いまや誰でも知っている存在となっている、LINE。日常的に欠かせないコミュニケーションツールとなっていますが、スマートフォンの状態によって「昨日のうちに相手が送信していたLINEが今日になって自分のところに届いた」という経験をされたことのある方もいるのではないでしょうか。

LINE受信が遅い時の対処法

機種による都合やその時のスマートフォンの状態による都合など、色々な原因や理由が考えられます。その色々な原因にあわせ、どのような対処法があるのかというところについても解説していきますので、最後までお付き合いください。

Part1:LINEの受信が遅くなってしまう理由

さて、早速「LINEの受信が本来よりも遅れてくる」といったお悩みについて、まずは原因や理由といったところを確認していきます。自分がいる環境によっても原因や理由というのは変わってきますので、「自分がいまどのような環境にいるのか」というところを照らし合わせながら確認してみてください。

1通信環境に難がある

電波が良くない状況が長く続いていた場合には、昨日のLINEが今になって届くといった事態になることも考えられます。また1日置きまで時間が空かなくても、届くまでに時間差がついてしまうということもあるでしょう。

2LINEそのもので不具合が起きている

これは自分や自分のスマートフォンの状態に不備があるのではなく、ライン全体で不具合が起きているというパターンです。LINEもサーバーのあるサービスでありますから、不具合が起きて利用できなくなるということも可能性としてはあり得ます。

そのためもし自分のスマートフォンに不備がないのに不具合が起きていたら、他のTwitterなどのSNSでそのことについて検索してみましょう。もしかしたら同じような現象に悩まされている方が他にもいるかもしれません。

3スマホの容量が少ない

スマートフォンの容量が少ない状態であれば、LINEに使用できる容量も少なくなりますので、LINEの受信などの作業にも悪影響が出ることがあります。特にLINEで写真や動画を受信するときというのは容量を多く使いがちですので、その点についても注意ですね。

Part2:LINEが届くのが遅い時の対処法

さて、ここまでLINEの受信が遅くなることについて、原因や理由を見てきました。ということでここからは、原因や理由を頭に入れたところで、対処法を見ていきましょう。

1LINEのバージョンを確認してみる

もし送信する側と受信する側でLINEのバージョンに違いがあると、送受信に時間差が生じてしまうということもあるようです。そもそもアプリを最新のバージョンにしておくことで不具合を防ぐということにも繋がりますから、相手のバージョンに合わせるというよりか、“自分のアプリを強化しておく”という感覚でバージョンをしても良いでしょう。

LINEを最新バージョンにする方法:

iPhoneの場合:

ステップ1:ホーム画面の「App Store」をタップします。

ステップ2:App Store右上の人型のアイコンをタップします。

ステップ3:LINEの隣にある「アップデート」をタップするとバージョンアップ成功です。

LINEバージョンアップ iPhone

Androidの場合:

ステップ1:ホーム画面から「Playストア」をタップして、画面の左上にある横三本線のマークをタップします。

ステップ2:「マイアプリ&ゲーム」をタップし、「アップデート」を選択し「LINE」の隣の「更新」をタップします。

LINEバージョンアップ Android

2スマホの容量を確保してみる

先ほどもいったように、スマホの容量が少なくなると共にLINEが使える容量が減り、それによって送受信が遅れるということも考えられます。そのためスマートフォンそのものの容量を増やしてみるといったことをやってみると良いでしょう。

スマホ容量を確認する方法:

iPhoneの場合:

ステップ1:端末の「設定」を開き、「一般」をタップします。

ステップ2:「iPhoneストレージ」をタップすると、確認できます。

iPhone ストレージ容量確認

Androidの場合(ブランドによりそれぞれ違うので、サムスンを例として):

ステップ1:Androidデバイスの設定を開き「デバイスケア」を選択します。

ステップ2:「ストレージ」をタップすると確認できます。

ストレージ容量確認 Android

3スマホを再起動してみる

これもかなり有効な手段です。スマートフォンというのは再起動することでシステムの異常をリセットさせることがあるので、LINEだけでなく他の不具合の時も有効でしょう。

デバイスを再起動する方法:

【iPhoneの場合】

ステップ1:サイドボタンと音量ボタン(上下どちらか)を同時に長押しします。電源オフスライダが表示したら離します。スライダをドラックして、デバイスの電源が切れるのを待ちます。

ステップ2:iPhone右側にあるサイドボタンをAppleのロゴが表示されるまで長押しします。

iPhone再起動

【Androidの場合】

ステップ1:電源ボタンを長押します。

ステップ2:メニュー内の再起動を選択します。

Android再起動

Part3:機種変更をするときのLINEトークをAndroidからiPhoneへ転送する裏ワザ

ここまでLINEが届く遅さに悩んでいる方に向けて理由や対処法などを見てきましたが、中には「もうそろそろ端末の寿命も近いし、それも理由の一つになっていそう」と考えている方もいるでしょう。そうしたときに、もしAndroidからiPhoneに機種変をするとなれば、LINEのトークを転送する必要も時にはありますよね、ただし公式な方法ではできないので、多くのユーザーが悩んでいます。

そうしたときには、iMyFone iTransor for LINEというソフトをおすすめします。LINEのデータをバックアップしたりエクスポートしたりといった作業が簡単にできるようになっていて、誰でも簡単に利用することが可能です。

異OS間LINEトークを転送する具体的な操作する仕方:

ステップ1:iTransor for LINEをインストールして、起動します。PCにデバイスを接続します。左側一番目の「Android/iOSからiOSへのデータ転送」を選択して、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動します

ステップ2:次にGoogleドライブでLINEをバックアップします。

iTransor for LINE Googleドライブでバックアップ

ステップ3:LINEをフルバックアップするためにまず端末で適当の暗証番号を入力して、次にPCで先入力した暗証番号を同じく入力します。

Androidにバックアップ暗証番号を入力

ステップ4:Androidデバイスで「設定」>「アプリ」>「iTransor Assistant」>「権限」の手順に進んで、ストレージの権限を「オン」にします。設定完了すれば、PCに「完了」ボタンをクリックします。

Androidアシスタント権限を開く

ステップ5:最後に転送先に同じLINEアカウントをログインすると、しばらく経ってから、データ移行成功です。

iPhoneでLINE登録

まとめ

この記事ではLINEの受信が遅い問題の原因とその解決策を紹介しました。同時に機種変更する際、Android/iOSデバイスからiOSへデータ移行しようとすると、ぜひプロなLINEデータをバックアップ・引き継ぎするソフト - iTransor for LINEをお使いください。他にも多くの人気機能が揃えているので、今すぐ試してみましょう!