作業をしている時にハードディスク(HDD)が壊れてしまうということはよくあることです。ハードディスク(HDD)を使っている最中に、ファイルが開かなくなってしまったり、異音がする、焦げ臭いがするという症状が発生することもありえます。

ハードディスク(HDD)が壊れてしまうと、大切なデータを見ることができなくなってしまい、困っているという方もいるでしょう。そこで今回は、ハードディスク(HDD)が壊れた時に修復するための方法についてご紹介していきます。

最速のHDD修復方法⇒iMyFone AnyRecoverで即時にデータ復元(操作方法はこちらへ)

1.ハードディスク(HDD)が壊れた時の修復方法

では、ハードディスク(HDD)が壊れた時にはどのように対処したらよいのでしょうか?具体的なハードディスク(HDD)の修復方法についてご紹介していきます。


1.1 ハードディスク(HDD)を自動修復する

Windowsのパソコンを使っている場合、パソコンでハードディスクのエラーをチェックしてハードディスク(HDD)を自動修復することができる機能が用意されています。この方法を使えば、より簡単に壊れたハードディスク(HDD)を修復することが可能です。

「PC→プロパティ→ツール」と開いていくと、ドライブのエラーをチェックするというところが表示されます。これを行うと、簡単にハードディスク(HDD)の修復を行ってくれます。時には再起動が必要な場合もありますので、表示された場合は再起動を実施しましょう。


1.2 ハードディスク(HDD)のフォーマットを行う

フォーマットとは、ハードディスク(HDD)を初期化するということです。

内容をすべて消去することになってしまいますが、ハードディスク(HDD)をもう一度使える状態に戻してくれます。この方法は、ハードディスク(HDD)を選択して右クリックし、フォーマットをクリックするだけです。

しかし、フォーマットを行ってしまうと、データが消えてしまうので、ハードディスク(HDD)のデータを修復したいという場合には、フォーマットはおすすめしないので違う方法をとるようにしましょう。


1.3 ハードディスク(HDD)とメインボードの接続を確認する

ハードディスク(HDD)が故障していると思っていても、実際にはメインボードとの接続が悪いだけという場合もあります。

その状態を確認する方法としては、ケーブルと端子の部分を掃除したり、もう一度差し込んでみるなどがおすすめです。もしかすると、これだけでハードディスク(HDD)の修復ができる可能性も充分にあります。


1.4 ハードディスク(HDD)の部品を交換

ハードディスク(HDD)のプリント基板やチップが破損して いて、データが表示されないという場合があります。

そのため、ハードディスク(HDD)の部品を交換して修復するという方法もあります。ハードディスク(HDD)の部品交換による修復は高い技術が要求されるため、何の知識がない方が行うと逆に状態を悪化させてしまうこともありますので、おすすめできません。


2.ハードディスク(HDD)を修復するための最適な方法

では、ハードディスク(HDD)を修復するためには、どのような方法が最もよいのでしょうか?よりよい解決策について解説していきます。

2.1 専門業者に頼む

ハードディスク(HDD)の修復は、失敗すると大切なデータがすべて消えてしまうことになりかねません。そのため、より安全にデータを修復したいのであれば、専門業者に頼めば安心でしょう。

ただ、ハードディスク(HDD)の修復の専門業者に頼むと、かなり高額な金額がかかる可能性があります。また、お金を払っても修復できないケースもありますので、注意しておきましょう。

2.2 データ復旧サービスを利用する

現在は、ハードディスク(HDD)の修復ができるサービスもあります。そのようなサービスを利用すれば、よりお得な価格で簡単にハードディスク(HDD)のデータの修復を行うことができます。

ハードディスク(HDD)の修復サービスを利用するのであれば、「AnyRecover」がおすすめです。AnyRecoverは、ハードディスク(HDD)だけではなくパソコンやSDカード、USBなどのデータが復旧できますし、復旧率も高いので多くの方に利用されています。

また、復旧前に無料でスキャン画像を無料でチェックすることができ、修復するかどうかを選択することができます。ぜひよりお得に確実にハードディスク(HDD)の修復を行いたい方はAnyRecoverの利用を検討してみましょう。

iMyFone AnyRecover

  • 高い復旧率:オールラウンドスキャンとディープスキャン機能の組み合わせにより、紛失したデータをすべて掘り起こし復旧します。
  • 高速スキャン:独自のアルゴリズムで高速スキャンができ、たま都合に合わせてスキャンプロセスを一時停止・再開することもできます。
  • 無料スキャン・プレビュー:無料で失われたデータをスキャンし、実際に復元する前にファイルをプレビューしてデータを確認できます。
  • データセキュリティ:デバイスをデータ復旧業者に預けることなく自宅でデータ復旧を行え、お客様のプライバシーを保護します。

AnyRecoverでハードディスク(HDD)からデータを復旧したいには、以下の手順に従ってください:

ステップ1.選択

AnyRecoverを起動して、データ復旧の場所(データが保存された場所)を選択します。

AnyRecover 選択

ステップ2.スキャン

「開始」ボタンを押して、選んだ場所を対象にスキャンを行います。

AnyRecover スキャン

ステップ3.プレビュー&リカバリー

ご希望のファイルをダブルクリックしたらプレビューできます。回復するには適切な場所を選んで保存してください。

AnyRecover プレビュー&リカバリー

まとめ

いかがでしたか?ハードディスク(HDD)に入っているデータ修復は、自分でも行うことができますが、破損状態によってはデータが壊れてしまう可能性があるので注意が必要です。確実にハードディスク(HDD)のデータを修復したいのであれば、専門業者やデータ復旧サービスを利用することをおすすめします。