「ラインのトーク履歴をテキスト化したい…」「トーク履歴を、PCでも簡単に確認できるようにしたい!」そんな悩みを抱えていませんか。確かに、LINEは友だちとのトークだけではなく、ビジネスでも活躍するツールですので、トーク履歴はどの端末でも直ぐに確認できるようにしておきたいですよね。

LINEトーク履歴をテキスト化する方法

そこでこの記事では、LINEのトーク履歴をテキスト化する方法と、ファイルの保存手順について詳しく解説します。こちらを読めば、あなたもトーク履歴をいつでもどこでも確認できるようになりますよ。

Part1:LINEトーク履歴をテキスト化する方法

最初に、LINEのトーク履歴をテキスト化する方法について、スマホ・PC版それぞれの手順を解説しましょう。テキスト化されたトーク履歴のファイルは、「.TXT」という拡張子で保存されます。

なおテキスト化すると、トークのスタンプや絵文字、写真や動画などは再現されず、会話の日時や内容のみをテキストベースで閲覧することになります。

1.スマホの場合

スマホ版のLINEにおいて、トーク履歴をテキスト化する方法は次の通りです。

▼テキスト化の手順

Step 1.LINEを開き、下部メニューより「トーク」を選択する

Step 2.一覧より、テキスト化したいトークルームを開く

Step 3.トークルーム右上のメニューアイコン「三」を選択する

Step 4.「その他」>「トーク履歴を送信」の順にタップする

Step 5.メニューより、任意の保存先や送信先を選択する

スマホでLINEトークを転送

この操作で、トーク履歴がテキスト化されます。

2. PC版LINEの場合

今度は、PC版のLINEにおいてトーク履歴をテキスト化する方法を解説します。

▼PC版LINEのテキスト化する手順

Step 1.PC版LINEを開き、一覧からテキスト化したいトークルームを選択する

Step 2.画面の右側に表示される、トーク履歴の右上の「︙」をクリックする

Step 3.表示されるプルダウンメニューより「トークを保存」を選択する

Step 4.デスクトップなど、トーク履歴を保存する場所を選択する

PC版LINEトークリスト

この操作によってトーク履歴がテキスト化され、PCに保存されます。

Part2:テキスト化したLINEトークを保存する方法

LINEのトーク履歴をテキスト化する時に迷ってしまうのが、ファイルの保存先です。特にスマホの場合は、ファイルの管理が難しくなります。

そこでここからは、テキスト化したLINEトーク履歴を保存する方法について見ていきましょう。

1メールで転送

テキスト化したトーク履歴を保存する方法の1つ目は、メールで転送する方法です。

▼メールで転送する手順

Step 1.LINEメニュー「トーク」>テキスト化したい「トークルーム」を選択する

Step 2.右上の「三」>「その他」>「トーク履歴を送信」の順にタップする

Step 3.メニューより「メール」を選択する

Step 4.宛先に、ファイルを送信するメールアドレスを入力する

スマホでLINEトークを転送

これで、テキスト化されたトーク履歴がメールに転送されます。メールアプリ上では、送信されたファイルをタップするだけで閲覧可能です。このように、メールで送る方法は操作がとても簡単ですので、おすすめの方法となります。

2LINE Keepに保存

もう1つの方法は、LINE Keepへの保存です。LINE Keepとは、LINEユーザーに提供されているストレージ機能であり、大事なデータを合計で1GBまで無期限で保存できます。LINE Keepにトーク履歴を保存する手順は、次の通りです。

▼LINE Keepにトーク履歴を保存する手順

Step 1.LINEメニュー「トーク」>テキスト化したい「トークルーム」を選択する

Step 2.右上の「三」>「その他」>「トーク履歴を送信」の順にタップする

Step 3.メニューを上にスワイプして、「Keepに保存」を選択する

Step 4.「LINE Keepに保存」画面にて「保存」をタップする

LINEキープに保存する

これで、テキスト化されたトーク履歴がLINE Keepに保存されます。なお、保存したトーク履歴は、次の手順でLINE Keepより閲覧可能です。

▼LINE Keepでトーク履歴を閲覧する手順

Step 1.LINEのホーム画面で、自分のプロフィールアイコンをタップする

Step 2.プロフィール画面にて「Keep」をタップする

Step 3.保存したトーク履歴のファイルを選択する

LINEキープを閲覧

LINE Keepは、スマホの容量を節約できる便利な機能ですが、1つで容量が50MBを超えるファイルは保存期間が30日間に設定されていますので注意しましょう。

Part3:LINEトーク履歴をPCにエクスポートする方法

LINEのトーク履歴をPCにエクスポートする方法は、公式でも実現していません。友だちとの大事な思い出となるトーク履歴を、何とか完全な状態でPCに保存できないでしょうか。そこで、この記事を読まれているあなたにだけ、とっておきの裏ワザを紹介します。

実は、プロが作ったLINEトーク履歴をPCにエクスポートするソフト - 「iTransor for LINE」という便利なソフトがあれば、確実かつ簡単にトーク履歴をPCにエクスポートできます。さらに、PC上で閲覧しやすくするため、HTMLをはじめPDF、CSV、XLSなど、多様な出力形式が提供されているのです。実際に、PCへLINEのトーク履歴をエクスポートする手順は、次の通りです。

iTransor for LINE
iTransor for LINE
  • 【無料】ワンクリックでバックアップできるだけでなく閲覧できる。
  • 好みの形式でPCに選択的にエクスポートできる。保存したファイルはすべてメディア付けのデバイスで永遠に閲覧できる。
  • バックアップファイルからAndroid・iOSデバイスへ復元できる。
  • 14日間以上のLINEトーク履歴を異なるOS間転送できる。
無料ダウンロード

▼LINEデータをPCにエクスポートする方法

Step 1.デバイスを、iTransor for LINEがインストールされたパソコンに接続して、iTransor for LINEを起動して、左側2番目の「LINEデータをバックアップモード」を選択する。「スタート」をクリックするとデバイスのデータが自動で認識され、バックアップを開始する

iTransor for LINEを起動する

Step 2.バックアップが完了したら「バックアップデータを表示」をクリックしてデータを確認する

iTransor for LINEでバックアップ完了

Step 3.iTransor for LINEの画面左の一番下にある「プレビュー/エクスポート」を選択し、次に「確認/エクスポート」をクリックすると、データ一覧が表示される

iTransor for LINEでバックアップを確認

Step 4.エクスポートしたいファイルをクリックして、保存先と出力形式を選択して、「エクスポート」をクリックする

iTransor for LINEでバックアップをエクスポート

これで、LINEのトーク履歴がHTML、PDF、CSV、XLSといったファイル形式でPCに保存されます。HTML形式で保存すると、トーク内容がスマホと同じ画面で表示される上に、検索も可能です。

なお、Androidスマホの場合は、バックアップ中にデバイスを操作してGoogleドライブにバックアップを作成する必要がありますので、画面の指示に従ってください。


まとめ

今回は、LINEのトーク履歴をテキスト化する方法と、ファイルの保存手順について解説しました。トーク履歴のテキスト化は、スマホはもちろん、PC版のLINEアプリでも可能です。ファイルはメールでの転送に加えて、LINE Keepでの保存にも対応します。

最後にはLINEトーク履歴をPCまでエクスポートできるツール「iTransor for LINE」を利用しましょう。トラブルが起きてもいつでも復元ができ、非常に安心です。無料で操作も簡単ですから、誰でも使えますよ。今すぐ、試してみましょう!