大切なiPhoneをなくしてしまったら、何よりも早くデータを保護しなくてはなりません。なくしてしまったiPhoneが見つからなくても、データさえ守っておけば、パソコンや新しいiPhoneにデータを復元することが可能です。

この記事では、iPhoneをなくしてしまったときにデータをロックする方法とソフトを利用してiCloudからデータを復元する方法をご紹介しています。また、iPhone内のデータを遠隔操作で消去する方法もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Step 1. iPhoneをなくしたらデータをロック

iPhoneをなくしてしまったら、まずやらなければならないのが、悪意のある人間に拾われてしまったときのための対処です。すなわち、iPhoneにロックをかけます。

ただし、以下のような前提条件があります。まだこれらを設定していない人は設定しておきましょう。

  • 「iPhoneを探す」機能がON
  • iPhoneの位置情報サービスがON
  • ネットワークに接続されている

そして、リモートでiPhoneにロックをかける手順は以下のとおりです。

ステップ1. パソコンでiCloudにサインインして、「iPhoneを探す」をクリックします。

iCloudでiPhoneを探すを選定

ステップ2. マップでiPhoneの場所がアイコン表示されるので、そのアイコンとiのマークをクリック、続いて「紛失モード」をクリックします。

紛失モードの設定

ステップ3. iPhoneにパスコードを設定している場合はコードを2回、さらに連絡してほしい電話番号を入力して、「完了」をクリックします。

これでなくしてしまったiPhoneはロックされます。

Step 2. iPhoneをなくしたらデータを復元

なくしてしまったiPhoneの中には重要な個人情報が含まれているはずです。ビジネスの命綱になるアドレス帳やメールのデータなども漏れてしまったり、失われてしまったりしたら大変です。

でも、それほど心配はいりません。iPhoneをなくしてしまっても、パソコンと「iMyFone D-Back」があればデータは復元できます。

D-Backの優れた機能

D-back iPhoneデータ復元

800万以上のダウンロード

  • スマートモードがあり、データ復元原理を知らない方でも簡単にワンクリックで失われたデータを回復できます。
  • 上書きがないでデバイス内の既存データに一切影響なく、データを見ながら一括または選択して自由に復元できます。
  • 写真やビデオメッセージLINEメモなど、18種類以上のデータを復元、または抽出できます。
  • 最新の iOS 15 とすべての iPhone / iPad / iPod touch(iPhone 13 / mini / Pro / Pro Maxを含む)をサポートします。

iCloudアカウントから直接データを復元

iCloudアカウントとパスワードがあれば、iPhoneをなくした時に、D-BackでワンクリックだけでiCloudに保存したデータを手に入れることができます。

この方法で復元できるデータ種類

連絡先、カレンダー、写真、メモ、リマインダー、探す、iCloud Drive、Pages、Numbers、Keynote

具体的な操作は以下の通りです。

ステップ1. パソコンでD-Backを開き「iCloudから回復する」を選択し、左の「iCloud」をクリックして、アカウントにサインインします。

iCloudアカウント復元を選定

ステップ2. 復元するデータの種類を選び「スキャン」をクリックして、iCloudに保存したデータをスキャンし始めます。

データ種類の選定とスキャン

ステップ3. すると、詳しいデータがプレビュー画面として表示されます。必要なものにチェックを入れて「リカバリーする」をクリックすると、選択したデータがパソコンに保存されます。

データをリカバリーする

iCloudバックアップから復元してデータを閲覧

2.1.で紹介した方法で復元できるデータ種類に限りがあるが、大切のトーク履歴やメッセージなどは復元できません。紛失したiPhoneからより多くのデータを復元したい方に、以下のiCloudバックアップからデータを復元する方法をおすすめします。

この方法で復元できるデータ種類

メッセージ、通話履歴、連絡先、写真、動画、アプリ(WhasApp、LINE、Kikなど)のトーク履歴と添付ファイル、メモ、ボイスメモ、サファリの気に入りと履歴、カレンダー、リマインダー

※この方法は、なくしてしまったiPhoneとは別のiPhoneを用意することが必要です。

以下の手順に従ってデータを復元してみましょう。

ステップ1. 作業を始める前にiPhoneの完全なバックアップをとります。その後、D-Backを立ち上げたらiPhoneとパソコンをUSBで接続します。

ステップ2. 「iCloudから回復する」をクリックし、右の「iCloudバックアップ」を選定して復元作業用のデバイスの状態を選択します。

デバイスの使用状態を選定

ステップ3. 画面の指示に従って、デバイスで初期設定とiCloudバックアップ復元を行います。(Apple IDとパスワードが必要です)。

ステップ4. すると、ソフトのインターフェースで復元できるデータ種類が表示されます。そのうち、復元したいファイル種類を選定して「スキャン」をクリックします。

データ種類の選定とスキャン

ステップ5. しばらくするとなくしたiPhoneのデータがソフトで表示されます。プレビューしながら保存したいデータを選んで「リカバリーする」をクリックします。

データをリカバリーする

以上の作業で紛失したiPhoneからiCloud公式サイトより多くの種類のデータを手に入れることができます。

Step 3. iPhoneをなくしたらデータを消去

なくしてしまったiPhoneのデータは、そのままにしてしまうと悪用される可能性があります。そのため、データを手に入れた後、端末内のデータをモートで消去した方がいいです。

紛失したiPhoneのデータを消去する手順は以下のとおりです。

ステップ1. パソコンでiCloud.comを開き、サインインしてください。そして、「iPhoneを探す」をクリックします。

ステップ2. 「すべてのデバイス」からデータを消去したいiPhoneを探して選定し、マップ上にiPhoneが表示されたら「iPhoneの消去」をクリックします。

iCloudでiPhoneの消去を選定

ステップ3. 「このiPhoneを消去?」の警告画面が表示されます。「消去」をクリックするとなくしてしまったiPhoneのデータは消去されます。

Tips:

データをロックする際と同様の条件がそろっていないと、リモートにてiPhoneのデータを消去することはできないが、ご注意くださいね。


終わりに

iPhoneをなくしてしまった場合、何よりも先に端末をロックして、データを悪意を持った人間からガードしましょう。もしも、そのままiPhoneが見つからなかったとしても、「iMyFone D-Back」があるので、iCloud上に保存された画像や動画、アドレス帳データなどは、プレビュー画面で選択しながら復元できます。最新のiOS 15にも対応しているリカバリーソフトウェア「iMyFone D-Back」を、ぜひ体験してみてください。