<質問>
機種変更に伴ってLINEを新しい機種にインストールしなくてはならないという時にインストールできないなんて経験はありませんか?
なぜLINEがインストールできないなんてことになるのでしょうか?
LINEがインストールできないときはどうしたらいいのでしょうか?

LINEは今や私たちにとってとても大切なライフラインです。LINEがなくては会社の人との連絡ができなかったり、家族や友人と連絡が取れなくなってしまいます。では、今回はLINEのインストールができない原因と対処法について紹介していきます。

Part1:LINEがインストールできない原因

そもそもLINEがインストールできないのはなぜなのでしょうか?

1ストレージ容量が足りない

ストレージ容量というのはiPhoneの中のデータ保存できる容量のことです。このストレージ容量が足りない場合、LINEがインストールできないこともあるので注意が必要です。ストレージ容量を確認する方法

2デバイスの不具合

デバイスに不具合がある場合、バグっていてLINEガインストールできないなんてこともあります。デバイスを再起動する方法

3通信環境が悪い

自宅のWi-Fiの通信環境や出かけた先のWi-Fiの通信環境が悪いなという場合もありますし、そもそもの携帯キャリアの通信環境自体が悪いという場合もあります。通信環境を整える方法

4Apple IDを登録していない

iPhoneの場合、AppleIDに登録していないとアプリをダウンロードすることができません。それはLINEも同じです。Apple IDを登録する方法

Part2:LINEがインストールできないその対処法

LINEがインストールできないという上記のような状態のとき、どのように対処すればいいのでしょうか?では、LINEをインストールできない場合の対処法について紹介していきます。

ストレージ容量を確認

ストレージ容量が足りない場合の対処法です。まずはストレージ容量がどのくらいになっているのか?を確認してみましょう。

ストレージ容量を確認する方法:

Step 1.設定を開く

Step 2.一般→iPhoneストレージ

iPhone ストレージ容量確認

これで確認することができます。容量が少ない場合、上のメーターの部分がすべて埋まっているのでこの時はストレージ容量を増やす必要があります。例えば必要ないアプリを消したり、画像を消したりすることでストレージ容量を確保できるのでおすすめです。

デバイスを再起動

デバイスの不具合によってLINEがインストールできない場合は、デバイスを再起動するといいでしょう。Androidの場合とiPhoneの場合によってデバイスの再起動の方法が違います。

Androidの場合

Step 1.電源ボタンを長押しする

Step 2.メニューが表示されるので「電源を切る」または「再起動」をタッチ

Androidを再起動

これで再起動することができます。

iPhoneの場合

Step 1.電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しする

Step 2.スライドで電源オフが表示されたらそれをスライドする

iPhoneを再起動

これで電源がオフになりました。起動させるときは電源ボタンを再度長押ししましょう。これで再起動が完了です。もし、これでもLINEをインストールできないという場合はほかの原因や対処法で対応してみましょう。

通信環境を整える

通信環境はどうでしょうか?自宅のWi-Fi、出かけ先のWi-Fi、携帯キャリアの通信環境など様々な通信環境があります。もし、自宅のWi-Fiの通信環境でLINEをインストールできないなというときは、まずはWi-Fiをオフにして携帯キャリアの通信環境にし直しましょう。

出かけ先のWi-Fiの通勤環境が悪いという場合も同様です。また、それでも改善が見られないという場合は携帯キャリアの通信環境に異常があるかもしれません。なので、そんなときは携帯キャリアのホームページを確認したり、ツイッターを確認して携帯キャリアの通信環境は正常なのか?をチェックするといいでしょう。

機内モードをオン・オフにする方法:

ステップ1:画面の右上から下にスワイプして、「コントロールセンター」が表示されます。

ステップ2:機内モードを「有効」→「無効」にしましょう。

機内モードをオン・オフ iPhone

Apple IDを登録して、再びAppStoreを開く

iPhoneの場合はApple IDの登録が必要になります。

Apple IDを登録する方法

Step 1.設定を開き、「iPhoneにサインイン」をタップ

Step 2.メールアドレスとパスワードを入力

Step 3.確認コードを入力

Step 4.最後にiPhoneのパスコードを入力すると完成

iPhone ストレージ容量確認

これでApple IDの登録は完了です。あとは再度AppStoreを開いてLINEをインストールしましょう。

Tips:機種変更する際LINEトーク履歴を同・異OS間転送する裏ワザ

LINEのインストールやアンインストールする前に機種変更する際はiTransor for LINEでLINEのトークなどのデータをバックアップしておきましょう。AndroidでもiPhoneでもこのLINEデータを管理するソフトであればデータを移行させることができます。また、ファイルの保存方法も様々あり、自分好みの保存方法で保存が可能です。iTransor for LINEでバックアップ、復元を行い、スムーズに機種変更できるようにしましょう。

異OS間LINEデータ転送のチュートリアルビデオをご覧ください!

異OS間LINEデータ転送する方法

異OS間LINEトーク履歴を転送する方法

ステップ1:端末をiTransor for LINEがインストールされたパソコンにUSBで接続した後、「Android・iOSデバイスからiOSへ転送」を選択して、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動します

ステップ2:Androidデバイスを転送元とする場合、Googleドライブのバックアップを行います。

iTransor for LINE Googleドライブでバックアップ

ステップ3:Androidデバイスに適当のバックアップ用のパスワードを入力し、引き続きPCにも同じ暗証番号を入力してください。

Androidにバックアップ暗証番号を入力

ステップ4:次にすべてのメディアファイルをバックアップ成功するために、LINEのアシスタントを自動的にダウンロードします。ダウンロード完成したら、AndroidデバイスにLINEアシスタントの権限を開きます。

Androidアシスタント権限を開く

ステップ5:最後対象端末に同じLINEアカウントをログインすれば、完成までは待つだけでいいです。

iPhoneでLINE登録

まとめ

今回はLINEのインストールができない原因と対処法について紹介してきました。LINEのインストールができない原因は対処法を実践してみましょう。それでもインストールできないという場合は専門的なLINEデータを管理ソフト でとりあえずLINEのバックアップをしておき、違う端末に交換したり、携帯キャリアにお問い合わせしたりしましょう。ぜひ参考にしてみてください。