日常生活で脱獄せずにiPhoneのGPS位置を偽装したい場合があります。ただし、多くの人はまだ位置を変更することが非常に高い技術が必要と考えています。本記事では、こういう悩みを解決できる六つの難しい技術必要なし、簡単に位置情報を偽装できるソフトを紹介します。

Part 1:コンピュータで位置偽装ソフト4選

GPS位置を偽装する必要がある状況はすでに分かるはずです。次に、簡単にコンピュータでiPhoneの位置を変更できる4つの簡単な方法を紹介します。

脱獄せずにGPS位置情報を偽装するーiMyFone AnyTo

Appleシステムはセキュリティが高く複雑であるため、iPhoneでGPS位置情報を偽装することは困難です。ただし、サードパーティのプログラム-iMyFone AnyToを使用することは、脱獄せずに場所を変更するための最も簡単で簡単な方法です。最新のiOS 14を含め、iOSのバージョンに関係なく、AnyToはiPhone / iPadを完全にサポートします。誰でも手間をかけずにiPhoneでなりすましの場所を楽しむことができます。

AnyToの主な特徴:

  • 脱獄せずにGPSを偽装できる: GPSデータを要求するアプリは、ソフトウェアで設定した場所にいると信じます。また、携帯電話をブリックしたり、疑わしいパッケージをインストールしたりすることを心配する必要はありません。
  • カスタマイズされた速度で動きをシミュレートする:ポケモンGOのように歩く必要のあるゲームの場合は、移動速度を設定してルートを計画ができます。つまり、ポケモンゴーを獲得したいとき、外に出て歩く必要はありません。

脱獄せずにGPS位置情報を偽装するビデオチュートリアルを見てください

YouTube Video

具体的な手順は以下の通りです。

ステップ1:AnyToをダウンロードして起動し、「スタート」をタップします。USB経由でiPhoneまたはiPadをパソコンに接続します。

AnyToを起動する

ステップ2:iPhoneで表示される「このコンピュータを信頼しますか」のところで「信頼」を選択してください。

PCを信頼する

ステップ3:iMyFoneマップがロードされたら、右上隅(左から3番目)のテレポートアイコンをクリックします。そして、左上の検索ボックスで行きたい場所を入力します。そうすると、住所、座標、距離などの情報を表示します。

位置情報を変更する

ステップ4:最後に「移動」をタップするとGPS位置は指定した場所に移動することができます。

目的地へ移動する

iPhoneをだまして、自分が世界のどこかにいると思わせるのは、iMyFone AnyToを使えば簡単です。さらに、すべてのSNSで仮想ロケーションを友達と共有することもできます。かっこいいですか?今すぐ無料でお試しください!(試用版では使用回数制限があるので、ご注意ください。)

iTools

iPhoneのGPS位置を偽装するもう一つのソフトは、ThinkSkyによって開発されたiToolsです。このアプリのメリットは、最初の24時間は無料です。またiOS 12以前のバージョンで使えます。

以下は、脱獄せずにGPS位置iPhoneを偽装する方法の手順です。

ステップ1:コンピューターにiToolsをダウンロードしてインストールします(MacとWindows PCの両方で動作します)。

目的地へ移動する

ステップ2:iPhoneのロックを解除し、コンピューターに接続します。

PCと接続する

ステップ3:ツールボックス画面に移動し、「仮想ロケーション」オプションを選択します。

ステップ4:マップのテキストボックスに目的地を入力し、「Enter」キーを押します。

PCと接続する

ステップ5:「ここに移動」を選択してiPhoneを新しい場所にテレポートします。

Tips:

注意する必要のはiToolsを終了しても、偽装のGPSシミュレーションをそのまま維持できます。実際の場所に戻りたい場合は「シミュレーションの停止」を選択します。

iSpoofer

iSpooferも位置を偽装できるアプリです。ただし、こちらのアプリを利用する場合、最初にMacまたはWindowsのコンピュータが必要です。

手順は以下の通りです。

ステップ1:パソコンにAltStoreサーバー、Windows用iCloud、AltServerパッチャーをそれぞれダウンロードしてインストールします。

iSpooferをダウンロードする

ステップ2:ユーティリティのドロップダウンリストからカスタムのIPAリンクを選んでインストールする。そして、下記のiSpoofer IPAリンクをIPA URLにコピーします。

http://dl-dist.ispoofer.com/pmgo/isp-0.163.4v.ipa

ステップ3:パッチをタップします。AltStoreサーバーデスクトップアプリを実行します。 その後、インストールAltStoreでデバイス名をクリックします。

インストールAltStoreでデバイス名をクリックする

ステップ4:Apple IDを入力した後、「設定」>「一般」>「デバイス管理」から「信頼」をタップします。

これでiSpooferを開き、位置偽装をできるようになります。

dr.fone

dr.foneはiOSデバイスとAndroidデバイスに対応しているデータバックアップと復元のソフトです。各機能それぞれダウンロード・利用・購入することができます。GPS変更の新機能がリリースしました。2時間の試用版があります。

操作方法は以下になります。

ステップ1:dr.foneをインストールして、開きます。

dr.foneをインストール

ステップ2:iPhoneをPCと接続して、GPS変更をタップして、右上の「テレポート」をクリックして、左上に目的地を入力し、「Go」をクリックします。

ステップ3:これで目的地に移動できるようになりました。

Part 2:iPhoneで位置偽装アプリ2選

ここからはiPhoneだけご利用して位置情報を変更できるアプリを紹介します。

Poke Go++

PokeGO++もゲーム内の位置偽装ソフトとして、よく知られています。ユーザーフレンドリー、機能が幅広くあって人気でした。ただ現在は法律などの関係で、一度配布することを停止しました。将来のいつかまた使えるかもしれませんので、ここで操作手順を紹介します。

主な特徴は:

  • ゲーム内の位置のみ影響を与える
  • ゲーム内のテレポーテーションは有効となります

具体的な手順は以下の通りです。

ステップ1:「ポケモンGo++」をアンインストールします。

ステップ2:iPhoneまたはiPadでBuildStoreを開き、PokeGo ++をインストールして、ポケモンGOで既存のアカウントにサインインします。

pokego++をインストール

ステップ3:マップ画面で「設定」をクリックし、偽装タブにアクセスし、偽の位置情報を有効にします。

ステップ4:適切なタイムラインを選択し、スポットを保存します。

pokego++を設定する

上記の設定を通じて、体を動かず、ゲーム内でも動いているように見えます。

Location Faker

Location FakerkはCydiaが開発されたGPS位置偽装アプリです。こちらは脱獄しないと利用できないです。もしすでに脱獄したら、Location Fakerは簡単に操作しやすアプリです。具体的な手順は以下の通りです。

ステップ1:CydiaからLocation Fakerkをダウンロードします。

ステップ2:Location Fakerkを開いて、テキストボックスに移動したい目的地を入力します。

ステップ3:入力したら、左下隅のスイッチを「オン」になります。

LocationFakerkを設定する

ステップ4:次に右下隅の「I」をタップして、位置偽装したいアプリを選択して、「完成」を選択します。

LocationFakerkを設定する

Tips:

脱獄したiPhoneをは保修範囲から外しますので、お気になる方はやはりiMyFone AnyToをお勧めします。

結論

本記事では位置情報を偽装できるソフトトップ6を紹介しました。iMyFone AnyToを気を付けて使えば、位置情報の偽装がバレて利用禁止されることが十分回避できます。今すぐ位置情報を変更し、家に世界旅行を楽しめましょう!