外付けハードドライブ(HDD)がRawになると、保存されたファイルにアクセスできなくなります。

一部の方法でRawになった外付けHDDを修正する場合、フォーマットが必要になります。そこで、外付けHDDに保存されたファイルが失われる恐れがあります。

したがって、フォーマットすることを回避して、あるいはデータを失うことなくRawになった外付けHDDを修正することが必要になります。

本文では、フォーマットせずにRawになった外付けHDDを修復する4つの方法と、外付けHDDがRawになる原因、そしてフォーマットせずに外付けHDDからファイルを復旧できる最高な方法を悉く紹介します。

Rawになった外付けHDDからデータを利用したい?⇒最も効率的な方法で復旧(操作法はこちらへ)

P1:外付けハードドライブ(HDD)がRawになる原因は何ですか?

外付けHDDはいつでもRawになって、保存されているファイルやフォルダーにアクセスできなくなる可能性があります。

さて、この状況を引き起こす真の原因は何ですか?それを探る前に、まず現在の状況をはっきりしましょう。

通常、オペレーティングシステムがファイルシステムを認識できずマウントできない場合は、以下の二つの状況に分けられています:

 〇 ディスクに属す一つのパーティションがRawになる

 〇 ディスク全体が未初期化またはRawステータスになる

外付けHDDがRawになる原因は次のとおりです:

  • ファイルシステムはサポートされていない
  • ファイルシステムの構造が破損している
  • パーティションはスパンボリューム/RAIDに属す
  • セキュリティ設定によってアクセスが禁止されている
  • フォーマットされていない/違う形式にフォーマットされる
  • ウイルスまたはマルウェアに感染されている
  • 不良ブロックと読み取りエラーが大量に発見

上記の原因は、デバイスがRawになる場合によくあるものと指摘されています。そこで、同じ問題に悩まれているかもしれないですが、もう心配することはありません。これからフォーマットせずにRawになった外付けHDDを修正する方法を紹介します。

P2:フォーマットせずにRawになった外付けハードドライブ(HDD)を修正する方法は?

重要なデータが保存されている外付けHDDがRawになる場合、フォーマットせずに外付けHDDを修正できるソリューションはいくつかあります。それぞれの対策方法を順番に試し、Rawになったを外付けHDDを修復してみてください。

 1外付けHDDを簡単なチェックで問題を確認

問題を確認するには次の指示に従ってください:

別のUSBポートで再試行: 外付けHDDが接続されているUSBポートを切り替えます。問題のあるUSBポートで同じ状況を引き起こす可能性があるため、チェックする必要があります。そこで外付けHDDを別のUSBポートに接続すると、問題がUSB ポートにあるのかどうかを判断できます。

別のパソコンで再試行: また、お使いのパソコンに問題がある恐れがあります。外付けHDDを別のパソコンで試し、同じ問題が発生するかどうかを確認してください。それで、問題がパソコン側にあるかどうかを確認できます。

外付けHDDを取り外して再接続: USB ポートとパソコン側に問題がなければ、外付けHDDにあると判断できます。まずは物理的な原因から確認しましょう。外付けHDDを取り外して再接続してください。後に正常に動作したら、単なる接続不良に特定できます。

 2外付けHDDのドライブ文字を変更

ドライブ文字を変更すると、フォーマットせずにRawになった外付けHDDを修正できます。ドライブ文字を変更するには、次の手順に従ってください:

ステップ1:Windowsでディスク管理ツールを開きます。

ステップ2:リストから、目標の外付けHDDを見つけます。

ステップ3:外付けHDDを右クリックし、「ドライブ文字とパスの変更」オプションを選択して、「変更」ボタンをクリックします。

ドライブ文字を変更

ステップ4:「次のドライブ文字を割り当てる」ドロップダウンリストから、ストレージデバイスに割り当てるドライブ文字を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

次のドライブ文字を割り当てる

ステップ5:「ドライブ文字に依存する一部のプログラムは正しく動作しない可能性があります。続行しますか?」のようなポップアップが表示されます。「はい」オプションを選択します。

 3外付けHDDのユーザー権限を編集

フォーマットせずにRawになった外付けHDDを修正するもう一つの方法は、ドライブのユーザー権限を編集することです。これを行うには、以下の手順を参照してください。

ステップ1:目標の外付けHDDを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ2:セキュリティタブから「編集」ボタンをクリックします。

外付けHDDのユーザー権限を編集

ステップ3:現在のユーザーを選択し、[編集] ボタンをクリックしてアクセス許可を設定します。必要なアクセス権限にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックして変更を適用します。

オブジェクト名を入力

 4外付けHDDにChkdskコマンドを実行

最後にはChkdskコマンドで外付けHDDを修復する方法を紹介します。Chkdskコマンドは、ドライバーのエラーを検出して修正できるWindowsの内蔵機能です。

そこで、Chkdskの修正機能によりデータが紛失される可能性があるのでご了承ください。Chkdskコマンドを実行するには、以下の手順に従って下さい。

ステップ1:Win+Rを押して「CMD」を入力して、コマンドプロンプトが表示されます。「管理者として実行」をクリックします。

ステップ2:「chkdsk x: /f」を入力し、Enterキーを押します。ここで、「x」は外付けHDDのRawになったパーティションのドライブ文字を指します。「x」を当該パーティションののドライブ文字に置き換えます。

外付けHDDにChkdskコマンドを実行

ステップ3:プロセス全体が完了するまで待ちます。

上記の方法は、フォーマットせずにRawになった外付けHDDを修正できる全部の方法です。

あらゆる方法を試してもRaw状態で修復できない場合、外付けHDDをフォーマットして通常の状態に戻すことを検討してください。

フォーマットによりデータが消去されるため、まず重要なデータの復旧を最優先にしてください。

P3:データを失うことなくRawになった外付けハードドライブ(HDD)を修正する方法?

早急にこの外付けHDD内のファイルを利用したい場合、上記の方法を順番に一つずつ試すのではなく、ファイルを直に復旧する必要があります。ここでは、最も効率的な方法でRawになった外付けHDDを修復する方法を紹介します。

第一段階:Rawになった外付けHDDからファイルを復旧する

Rawになった外付けHDDからファイルを復旧するのは難しいですが、ソフトによって簡単に実現できる近道があります。

そこで、データが消去・上書きされる可能性は時間の経過とともに高くなるため、Rawになった外付けHDDから迅速にファイルを復旧するのをお勧めします。

AnyRecoverは、Rawになったドライブからあらゆるファイルとデータを復旧できます。これは、ストレージデバイスからデータ復旧をメイン機能として設計および構築されているため、競合品の中でも際立って高い復旧率を誇っています。

iMyFone AnyRecover

  • 故障/破損したHDD、外付けHDD、SDカード、USBメモリなどからデータを復旧
  • 1000以上のファイル形式をサポート:写真、動画、音声、メール、ドキュメントなど
  • FAT、NTFS、exFAT、FAT32などのファイルシステムと互換性あり
  • 無料ファイうをスキャンしてプレビューし、復旧する前にファイルを確認できる
  • 操作は簡単で、専門知識も要らずに初心者でも外付けHDDを復旧できる

AnyRecoverで外付けHDDのデータを復旧するには、以下のガイドをご覧ください:

ステップ1.選択

PCにAnyRecoverソフトウェアをダウンロードしてインストールします。起動後、「外付けHDD」タブでデータを復旧したい外部デバイスを選択します。

AnyRecover 選択

ステップ2.スキャン

「開始」ボタンをクリックして、選択したデバイスにスキャンを開始します。スキャンが完了すると、失われたすべてのファイルとデータが一覧表示されます。

AnyRecover スキャン

ステップ3.プレビュー&リカバリー

「開始」ボタンをクリックして、選択したデバイスにスキャンを開始します。スキャンが完了すると、失われたすべてのファイルとデータが一覧表示されます。

AnyRecover プレビュー&リカバリー

詳しい操作方法はこちらの動画チュートリアルを参照してください:

HDDからデータ復元

第二段階:RawになったHDDをHTFS/FAT32にフォーマットする

すべてのデータをRawになった外付けHDDから復旧できたら、外付けHDDのフォーマットに進めます。

Rawになったドライブの変換には、NTFS、FAT32、exFATの3つのフォーマット形式を選択できます。

通常、Windowsユーザーの規定オプションであるNTFSフォーマットに変換するように提案されます。

NTFSフォーマットでは、4GBに制限されているFAT32フォーマットよりも大きなファイルサイズ(16TB)で保存できます。

exFATフォーマットでは、さらに大きなファイルサイズとパーティションサイズが許可されています。

ただし、exFATと NTFSはWindowsパソコン(Windows 7 以降の場合はexFAT、Windows XP以降の場合はNTFS)のみ使用できますが、FAT32形式はWindowsとMacを含むあらゆるシステムに適用できます。

Rawになった外付けHDDは、次の 2 つの方法で簡単にフォーマットできます:

①CMD経由

ステップ1:Rawになった外付けHDDをPCに接続します。Windowsの「スタート」ボタンをクリックして「commond」を検索し、右クリックして「管理者として実行」を選択します。

ステップ2:「Diskpart」を入力して、Enterキーを押します。

ステップ3:「G:/FS :NTFS」を入力し、Enterキーを押します。(GはRawになった外付けHDDのドライブ文字を指しますので、当該外付けHDDの正しいドライブ文字に変更してください。NTFSをFAT32あるいはexFATに適当に変更します)。

CMDフォーマット

②ファイルエクスプローラー経由

ステップ1:エクスプローラーを開き、サイドバーの「マイコンピュータ/このPC」セクションを選択して、外付けHDDを見つけます。外付けHDDを右クリックして、「フォーマット」を選択します。

ステップ2:「ファイルシステム」で、外付けHDDに使用するファイル形式を選択します。

ステップ3:「ボリュームラベル」の下で外付けHDDに名前を付け、「クイックフォーマット」ボックスをチェックします。

ステップ4:「開始」を選択して、フォーマットプロセスを開始します。プロセスが完了するとシステムからお知らせが届き、数分で外付けHDDがフォーマットされます。

エクスプローラーフォーマット

まとめ

本文では、Rawになった外付けHDDを修復するために、あらゆる方法を網羅して説明しました。またご質問やご意見がある場合、気軽にコメントを残してください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード