iPhoneを使用していて最近充電が遅いと感じたことはないでしょうか?

出先などでは充電がなくなりそうになると困りますし、ケーブルを使用出来ないと不便を感じることもあるかもしれません。

本記事では充電の遅いiPhoneを改善するポイントや解決策などについてご紹介していきます。

iPhone 充電 遅い

Part 1.iPhoneの充電にかかる時間は?

iPhoneの充電時間は完全にバッテリーが0だと仮定すると、およそ3時間ほどで満タンになるように設計されています。最近のiPhoneは過充電対策をしているため、97%になると充電の速度を制限して、適切な電量を送るように設定されています。

そのため、4時間またはそれ以上がかかってもiPhoneの電量はあまり増えない場合、充電は遅すぎると考えられます。引き続き読んで修正してみてください。

ただし、30分くらい経った後に電量は0%から100%になるように、逆に早く充電できすぎているという場合には、バッテリーが劣化したことも考えられます。ご注意くださいね。

Part 2.iPhone充電が遅い時に修正すべきこと

では、iPhoneの充電が遅いと感じた場合どのような対処方法があるのかをご紹介していきます。

1別の正規品の充電ケーブルを使用

iPhoneの充電ケーブルは電化製品店などでも汎用品が販売されていますが、その中で電気の出力が弱いものもあります。それを使えば、iPhoneの充電は遅くなりました。そのため、iPhoneの充電を正常にしたければ、基本的には正規品を使用することが大切です。

また、長期間使用したケーブルは劣化しているケースもあるため、定期的に正規品のケーブルを新しくしてみることも検討しましょう。

2iPhoneを強制再起動

充電ケーブルの問題の他、iPhoneの動作自体が不安定になっていることも充電が遅い要因の一つです。こういう場合には、端末を強制的に再起動をすることで、不具合の70%ほどは改善できます。

iPhoneを強制再起動する方法

iPhone 6以前:スリープボタンとホームボタンを同時に、Appleロゴが表示されるまで長押しします。

iPhone 7シリーズ:スリープボタンと音量を下げるボタンを同時に長押しします。

iPhone 8~14:音量ボタン(上)を押してすぐに放し、音量ボタン(下)を押してすぐに放します。後は電源ボタン(サイドボタン)をAppleロゴが出るまで長押しします。

iPhoneを強制的に再起動

※モデル別に強制再起動する手順は少し異なりますので、ちゃんと確認して実行しましょう。また、本体に負荷が大きいので、強制再起動を繰り返して行わないでください。

3強力なツールでiPhone充電が遅い問題を修正

強制再起動を行ってもiPhoneの充電が遅い問題は改善されない場合、何らかの原因でiOSシステムにより深刻な不具合が起きていると疑われています。こんな時、専門の修復ツールを使用するのは必要です。

ここで皆さんにおすすめする「iMyFone Fixppo」というソフトはiOS不具合の改善に特化した強力なツールとなっており、使えばiPhoneの正しく機能していない充電問題を解決する可能性も期待出来ます。

Fixppo  iPhone不具合修復
Fixppoの特徴4選!
  • 既存のデータを失わないで充電問題、リンゴループ電源入らないなど100以上のiOS不具合を解決
  • 初心者でも僅か3ステップで自宅でiPhoneを修理でき、情報漏洩の恐れはない
  • 無料かつワンクリックでリカバリーモードのON/OFF切り替えが可能
  • 最新のiPhone 14シリーズ/iOS 16まで、各種のOSバージョンとiPhone/iPad/iPodに対応
充電問題を解決 充電問題を解決

Fixppoを使ってiPhone充電が遅い問題を修正する手順

ステップ 1.上記のボタンをクリックしてソフトをダウンロードします。起動したら、ホーム画面で「標準モード」をクリックします。

修復モードを選択

ステップ 2.修理したいiPhoneをパソコンに接続し、デバイスが認識されたら「次へ」をクリックします。この画面でインストールできるiOSバージョンから、希望するファームウェアを選択して「ダウンロード」をクリックしましょう。

ファームウェアをダウンロード

ステップ 3.確認したら「開始」ボタンをクリックして修復を始めます。iPhoneが自動的に再起動するまでは操作しないでください。

修復開始

完了すると、iOSシステム故障によるiPhoneは充電が遅い問題は無事に解決されるはずです。また、このツールで他のiPhone不具合も同時に解決される可能性があります。1つを持つのは安心ですね。

Part 3.iPhone充電が遅い時にそれを早くするコツ

ケーブルやソフト以外に充電を早くするコツとしては以下のようなものが挙げられます。意外にも無意識のうちに充電を遅くしている可能性もあるため、iPhoneの充電が遅くなった時、一度使用環境に照らし合わせてみましょう。

1適温の環境でiPhone充電を行う

充電にはバッテリーに電源を供給し続ける必要があるため、室温などの影響を大きく受けます。特に熱いまたは寒い環境では充電が進まない傾向にあるため、外での充電などの場合は外気温にも注意してみましょう。

2すべてのアプリを閉じる

iPhoneの充電を早くしたければ、充電中には全てのアプリを閉じておくことが有効です。バックグラウンドでアプリなどが動いている場合には、充電速度を遅くしている可能性があるため、全てのタスクを閉じた状態で充電するようにしましょう。

3iPhone充電中には使用しない

2の項目にも通じますが、iPhoneを充電中に使用しているとその分電力を消費してしまうため、充電速度は遅くなります。

特にネットワークや位置情報を使用したオンラインゲーム等では充電を消耗するため、出来る限り充電中にはiPhoneを使用しないようにしてみましょう。

4USB端子のかわりにコンセントでiPhoneを充電

iPhoneを充電する時に、ケーブルをUSBから引いている場合は充電速度が極端に落ちてしまいます。電力の問題もありますが、パソコンなどのUSB端子ではかなり充電速度が落ちるので、コンセントから電力を確保して充電するようにしてみましょう。


最後に

今回はiPhoneの充電が遅くなってしまう問題についてご紹介してきました。

そもそも、iPhoneのバッテリーはリチウム電池ですが無限に使用出来るものではありませんので、バッテリーの劣化はApple公式などでもアナウンスされている問題です。もし上記の対処法を試しても充電が遅すぎることは解決できない場合、やはり早めに修理を出したほうがいいですね。

また、バッテリーやiPhone本体以外に問題があるという場合には、iOS不具合修復ソフトで解決出来るはずです。まずは自力で対応したければ、下でこのツールを入力してみましょう。どうしても改善しないという場合にはバッテリーの交換も検討してみてください。