iPhoneの画面が突然真っ暗になって、タッチしても電源ボタンを押してもまったく反応しない、という現象はよくあります。この状況になる原因はなんでしょう?そしてそんなときにどうすれば良いですか?この記事は、iPhoneの画面が暗いまま動かなくなる代表的な原因と対処方法を解説します。

Part 1.突然iPhoneの画面が真っ暗になった原因は?

突然iPhoneの画面が真っ暗になり、何も映らなくなる場合は、大まかには電源がついていない、またはデバイスに問題が発生した、この2パターンがあります。電源の問題ならiPhoneを再起動や充電すればいいのですが、電源がついているのにこうなった場合は、下記いくつかの原因が考えられます。

① iOSやソフトウェアの問題

最新iOS(iOS 16)への更新中やアップデートの後で不具合が発生、またはソフトウェアの誤動作で、iPhoneの画面が真っ暗になって動かなくなる可能性が考えられます。別の物理的な損害がない場合は、この理由によってiPhoneが真っ黒で反応しない可能性が一番高いです。(iOS修復方法へ)

② 水濡れや落下による故障

iPhoneの本体を落としてしまったり、水に濡れてしまったりすると、iPhoneが故障になって画面がいきなり暗くなることがあります。

③ バッテリーやバックライトの問題

もちろん、液晶画面に組み込まれているバックライトが故障した、またはバッテリーが劣化して電力を供給できなくなると、iPhoneは画面が真っ暗になって起動できなくなります。

Part 2.iPhone画面が真っ暗になって動かない時の対処法

続いては上述の原因に対応する方法をそれぞれ説明していきます。

1iPhoneを充電してみる

単純にバッテリーの残り電量が不足で、iPhone画面が真っ暗になって動かない可能性があります。そのため、まずはiPhoneを充電ケーブルに接続して反応するかどうか確認してみよう。「空の電池マーク」が出てきた場合は、デバイス本体に問題がないと思われます。

電量不足

そのため、そのまま充電を続けばいいです。少なくとも1時間くらい持続した方がいいです。iPhoneの正常起動に十分な充電が行われれば自動的に画面が付きます。

ただし、充電してもiPhoneは依然として画面が暗いまま起動しない場合は、iOSやソフトウェアに不具合があるかもしれません。心配しないで、実は修理に出さなくてもそれを修復することが可能です。引き続き読んで一応以下の3つの方法を試みましょう!

2iPhoneを強制終了して再起動する

ソフトウェアやiOSのエラーが原因でiPhoneの画面が真っ暗になっている場合は、まず定番の強制再起動を試しましょう。一時的な動作不良なら、デバイスを強制的に終了して再起動すればすぐになおせます。

操作方法は機種ごとに異なるので、それぞれの方法を確認してください。

iPhone 6s以前の機種:電源ボタンとホームボタンを同時に押し、Appleロゴが表示されるまで長押しします。

iPhone 7/7Plus:電源ボタンと音量を下げるボタンを同時に押し、Appleロゴが表示されるまで長押します。

iPhone 8/8 Plus以降の機種:音量+ボタンを押してすぐに放し、次に音量ーボタンを押してすぐに放してから、Appleロゴが表示されるまでスリープボタンを押し続けます。

iPhone 強制再起動

上記の操作が完了したら、暗いまま起動しないiPhoneが正常な状態に戻れるかもしれません。

3プロなツールでiPhoneを修復する

それでもiPhoneの画面が真っ暗になって動かなくなる場合、iOSシステムに深刻な不具合が出来たと考えられます。それを修復するに、iOS専用の修復ソフトを使うのは一番有効で手間を省く方法です。今回おすすめする「iMyFone Fixppo」は、優秀なiPhone修理ツールとして、データを消去することなく、簡単で強力な修復機能を提供します。これを使って、数ステップでiPhoneを画面が真っ暗の状態から復元することができます。

iPhoneシステム修復ツール

8,000,000+ Downloads

iMyFone Fixppo優れた特徴4選!

  • 【高速・高い修復率】画面が真っ暗、起動障害、リンゴループなど様々なiOS問題を数分で修理できる
  • 【データを失わない】iTunes不要、データを消去せずにiPhone /iPad /iPodを様々なトラブルから復元する
  • 【自己修理】スキルや専門知識が不要、パソコンに苦手という人でも安心して利用可能
  • 【幅広く対応】よい互換性を持ち、最新のiOS 16を含むすべてのiOSバージョンとAppleデバイスに適用する

Fixppoを使用して画面が真っ暗になって動かないiPhoneを修理する手順

ステップ 1.上記の安全ダウンロードボタンよりソフトをパソコンにインストールして起動したら、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続してソフトを起動します。メイン画面から「標準モード」を選択します。

標準モード iOS修復

ステップ 2.デバイス情報と利用可能なファームウェアが検出して表示されますので、確認してから「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ 3.「開始」ボタンをクリックして修復作業を実行します。

ステップ 4.修復完了後、iPhoneは再起動し、画面が正常に機能するようになります。

iOS修復完了

Fixppoのユーザーレビュー:

Fixppo ユーザーレビュー

レビューをもっと見る>>

関連記事:『iMyFone Fixppoは機能するか?見逃せない公式なレビュー』

4iTunesで初期化やアップデートを行う

上記の方法を実行してもiPhoneを画面が真っ暗の状態から脱出できない場合、iTunesで初期化やアップデートを実施することで問題をクリアにすることが可能です。

ステップ 1.パソコンでiTunesを起動して、画面が暗いままのiPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。

ステップ 2.そして、接続したままの状態で手動でiPhoneを強制再起動して、デバイスをリカバリーモードにしましょう。

ステップ 3.iTunesはリカバリーモードになったiPhoneを自動的に検出したら、画面で以下のポップアップが表示されます。そこで、「復元」か「アップデート」を選択しましょう。

iPhone iTunesで修復

Tips:

「アップデート」を実行する場合は、データを消去することなく、iOSの再インストールが試みられます。ただし、「復元」を選択すると、iPhoneが初期化され、すべてのデータが消去されます。

5Apple正規修理店に持っていく

修復方法を全部試してもiPhoneの画面がやはり真っ黒のまま反応しない場合、バッテリーやバックライトなど物理的な障害が発生した可能性が高いので、残念ながら修理を検討することが必要になるでしょう。

バックライトの寿命によってiPhone画面が真っ暗になったら、AppleCare+の保証期間内であれば無償で本体を交換するが可能になることもあります。とりあえずApple Storeや正規修理店に連絡して、相談してみましょう。


最後に

iPhoneの画面が真っ暗になって動かなくなる問題は、初めて経験すると「壊れた?」と驚いてしまうケースが多いでしょう。実は自分でできるiPhoneの黒い画面を修理する方法はいくつもあります。とくにiOS不具合解消ツール「iMyFone Fixppo」を利用すると、一発で解決する可能性がかなり高いので、ぜひご利用ください。

もし修復を行っても改善されない場合は、ハードウェア方面の問題かもしれませんので、一度Apple正規修理店に相談することをおすすめします。