近年、Android携帯のコストパフォーマンスの高さや機能の充実度の高さから、iPhoneからAndroidに乗り換えるユーザーが増えています。

しかし、LINEユーザーにとって、異なるOS間でデータ引き継ぎは非常に面倒な作業です。 そこで今回は、iPhoneからAndroidにLINEデータを移行する方法を詳しくご紹介します。

LINEの移行できるデータ、移行できないデータ

異なるOS間での機種変更では、同じLINEアカウントを使い続けていれば、ほとんどのデータは引き継がれますが、引き継げないデータがあります。

移行できるデータ

  • 友だちリスト・グループ
  • 購入したスタンプ
  • アルバム
  • プロフィール情報・通知設定
  • など…

移行できないデータ

  • トーク履歴
  • コイン残高

LINEアカウントをiPhoneからAndroidに引き継ぐ方法

LINEアカウントやデータの引き継ぎは、元のスマホと新しいスマホの両方で操作を行う必要があります。手順は、次のような流れになります。

iPhone側の設定や操作

①ホームページの右上の設定(歯車マーク)をタップします。

②「アカウント」項目を選択します。

③メールアドレス・パスワードを設定、またはFacebookと連携します。

④設定画面で「アカウント引き継ぎ」をタップして、表示される画面で「アカウントを引き継ぐ」をオンに設定します。

LINE 引き継ぎ

Android側の設定や操作

①まずは新しいAndroidスマホにLINEをインストールし、「ログイン」をタップします。

②iPhone側で設定したメールアドレス・Facbookでログインしてから、画面指示に従って操作すれば完了です。

LINEトーク履歴を新しいスマホに移行する方法

トーク履歴をテキストファイルに保存

前述のように、トークの履歴は新しいAndroid版LINEには引き継げませんが、トークごとにテキストを保存することでAndroidスマホでも読むことができます。

Step 1. 保存したいトーク画面で右上のメニューボタンをタップします。

Step 2. 一番下の「その他」を選択して、「トーク履歴を送信」を選択します。

Step 3. 送信するアプリの選択画面が表示されるのでメールを選択してください。

Step 4. ファイルを送信したいメールアドレスを入力し、「送信」を押すとバックアップ処理が完了します。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

Tips

保存できるデータはテキストのみで、写真やスタンプなどは送信できません。

ツールでLINEトーク履歴を一括エクスポート

上記の方法は操作が簡単ですが、1つずつしかバックアップできないため、非常に面倒です。そして写真をバックアップすることはできません。こんな場合、市販のLINEデータ移行ツールを試すことをお勧めします。

これらのツールはLINEのトーク履歴をバックアップするだけでなく、pdfやHTMLなどの形式にエクスポートすることも可能です。画像、スタンプも一緒にエクスポートするので、Android端末でも簡単に読むことができます。

最後に

機種変更前には旧スマホ側のLINEアプリを最新バージョンにアップデートしておきましょう。 LINEアプリのバージョンが旧スマホと新スマホとで異なると、アカウントの引き継ぎが失敗するおそれがあります。データ転送後のデータ損失を避けるため、機種変更の前に、iCloudを使用して重要なデータ(共有した写真、トーク履歴など)をバックアップしてください。