家族たちとの大切な思い出を記録したり、先輩たちと盛り上がった飲み会を動画にしたり、職場での汗涙と成長の物語を撮影したりして、ありふれた日常生活の中でこそ彩る瞬間を記念動画にして大事にすべきのではないでしょうか。

それらの大事な動画を誤操作やパソコンの不具合で失くしたら大ピンチ!バックアップしておいたらひとまず安心できますが、バックアップしていなかったらヤバイ!

ご心配には及びません!バックアップ無しにも削除した動画を復元できます!しかも無料で自ら操作して復元できます!

これから大事な動画を消した時に、注意すべきことや万全な対処法・復元方法を紹介いたします。これで動画を失くしても冷静に対応できます。

最速のソリューション⇒iMyFone AnyRecoverで即時に復元(操作方法はこちらへ)

1.動画が紛失される原因

誤削除・初期化

人為的な操作ミス例えば誤削除、ディスクの初期化などはよくあることです。

その他、ゴミ箱から動画ファイルを削除したり、ゴミ箱を空きにしったりなどの場合、復元するにはさらに難しくなります。

そこで大事なのは、さらなる操作の繰り返しや新たなデータの書き込みをしないことであります。

ソフトウェアのエラー、不適切な操作による損傷など

予期せぬ停電や作動中にデバイス/ケーブルを取り外すなど不適切な操作にって、動画ファイルが損傷して開けなくなります。

また、ソフトウェア自体のエラーで動画ファイルを損害したり、再生できなくなったりして。

あるいは、HDD・OSがクラッシュして、動画ファイルを含むあるあらゆるデータを紛失してしまいます。

ハードウェアの破損

経年劣化や摩損、また高熱、水没、落下・振動などによる損害で起こります。

こういう物理障害の場合、部品の交換やデバイスの解体などにかかわりますので、自力ではなく復元業者に相談してほうよいです。

ウイルス攻撃

ランサムウェアとは、相手のファイルや大事なデータ(動画/写真/文書など)を暗号化して、解除する代わりに身代金を請求するコンピュータウィルスのことです。

残念ながら現在、身代金を支払わずに感染した動画ファイルを高い成功率で救出する方法がございません。

それでかかたっらおしまいという意味ですか?

そうとも限りません。Windows自身の復元機能や復元ソフトで一定の確率で救出できます。

2.動画を復元する方法

ゴミ箱確認

まずゴミ箱から確認してみましょう。削除した動画ファイルがゴミ箱に残っている場合、右クリックして「元に戻す」をクリックしたら復元できます。しかし、削除された動画ファイルがゴミ箱を経由しないあるいはゴミ箱から再び削除された場合、動画復元ソフトiMyFone AnyRecoverをお勧めします。

Windows内蔵機能

そして、Windows自身には、とても便利な機能が三つあります。「以前のバージョン」、「ファイルの履歴」と「復元ポイント」というバックアップ(復元)機能です。

(詳しい設定や復元方法はこちらの記事「削除したあらゆるのファイルを復元する完全ガイド」を参照してください)

削除した動画ファイルの保存場所を知る場合、「以前のバージョン」機能で動画ファイルが保存されていた場所全体を(当該動画ファイルが存在した時点に)復元して、当該動画ファイルを取り戻せます。

また、動画ファイルが削除されることなくただ損傷あるいは上書きされている場合、「以前のバージョン」機能で動画ファイルを正常のバージョンに復元できます。

そして、自ら重要ファイルを自動的にバックアップするよう設定できます。「ファイルの履歴」機能で自動バックアップの間隔・保存場所を設定し、いざとなる時はバックアップファイルから復元すればよいのです。

さらに、消した動画ファイルの保存場所も判明していないとき、システム全体を過去の時点にタイムスリップすることも「復元ポイント」機能によって実現できます。七日に一度システムが自動に復元ポイントを作成するほか、大切な変更や重要なデータを書き込むたびに自ら復元ポイントを作成するのもお勧めです。

3.動画復元の注意事項

・動画を復元するのはかなり難易度が高いので、自力で復元を試みる前に予備策として復元ポイントを作成するのをお勧めします。

こうして自力で復元するのが失敗して回復状況を悪化しても、システム全体を復元ポイントに復帰し自力復元を行う前にタイムスリップができます。

このまま業者に依頼するという最終手段にも影響を出さず、心配なく自分で動画ファイルを復元する試みが行われます。


・あらゆるデータ復元に共通するのは、データが紛失したデバイスに新たなデータを書き込まないことであります。

動画を消したら、当該カメラ・パソコン・レコードの使用を停止し、まだ完全に削除されていないご希望の動画が新しいデータに上書きされて完全に消去されるのを避けてください。


・上記の新たなデータの書き込みを防ぐため、復元ソフトをご利用したい場合なら事前にダウンロードとインストールすることをお勧めします。

なお、事前に用意していない場合、復元したいデバイス以外にソフトのダウンロードとインストールを行ってください。


・復元したい動画を元の保存場所以外のデバイス・パーティションに保存してください。変更せずに元の場所に保存したら当該動画が損傷あるいは上書きされる恐れがあります。

テキストを「コピー」する際に、元のテキスト(ファイル)を削除したら「コピー」が成立しないこととは同じく、「復元」操作もできなくなりますので注意してください。

4.iMyFone AnyRecoverで動画復元

iMyFone AnyRecoverは動画を復元する専門家と自負しております。写真、動画、ドキュメント、アーカイブなど1000以上のファイル形式に対応してるほか、HDD、SSD、USBメモリー、SDカード、カメラなど様々のデバイスからデータを復元できます。たった3つのステップで動画を復元ができます。

iMyFone AnyRecover

  • 高い復元率:オールラウンドスキャンとディープスキャン機能の組み合わせにより、紛失したデータをすべて掘り起こし復元します。
  • 高速スキャン:独自のアルゴリズムで高速スキャンができ、たま都合に合わせてスキャンプロセスを一時停止・再開することもできます。
  • 無料スキャン・プレビュー:無料で失われたデータをスキャンし、実際に復元する前にファイルをプレビューしてデータを確認できます。
  • データセキュリティ:デバイスをデータ復元業者に預けることなく自宅でデータ復元を行え、お客様のプライバシーを保護します。

詳しい操作方法はこちらの動画チュートリアルを参照してください:

パソコンから動画を復元

ステップ1.選択

AnyRecoverを起動して、動画の保存場所を選択します。

AnyRecover 選択

ステップ2.スキャン

選択した場所をスキャンしご希望の動画ファイルを検索しています。スキャンが終わるまでしばらくお待ちください。

AnyRecover スキャン

ステップ3.プレビュー&リカバリー

ご希望のファイルをダブルクリックしたらプレビューできます(現在、サイズの大きい動画にはプレビュできないことをご了承ください)。ファイル名を確認した上で、回復するには適切な場所を選んで保存してください。

AnyRecover プレビュー&リカバリー

注意:

平日から色々なバックアップ方法を設定しても、完全に対応し復元できるとは保証できません。そこで、復元ソフトを予備策として利用したほうがよいです。ただし、データトラブルに遭ってからソフトをダウンロードしするのは、状況を一層 悪化 させる恐れがあります。まだ完全に消去されていないエクセルのデータが完全に消去されたり、新しいデータに上書きされたりして復元できなくなるケースも少なからず存在しています。

従って、事前に復元ソフトをダウンロードしインストールしたほうが最善です。

今すぐiMyFone AnyRecoverを利用して自ら動画復元を試みてみましょう。