

iPhoneのGPSをオフにする

これでお使いのiPhoneの位置情報サービスをオフにすることができました。

さらに、特定のアプリだけ位置情報サービスをオフにすることもできます。

ステップ1.「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」の順にタップして、位置情報サービスがオンになっていることを確認します。

ステップ2.下にスクロールして位置情報をオフにしたいアプリをタップし、「なし」、「次回確認」、「このAppの使用中のみ許可」という選択肢があるので、「なし」を選択すると、指定したアプリの位置情報サービスを完全にオフにすることができます。

アプリの位置情報サービスを禁止する

Androidスマホの位置情報追跡をオフにする方法

Androidのスマホの位置情報サービスを無効にするには、以下の手順に従います。

「設定」画面を開き、スクロールして「位置情報」を選択します。「位置情報」のスライダーを灰色にしてオフにします。

以上で、お手持ちのAndroidの位置情報をオフに出来ました。これで誰にも追跡されることはありません。

2位置情報を偽装して位置追跡を防ぐ

二つ目の方法は、位置情報偽装アプリを利用して偽の位置情報を使う方法です。 位置情報偽装アプリのおかげで、位置情報を追跡しようとしている誰かから身を隠すことが出来ます。iOSやAndroidで使える、素晴らしいアプリをいくつか紹介します。

① iMyFone AnyToを使って位置情報追跡を防ぐ

iOSユーザーにとって、「iMyFone AnyTo」は最良の手段です。このアプリはお手持ちのiPhone、iPadやiPod touchの位置情報を変更することができ、特定の地域を対象としたサービスや位置情報を基にしたアプリからの追跡から、プライバシーを守ることが出来ます。 更には、AnyToはお使いのデバイスが自然かつ柔軟に動いているように設定することも可能で、移動速度や方向、停止まで好きなように調節できるのです。

AnyTo iPad位置情報変更

DL数1,000,000回突破

iMyFone AnyToの素晴らしい機能:

  • 簡単に、すぐに、どこにでもワンクリックで位置情報偽装が可能

  • デバイスの移動ルートを好きなように設定できる

  • 偽装ルートの速度調整も可能

  • リアルな動きをしているように、いつでもストップすることも可能

  • 履歴から目的地を選択して必要に応じて再選択も可能

無料で試す無料で試す

位置情報偽装を利用して追跡を防ぐ手順を紹介します。

ステップ1.iMyFone AnyToをお使いのパソコンにダウンロードし、インストールして、「起動する」を選択します。そして、USBケーブルでお手持ちのiPhoneをパソコンに繋ぎ、「スタート」をクリックします。

AnyToを起動する

ステップ2.地図がポップアップで表示されます。右上の角の「テレポートモード」(三つ目の項目)を選択します。マウスでスクロールしてピン止めするか、アドレスを左上の角の検索バーに入力して、ご希望の位置情報を検索します。

テレポートモードを選択する

ステップ3.位置情報を選択したら、サイドバーがポップアップで表示されるので、「移動」をクリックして、iPhoneのGPS位置情報を変更します。

iPhoneの位置を変更する

これで、所在地の位置情報が地図上とiPhoneで同じ変更後の位置情報に変更されました。

以上です。これでお手持ちのiPhoneの位置情報追跡を防ぐことが出来ました。下部の「無料お試し」をクリックし、iPhoneの位置情報追跡から逃れましょう。

無料で試す無料で試す

iPhoneで位置追跡を停止するビデオチュートリアルを見ましょう。


② Fake GPS locationを利用してAndroidの追跡を防ぐ

Androidユーザーには、Fake GPS locationというアプリがあります。偽の位置情報を使えば、簡単な手順でお手持ちのAndroidのスマホを地球上どこでも好きなところにテレポートできます。ここでFake GPS locationを使ってお手持ちのスマホの位置情報追跡を防ぐ方法を紹介します。

ステップ1.GoogleのPlay StoreからFake GPS locationをダウンロードしインストールします。

ステップ2.「設定」>「開発者向けオプション」の順にタップして、下にスクロールして、「位置情報偽装」を選択し、「Fake GPS」を選びます。

ステップ3.アプリを起動します。希望の位置にピンを立て、「再生」ボタンをクリックすると、位置情報が変更されます。

Androidの位置情報を変更する

③ プライバシーブラウザを用いて追跡を防ぐ

もし単純な検索エンジンを使っているとすると、クリックごとにあなたについての情報は無防備に晒されています。この個人的な情報は検索エンジンの為だけではなく、あなたがクリックする全ての検索結果のページの為にも使われます。ここで疑問が浮かびます。スマホでブラウザを利用するときに、追跡を防ぐよい方法はあるのでしょうか?

もちろんあります。最もよい方法はプライバシーブラウザを利用することです。プライバシーブラウザによって、ネットを利用中に追跡されることを防ぐことが出来ます。ここでDuckDuckGoという最適なプライバシーブラウザを紹介します。

DuckDuckGo

DuckDuckGoは、iOSやAndroidユーザーの検索結果漏洩からユーザーを直接的に保護するプライバシーブラウザです。クリックをリダイレクトすることによりWebサイトはどんな検索状況であなたがアクセスしてきたのかを知ることが出来ません。安全性のために暗号化を用いており、検索結果でもエンコード化されたバージョンを表示します。DuckDuckGoを使うことにより、個人情報に関して完全にコントロールを得ることができ、誰かに追跡される心配もなくなります。

最後に

上記の方法が、AndroidやiOSデバイスの位置情報追跡を防ぐことの助けになれれば幸いです。もしプライバシーが心配なら、これらの手順に従って自分の位置情報データを追跡から守りましょう。

無料で試す無料で試す