<質問>
「LINEでダウンロードした写真は、どこに保存されるの?」
「LINEにある動画の保存先を変更したい…」
そんな悩みを抱えてはいませんか?

この記事では、LINEでダウンロードした写真や動画ファイルの保存先と、その変更方法について、詳しく解説します。

Part1:ダウンロードしたLINE写真の保存先

LINEでダウンロードした写真は、端末ごとに以下の場所へ保存されます。

1iPhoneの場合

iPhoneでは、LINEでダウンロードされた写真や動画は、全て「写真アプリ」に保存されます。

2Androidの場合

Android端末の場合は、写真の状況によって保存先が変わってきます。

それぞれの保存先:

  • トーク画面の写真・・・「Pictures」→「LINE」
  • アルバムの単独保存・・・「Pictures」→「LINE」
  • アルバムの一括保存・・・「Pictures」→「LINE」→「アルバム名」
  • 動画・・・「Pictures」→「LINE_MOVIE」

Part2:LINEでファイルの保存先を変更する方法

LINEの写真や動画の保存場所は、変更が可能です。その方法について、解説していきましょう。

2.1. iPhoneの場合

iPhoneであれば、写真アプリのほか「ファイルアプリ」を通じて、別の場所に直接保存することが可能です。

ファイルマネージャー

Step 1.トークルームの写真や動画をタップして、全画面で表示する。

Step 2.画像の下側に表示される「↑(共有アイコン)」をタップして、一番下に並ぶアイコンから「他のアプリ」を選択します。

Step 3.「ファイルに保存」を選択して、iCloudや端末内部など、具体的なフォルダを選択します。

iPhoneで写真の保存先変更

これで、写真アプリ以外の場所にLINEから直接、写真や動画を保存できます。また「ファイルの保存」では、iCloud以外にも「OneDrive」や「Google Drive」のアカウント登録があれば、それぞれのクラウドサービスにも保存が可能です。

2.2. Androidの場合

Android端末であれば、一部機種において、デフォルトの保存先を「SDカード」に変更することができます。

Step 1.端末の「設定アプリ」を開き、「ストレージ」→「デフォルトの保存場所」と進む。

Step 2.「内部ストレージ」にあるチェックを「メモリカード」に移し、「切替」をタップする。

Step 3.手動で再起動すると、変更が適用される。

マイファイル

これで、LINEのデフォルト保存先が、SDカードに変更されます。なお、SDカード内では以下のフォルダが生成され、それぞれの中にファイルが保存されます。

  • 写真・・・「Pictures」→「LINE」
  • 動画・・・「Pictures」→「LINE_MOVIE」

Part3:LINEで受信したファイルの保存期間

LINEで受信した画像は、前述の保存先に移せば永遠に保存できます。しかし、LINE上に放置したままのファイルは、ある一定の期間が過ぎると削除されてしまいますので、早めの保存が必要です。

その保存期間は「2週間」であると、以前はLINE公式からアナウンスされていましたが、現在では表記自体が削除されており、明確には公表されていません。

Tips:大事なLINEトークを異OS間転送する方法

iPhoneからAndroid、またはAndroidからiPhoneへの機種変更を行った場合は、LINEのトーク履歴を引き継ぐことはできません。そしてLINE公式でも、トーク履歴を異なるOSの端末へ移行する機能は、実現していないのです。プロの専門家による「iTransor for LINE」という便利なソフトがあれば、確実かつ簡単に、LINEのトーク履歴を異なるOSの端末に移行することができるのです。

LINEデータバックアップ

800万以上のダウンロード

iTransor for LINEの人気機能

  • 【同OS・異OSデータ転送】AndroidとiOSの間でLINEデータを転送できる。
  • 【復元】iTransorバックアップからiOS・Androidへ直接復元できる。
  • 【無料のバックアップ・閲覧】LINEデータのバックアップとバックアップファイルのプレビューが無料で行える。
  • 【好みの形式でPCにエクスポート・保存】多様な形式でPCにエクスポート、保存できるし、すべてのメディア付けのデバイスに閲覧できる。

LINEトークの異OS転送する具体的な操作手順(AndroidからiPhone):

Step 1.端末をiTransor for LINEがインストールされたパソコンにUSBで接続し、ソフト左側の一番上にある「AndroidとiOSデバイスの間でLINEデータ転送」を選択して「スタート」をクリック。

iTransor for LINEを起動します

Step 2.画面の指示に従って、GoogleドライブでLINEのデータをバックアップする。

iTransor for LINE Googleドライブでバックアップ

Step 3.「フルバックアップ」と表示されますので、まずはAndroid端末側で任意の暗証番号を入力し、次にPC側でも同じ暗証番号を入力する。

Androidにバックアップ暗証番号を入力

Step 4.Android端末側の「設定」より、「アプリ」→「iTransor Assistant」→「権限」の順に進んだ上で、ストレージの権限を「オン」にする。PC側で「完了」をクリックすると、データを転送するために必要なソフトが、端末にダウンロードされる。

Androidアシスタント権限を開く

Step 5.画面の指示に従い、転送先のiPhoneにて同じLINEアカウントでログイン。

iPhoneでLINE登録

セットアップはこれまでです、これからにはデータが全て転送されるまで待機する。ここまでの操作で、LINE上にあるトークや画像・動画ファイルが、簡単に転送可能です。これで安心して、異なるOSの機種変更ができますね!公式な方法ではできない、異なるOS間でのトーク転送を可能とするiTransor for LINEは、Android、iPhoneを問わず、全てのLINEユーザーにおすすめしたい、イチオシのソフトです。


まとめ

以上、LINEでダウンロードした画像や動画ファイルの保存先と、その変更方法について、詳しく解説しました。同時にLINEのトラブルは回避したいですし、確実にバックアップしていきたいですよね。そんな時は、簡単な操作で楽にLINEをバックアップ・引き継ぎできるツール「iTransor for LINE」を利用しましょう。トラブルが起きてもいつでも復元ができ、非常に安心です。操作も簡単ですから、誰でも使えますよ。今すぐ無料版を試してみましょう!