概要:
シークレットモードで閲覧する主なポイントは、アクセスしたサイトの履歴やデータが保存されるのを避けることですが、シークレットモードになる時、アクセス履歴やその他のデータを見つけたい場合はどうすれば良いのでしょうか。実は、他人に共有する意図のなかったデータも含めて、デバイス上のデータを復元する方法はもちろんあります。本記事はそのシークレットモードの下に閲覧履歴などのデータを復元する解決策を提出します。同時にプロなデータ復元ツールを紹介します。

シークレットモードに入る時も含めてデバイス上のデータをバックアップしておけば、バックアップを復元するだけでデータの復元が可能です。しかし、バックアップから復元するには不足点があるのも確かで、主なのはデバイス上の新しいデータが完全に失われる可能性があるとのことです。そこで本記事では、バックアップから復元する方法ではなく、シークレット履歴の別の復元する方法があるかないかっと疑問を持っている貴方に解決策をご用意しました。

方法1:iPhoneをスキャンしてシークレット履歴を復元

iPhoneから自分のシークレット履歴をゲットする一番簡単な方法は、データ復元ツールを使ってiPhoneをスキャンし、デバイスの履歴を探し出すことです。しかし、どんなデータ復元ツールでもこれが出来るわけではありません。特に優れたツールの一つはiMyFone D-Backです。このツールをお勧めする理由はデータを失う恐れなく、様々な種類のデータをごく短時間で復元するのに使えるからです。主な特徴は以下となります。

  • デバイスから簡単に復元できることで、加えてバックアップのないデータでも復元可能です。
  • D-Backを使用すればiTunesやiCloudのバックアップファイルからデータを抽出することもできます。
  • 公式方法より自由、バックアップからシークレットモードの履歴だけを復元することができます。
  • バックアップデータを戻しても、iPadの既存データへの上書きする恐れが一切ありません。

今すぐ無料版をダウンロードして試してみましょう!

バックアップなしでiPhoneから直接シークレット履歴を復元する

データ復元ツールを使ってiPhone上に見当たらないデータをスキャンするには、プログラムをダウンロードしてパソコンにインストールし、以下の手順に従ってください。

詳細の手順は以下となります。

ステップ1:メイン画面から「iOSデバイスからリカバリーする」を選択し、「開始」をクリックします。次に、復元されたいiPhoneをパソコンにつなぎ、D-Backがデバイスを認識するまで待ちます。 そして「次へ」をクリックしてください。

iphone データ復元

ステップ2:回復したいファイルの種類一覧表で、復元したいデータの種類を選びます。すべてのデータを復元したい場合は、「すべて選択」にチェックが入れるだけでいいです。そして 「スキャン」をクリックして続行します。

シークレットモード 履歴

ステップ3:スキャンが完了したら、結果一覧表から復元したいファイルを選んで「リカバリー」をクリックし、PCに保存します。(「削除されたファイルのみ表示」をクリックすれば結果を絞ることができます。)

シークレットモード 履歴 復元

見つからないシークレットモード履歴をiTunesバックアップから取り出す

iTunesのバックアップはありますが、公式の方法でデバイスを初期化せざるを得なくなります。そこで、以下の方法を紹介します。下に書いている手順に従ってください。

ステップ1:メイン画面で「iTunesバックアップからリカバリーする」を選択し、「開始」をクリックします。次の画面のバックアップ一覧から最も関連性の高いバックアップファイルを選び、「次へ」をクリックしてください。

ステップ2:復元したいデータの種類を選び、「スキャン」をクリックします。

復元したいデータをスキャン

ステップ3:最後に、結果のページから復元したいファイルを選んで「復元」をクリックし、パソコンに保存します。

itunes データ復元

これでシークレットモード履歴をiTunesバックアップから簡単に復元できます。

見つからないシークレット履歴をiCloudバックアップから取り出す

iCloudバックアップから復元するためにデバイスの全データ・設定を消去したくはない場合、このオプションが必見です。

ステップ1:「iCloudから回復する」を選び、「開始」をクリックします。 iCloudバックアップファイルにアクセスするために、iCloudにサインインします。

ステップ2:次のウィンドウで、削除されたメッセージを含むiCloudバックアップファイルを選択します。「次へ」をクリックしてから、メッセージを選択して「スキャン」をクリックします。

itunes データ復元

ステップ3:スキャンが完了すると、結果はすべてインターフェースに表示されます。復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックします。

ステップ4:パソコン上の保存場所を選択してください。その後、復元したデータをデバイスに転送して戻すことができます。

方法2:iPhone自体の設定から確認

シークレット履歴の一部がiPhoneの設定で見つかる可能性があります。お金のかからないこの方法は以下の手順になります。

ステップ1:iPhoneで設定を開き、「Safari」をタップします。

ステップ2:ページの一番下までスクロールして、「詳細」をタップします。

ステップ3:次に「Webサイトデータ」をタップすると、削除された履歴の一部が表示されるはずです。

Safari履歴確認


最後に

以上は自分のiPhoneでシークレットモード履歴を復元する方法です。一番おすすめなのはより操作しやすい、上書きされる恐れがないiMyFoneデータ復元ツールをぜひ試してください。上記の方法で皆さんの役に立てば幸いです。