iPhoneはどういったときに無効化されますか?

自分のiPhoneロックを解除しようとするのに誤ったパスコードを何度も入力してしまった場合、iPhoneは無効化されてしまいます。最初に何度も誤ったパスコードを入力したとき、5分後まで使えません。誤ったパスコードを入力し続けると、iPhoneが無効化される待ち時間は増えていきます。

ロックされたiPhone

以下が誤ったパスワードの数とエラーメッセージの関係です。

  • 6回誤ったパスワード:iPhoneは無効化されました。1分後にやり直してください。
  • 7回誤ったパスワード:iPhoneは無効化されました。5分後にやり直してください。
  • 8回誤ったパスワード:iPhoneは無効化されました。15分後にやり直してください。
  • 9回誤ったパスワード:iPhoneは無効化されました。60分後にやり直してください。
  • 10回誤ったパスワード:iPhoneは無効化されました。iTunesに接続してください。

これは、iPhone内の個人データに違う人がアクセスしないようにするためにiPhoneが設けたセキュリティー対策です。「iPhoneが無効化されました。XX分後にやり直してください。」というメッセージが出てきたら、待ってもう一度やり直すことができます。しかし、「iPhoneが無効化されました。iTunesに接続してください。」というメッセージが出てきたら、無効化されたiPhone(iOS 15にも対応)を解除するには復元するしか方法がありません。

無効化されたiPhoneをiTunesを使わずに解除する方法

無効化されたiPhoneやiPadをiTunesを使わずに簡単に安全に解除する方法をお探しですか?誤ったパスコードを何度も入力してしまったためにiPhoneやiPadが無効化されたときに、iTunesを使わずにiPhoneを解除する新しいツールがあります。無効化されたiPhoneを解除する新しい方法もしくはツールとは、iMyFone LockWiperです。

iPhoneに何度も誤ったパスコードを入力してiPhoneがロックされたとき、iMyFone LockWiperを使えば簡単にiOSデバイスを解除することができます。iMyFone LockWiperの「無効化されたiPhone/iPadを解除する」機能を使えば、「iPhone/iPadを探す」機能がオフになっているときに効果的にiPhoneを解除することができます。

lockwiper iphoneパスコードを解除

100万以上のダウンロード

LockWiperは、無効化されたiPhoneをiTunesを使わずに解除します

  • ロックワイパーは、無効化されたiPhoneをすぐに解除する素晴らしい機能を提供しています。この機能を使えば、数回クリックするだけで無効化されたiPhoneを簡単に解除することができます。
  • iMyFone LockWiperは、ロック、無効化、画面破損のiOSデバイスの解除もサポートしています。
  • ロックワイパーは、iPhoneの4桁か6桁のパスコード、タッチID、フェイスIDも解除することができます。
  • iMyFone LockWiperは高成功率をもっており、このソフトウェアに関してユーザーから不平を受けたことはありません。

無料で試す無料で試す

無効化されたiPhoneをiTunesを使わずに解除する手順

以下が、iPhoneやiPadのロック画面を解除する最も完璧なツールの使い方です。

ステップ 1:お使いのWindowsかMacのコンピューターにiMyFone LockWiperをダウンロード・インストールします。コンピューターにiMyFone LockWiperを起動し、「開始」を選択します。

iPhoneの画面ロックを削除

ステップ 2:AppleのオリジナルUSBケーブルを使ってコンピューターにiPhoneを接続します。

iデバイスをPCと接続

ステップ 3:取扱書の指示に従ってiPhoneをDFUモードで起動します。お使いのデバイスに合った指示に従ってください。

DFUモード

ステップ 4:iPhoneのデバイス情報を確認します。情報が合っていなければ、ドロップダウン・メニューから正しいものを選ぶことができます。

ステップ 5:「ダウンロード」のタブをクリックし、ファームウェアをデバイスにダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ 6:次に、「確認開始」をクリックし、パッケージを確認します。

抽出開始

ステップ 7:終わったら、「解除開始」をクリックし、iPhoneを解除し始めます。

解除開始

ステップ 8:ポップアップ・ウィンドウに「000000」と入力して続けます。解除している間、iPhoneがPCに接続されていることをご確認ください。あまり長くかかりません。

解除を確認

無料で試す無料で試す

注意:

  • ①「iMyFone LockWiper」はアクティベーション・ロックに対応いたしません。
  • ②「iMyFone LockWiper」をいかなる理由で行われた不正行為を一切認めません。

無効化されたiPhoneをiCloudを使って解除する方法

無効化されたiPhoneを解除する最も一般的な方法は、iTunesを通すやり方です。しかし、無効化されたiPhoneを解除する他の方法がないということではありません。無効化されたiPhoneをiTunesを使わずに解除したい場合は、「iPhoneを探す」機能を使って、以下の簡単な手順にしたがって解除することができます:

  1. Go to icloud.comに行き、iCloudのアカウントにログインします。
  2. 次に、「iPhoneを探す」という項目に行き、「すべてのデバイス」というオプションをクリックします。アップルIDにつながっているすべてのデバイスのリストが表示されます。無効化されたiOSデバイスを選びます。
  3. 「iPhoneを削除する」をタップし、確認します。
  4. iPhoneを削除
  5. 無効化されたiPhoneの解除ができた後、出荷時ディフォルト設定にリセットされ、すべてのデータを削除されることにご注意ください。無効化されたiPhoneから画面ロックを取り除くには、iPhoneを復元するしか方法はありません。

無効化されたiPhoneをデータを失わずに解除する方法

  1. 無効化されたiPhoneを解除すると、iPhoneからすべてが削除されます。したがって、リセットする前にiPhoneをバックアップするのを忘れないでください。しかし、無効化されたiPhoneをバックアップする唯一の方法は、(公式)iTunesのバックアップ機能を使うやり方です。デバイスを解除した後に、バックアップをiPhoneに復元することができます。
  2. 無効化されたiPhoneをバックアップする手順

    1. iTunesを起動し、iPhoneをコンピューターに接続します。(このコンピューターでiPhoneを同期化したことがある必要があります。)
    2. iTunesで、左上のデバイスタブをクリックします。
    3. 概要のウィンドウが出ます。「今すぐバックアップする」ボタンをタップし、バックアップのプロセスを開始します。
    4. バックアップが完了したら、iTunesを使っても使わなくてもiPhoneを解除し始めることができます。
    アップデートか復元
  3. iPhoneを解除したら、iPhoneを再びiTunesに接続し、デバイスの「バックアップを復元する」機能を使います。