「放置したUSBメモリーからファイルが理由なく消えてしまった」

「粗末な扱いでUSBメモリーにあるファイルが開けなくなった」

「何らかの原因で不具合が生じ、USBメモリーを利用できなくなった」

USBメモリは広く利用されているからこそ、バックアップなしの重要なデータを容易く紛失してしまいます。そもそもUSBメモリーは保存用のメディアではなく移動するときに使う一時的なデータ記録メディアであり、重要なデータを長期的に保存するには適していません。しかしながら、すでに発生したUSBメモリーのデータ紛失をどう対応したらいいでしょうか?今回USBメモリーからデータの復元方法や消える原因・注意事項などを詳しく解説します。

最速の復元ソリューション⇒iMyFone AnyRecoverで即時に復元(操作方法はこちらへ)

1.USBメモリーからデータが消える原因

よくある原因は下記のとおりです:

  • USBメモリーのデータを誤って削除
  • USBメモリーのデータをバックアップせずに初期化
  • USBメモリーがデバイスに認識されない
  • USBメモリーがウイルスの感染で不具合
  • USBメモリーがRAWになる
  • USBメモリー自体の物理障害

2.USBメモリーからデータを復元する方法

物理障害を除けば、データ復旧ソフトがUSBメモリーからデータ紛失のシナリオのほとんどに対応できます。デジカメの画像ファイルや動画ファイルだけでなく、アドレス帳の連絡先など、様々なファイル形式に対応して復元できます。データ復旧ソフトならiMyFone AnyRecoverをお勧めします。業界トップクラスの回復率に簡単な操作、そして復元する前に希望のファイルをプレビューすることもできます。

データ復旧ソフトで復元できないあるいは物理障害の場合は、復元業者に相談することをおすすめします。高い技術によって回復率や回復効果が高いとはいえ、高額の料金がかかるほか時間も倍増しますので、最終手段として回したほうがベストです。

3.USBメモリーからデータ復元の注意事項

USBメモリーからデータ復元するお時には、状況悪化や復元失敗を防ぐためいくつかの注意事項をご紹介いたします。

3.1 初期化などはしないこと

USBメモリーからデータを紛失した場合、初期化(フォーマット)は絶対しないでください。USBメモリーに不具合が生じた際、「フォーマットしますか」などのポップアップから注意されても初期化しないでください。まずは復元ソフトでデータを救出してから操作してください。

3.2 新たなデータをSDカードに保存しないこと

削除されたファイルに割り当てられたメモリスペースが上書きされるまで、当該ファイルを復元可能性があります。しかしながら、一旦そのドライブに新しいデータを保存すると、割り当てられたメモリスペースが再利用され、当該ファイルが上書きされて完全削除される可能性が高くなります。それに、USBメモリーの容量は通常数十GBから数百GBまでの比較的(PCに比べると)に小さいため上書きされる可能性が一段高くなりますので、くれぐれも新たなデータを保存しないでください。

4.iMyFone AnyRecoverでUSBメモリーからデータ復元

上述の方法で復元できない場合、あるいは取り急ぎUSBメモリーからデータ復元したい場合、データ復旧ソフトiMyFone AnyRecoverをお勧めします。HDD、SSD、SDカード、USBメモリー、カメラなど様々のデバイスからデータを復元できます。そして、画像、動画、ドキュメント、アーカイブなど1000以上のファイル形式に対応しています。たった3つのステップでUSBメモリーからデータを復元し、誰でも自力でデータ復旧ができます。

ステップ1.選択

AnyRecoverを起動して、データ復旧の場所(USBメモリー)を選択します。

AnyRecover 選択

ステップ2.スキャン

選択した場所をスキャンしご希望のファイルを検索しています。スキャンが終わるまでしばらくお待ちください。

AnyRecover スキャン

ステップ3.プレビュー&リカバリー

ダブルクリックしてファイルをプレビューし、「復元」ボタンをクリックして安全な場所に保存して復元できます。

AnyRecover プレビュー&リカバリー

今すぐiMyFone AnyRecoverを利用してUSBメモリーからのデータ復旧を無料体験しましょう。