普通、iPhoneの画面ロックを解除するには、パスコードやFace ID/Touch IDが必要です。ただ、偶には何らかの事情でiPhoneのロックを解除したいけどパスコードがわからない場合もありますね。その時は、どうすればいいでしょうか?

例えば:

  • iPhoneのパスコードを忘れてしまい、画面ロックを解除できない場合。
  • 第三者にパスコードを変更されて、パスコードがわからない場合。
  • iPhoneのタッチパネルが突然機能しなくなった場合。
  • ロックアウト状態の中古品を完全リセットしたい場合。
  • パスコードのわからない古いiPhoneをそのまま初期化したい場合。
  • パスコードが合っているのにロックを解除できない場合。

この記事は、上記のようないざという時に備え、パスコードがなくてもiPhoneの画面ロックを解除できる簡単かつ有効な3つの対策をご紹介したいと思います。いずれもiPhone全シリーズに適用する方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

パスコードなしでiPhoneの画面ロックを解除する三つの方法

方法1.iCloudでiPhoneの画面ロックを解除する方法

デバイスで「iPhoneを探す」機能がオンになっている場合は、パソコンとの接続が要らず、またはデバイス本体は手元になくてもiCloud経由でiPhoneのロックを解除することができます。それでは、具体的な操作手順を見ていきましょう。

ステップ1.まずは、ブラウザでicloud.comを開き、Apple IDとパスワードを入力してサインインしましょう。そして、『iPhoneを探す』をクリックします。

iPhoneを探すをクリック

ステップ2.次の画面でブラウザウインドウの上部にある「すべてのデバイス」で、ロックされたiPhoneを選択します。

ステップ3.「iPhoneの消去」をクリックすれば、アイフォンは強制的に完全リセットされ、画面ロックも同時に解除されます。

iPhoneを消去

Tips:リセットが完了してデバイスが再起動したら、Apple IDでiPhoneのアクティベーション設定を済ませたら終わりです。ただし、この方法は、事前に設定で「iPhoneを探す」機能を有効にする必要があります。もし、iCloudでパスコードロックを解除でない場合は、次の方法を試してみましょう。

方法2.iTunesを使ってiPhoneの画面ロックを解除する方法

iTunesを使ってiPhoneのロックを解除するのは、一番使われるアップル公式的な対策です。この方法を利用することによって、iPhoneをリカバリーモードから復元し、パスコード/Face ID/Touch IDを削除してロックを解除することが可能です。操作方法は以下の通りです。

(※ 予期しないエラーを起こさないよう、iTunesは最新バージョンであることをご確認ください。)

ステップ1.ロックアウト状態のiPhoneをコンピュータと接続して、iTunesを起動します。

ステップ2.デバイスをPCに接続した状態のまま、手動でiPhoneをリカバリーモードにしてください。

手動でiPhoneをリカバリーモードにする方法はモデルによって若干異なりますので、それぞれの手順は下記をご参照ください。

  • iPhone X以降、iPhone SE(第2世代)、iPhone 8/8 Plusの場合:音量上げるボタンを押して直ぐ離し、音量下げるボタンを押して直ぐ離します。リカバリーモード画面が表示されるまで電源/サイドボタンを押し続けます。
  • iPhone 7/7 Plusの場合:電源/サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に長押しして、リカバリーモードの画面が表示されるまで押し続けます。
  • iPhone SE(第1世代)、iPhone 6s以前の場合:ホームボタンと電源ボタン(またはトップボタン)を同時に長押しして、リカバリーモードの画面が表示されるまで押し続けます。

iPhoneをリカバリーモードにする

ステップ3.無事にリカバリーモードに入ったら、iTunesで下のウインドウが表示されます。そこで、「復元」ボタンをクリックしてください。これで、iPhoneの完全リセットが行われます。

iPhoneを復元

しばらくすると、iPhoneのロックが解除され、バックアップからデータを復元、または新しいiPhoneとして利用できます。もし、iTunesが使えない、またはパソコンが苦手でより簡単な方法でiPhoneのロックを解除したい場合は、次の方法をチェックしてください。

方法3.専用ツールでiPhoneの画面ロックを解除する方法(初心者に最適)

上記二つの方法が使えない、または機械が苦手でうまくiPhoneをリカバリーモードにすることができない場合は、一番簡単で安全な方法を利用しましょう。「iMyFone LockWiper」は、iOSデバイス専用のパスコードロック解除ツールとして、パスコードの種類やモデルを問わず、アイフォンがコンピュータに認識できる状態である限り、iTunesを使わなくてもiPhoneの画面ロックを数分で解除することができます。

事前にiPhoneを手動でリカバリーモードにする必要もなく、画面の指示に従って操作ボタンを数回クリックするだけで解決済みなので、まさに初心者に最適なiPhoneのパスコードを簡単に突破する方法です。それではさっそく、下記よりソフトをPCやMacにインストールして試してみましょう。

    無料で試す無料で試す

ステップ1.LockWiperを起動して、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。そして、メイン画面から「画面パスコードのロックを解除」>「開始」>「次へ」の順に進みます。

iPhoneのパスコードを解除

ステップ2.次の画面で、ロック解除に使うためのファームウェアが自動的に検出されますので、バージョン確認して「ダウンロード」をクリックします。ダウンロードと検証が完了したら、「解凍」をクリックして、処理が完了するまでしばらくお待ちください。

ファームウェアを解凍

ステップ3.「解除開始」ボタンをクリックし、注意事項をしっかり確認して「000000」と入力して作業実行の再度確認を行い、「解除」をクリックしてロックの解除作業を開始しましょう。

iPhone ロック解除

数分後、お使いのiPhoneが自動に再起動し、画面ロックも確実に解除されます。iPhoneの利用開始画面から設定を新しくするか、バックアップからのデータ復元を実施してください。

LockWiperを使って、パスコードなしでiPhoneのパスコードロックを解除する動画ガイドをご覧ください。


    無料で試す無料で試す

まとめ

以上は、パスコードなしでiPhoneの画面ロックを解除する三つの方法です。接続上の問題でエラーが発生しなければ、上記の方法では確実にロックされたデバイスを復活させることができます。とくにパワフルなiPhoneロック解除ソフトの「iMyFone LockWiper」は、動作が軽くて安定して、複雑な操作も一切なくて初心者の方でも手軽に利用できますので、ぜひ試してみてください。