急にiPhoneが充電されないようになった事はありますか?

普段はケーブルを突き刺すとすぐに充電開始するわけですが、iPhoneのバッテリー残量がゼロになる時に、充電できないことはかなり困りますよね。そこで今回はiPhoneの充電進まない原因と正しい対処方法をまとめて紹介していきます。

iPhone 充電できない

Part 1.iPhoneが充電できない原因

iPhoneが充電できなくなった対処方法を紹介する前に、まずはその原因をについて解説します。主な原因は以下のようなことが考えられます。

  • 充電機器に問題があった
    ケーブルの内部または接続の部分で断線や劣化があれば、接続不良でiPhoneが充電されない。純正のケーブルではないも1つの原因。

  • iPhone本体の部品に故障が生じた
    主にバッテリーのこと。電池が使い切り・高温状態になったり、劣化したりする場合は充電できない。また、iPhone側の充電端子が接触不良である可能性がある。

  • iPhoneソフトウェアに不具合が起きた
    iOSのアップデート直後、iPhoneシステムの不安定、iOSのバッグなどハードウェア以外のものによって、iPhoneの充電が進まないかもしれない。(最速のシステム修復方法へ)

Part 2.iPhoneの充電できない問題を対処する前に確認すべきこと

iPhoneの充電できない問題が出来た時に、いくつかのことを簡単に修正したらすぐに解決できます。どんなものは確認する必要があるか一緒に見てみよう!

1充電ケーブルの状態をチェック

iPhoneが充電できない原因として一番多いのがこれです。純正のケーブルを使用していない場合は、「充電機能はこのアクセサリではサポートされていません」と表示され、充電されない可能性があります。

そして、iPhoneの充電ケーブルは非常に壊れやすいので、長期間使用すると、充電コードの見えないところに断線してしまうことがよくあります。純正のケーブルを使っても充電できない場合はまず別のコードで充電を試してみましょう。

通販で購入したケーブルは安価ですが、デバイスに損傷を与える可能性がありますので、できれば認証済みの製品を購入してください。

2iPhone側の充電端子を掃除

iPhoneのコネクト内に埃が詰まっていると、ケーブルを挿しても認識できず、充電できなくなったことがあります。

綿棒で汚れを拭き取ったり、息を吹きかけてみたりするとで、充電ができるかどうか確かめてみましょう。

3そのまま置いて充電状態を確認

電池が使い切っている場合、充電してもiPhoneがすぐに起動できません。赤い電池マークが表示されれば、充電ケーブルを刺すままに放置して、少なくとも10分ほど経って再度充電が進まないかどうか確認してください。

また、触って熱いと感じるなら、iPhoneを涼しい環境に移動して、温度が下げると充電できるようになる可能性が高いです。

赤い電池マーク

4設定で充電の最適化をオフ

「バッテリー充電の最適化」がオンにすれば、iPhone電池の劣化を軽減するために80%を超える充電が保留されます。充電する時に80%で増えない場合は、これをオフにすると100%まで充電できるはずです。手順は以下となります。

ステップ 1.「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」という順で移動します。

ステップ 2.一番下の「バッテリー充電の最適化」項目で、右側のスイッチをタップします。グレードになるとオフです。

バッテリー充電の最適化 オフ

Part 3.iPhoneが充電できない時の対処法

上記のことを確認してもiPhoneの充電されない問題が改善できない場合は、ソフトウェア不具合や深刻なハードウェア損害がある可能性が高いです。この場合は、以下の対処法を試してみよう!

1iPhoneを再起動してみよう

iPhone本体の不安定は充電できない原因の1つので、以下の手順に従って、iPhoneの再起動を試してみましょう。

ステップ 1.電源オフスライダーが表示されるまで電源ボタン(または電源ボタン+音量ボタン)を長押しします。

ステップ 2.スライダーをドラックして電源を切れます。

ステップ 3.電源を切れた後、30秒ほど待ってから電源ボタンを長押しして、iPhoneを起動させます。

iPhone 再起動

2iOS不具合ならシステムを修復

再起動で問題が修復できない場合、ソフトウェアのバグによってiPhoneが充電しても反応しない可能性があります。特に最新のiOSバージョンにアップデートした後、このようなトラブルが出たかもしれません。

公式的な方法としてのリカバリーモードをしてiPhoneのソフトウェア不具合を修復するのは可能です。ただし、操作は複雑で、既存のデータを損失する可能性があります。ここでは、データを失うことなくiPhoneシステム問題を修復できるツール「iMyFone Fixppo」をお勧めします。

Fixppoの優れたポイント!

Fixppo iPhone不具合修復

800万以上のダウンロード

  • 【幅広く対応】iPhoneの充電できない問題以外に、リンゴループ再起動を繰り返すアップデートできないなど50以上のソフトウェア関連の問題も解決できます。
  • 【自己修理】操作が簡単で、専門知識やスキルは必要ではありません。初心者でもワンクリックでiOSシステム修理できます。
  • 【修復率が高い】iTunesでは解決できない問題でも、iOSシステム関連の問題を確実に解決できる2つのリカバリモードを提供します。
  • 【完全な互換性】WindowsとMacの両方とも使えて、最新のiPhone 13シリーズ/iOS 15を含む、すべてのiPhone/iPad/iPodをサポートします。

Fixppoを使用してiOSを修復する手順

ステップ 1.上記のボタンからソフトをパソコンにダウンロードして起動します。次に、「標準モード」を選択します。

標準モード iPhoneを修復

ステップ 2.充電できないiPhoneをパソコンに接続します。

iPhone パソコン 接続

ステップ 3.デバイスを検出されたら修復用のソフトウェアを表示しますので「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアをダウンロードする

ステップ 4.ダウンロードが完了した後、「修復開始」をクリックすれば、iPhoneの充電できない問題を修復開始します。

iPhoneを修復する

すべてのプログラムが完了したら、iPhoneを再起動して充電できるかどうか確認してください。

3iPhoneの初期化や復元を試す

バッテリー残量に余裕があり、PCと問題なく接続できる場合、iTunesを利用してiPhoneの初期化や復元ができます。これを実行したらiPhoneがリセットされるが、充電しても電量が増えない問題が解決できるかもしれません。

ステップ 1.iTunesを開き、充電できないiPhoneをパソコンに接続します。

ステップ 2.デバイスアイコンをタップして、「概要」>「iPhoneを復元」をクリックします。

iPhoneを復元 iTunes

この方法でiPhoneにあるすべてのデータが消去されるので、事前にバックアップを行ったほうがいいです。

4どうしても解決しなれば修理に出す

上記の書いてきた方法のどれを試しても充電ができないとなるとそれはiPhoneバッテリーの劣化が考えられます。これはハードウェアの問題で、バッテリーの交換をしなければなりません。

修理前に準備すべきこと

1.「iPhoneを探す」を無効にする

2.バックアップを取っておく


最後に

ここまで、iPhoneが充電できない時の原因と対処方法を紹介しました。

iPhoneが突然充電しても反応しないようになったことに困った場合、慌てずに充電されない原因を特定して対処しましょう。また、システム問題なら、下でおすすめの強力なiOS修復ツールをダウンロードして試すことができます。もし自分で改善できなかった場合はやはりアップルのサポートセンターに連絡することをお勧めします。