「急の停電でエクセルを保存せずに終了してしまった」

「大事なエクセルファイルをうっかり上書きして保存した」

などエクセルの使用で発生するトラブルを経験したことがありますか?日頃から慎重に使用しても、トラブルが発生した際にバックアップ機能をオフにしたり、保存されたバージョンに大事なデータが記録されていなっかったりするなど、予期せぬ事態で対応策がわからなくなります。本文では、上書きされたエクセルや削除されたエクセルを復元する方法を網羅して詳しく解説いたします。

最速の復元ソリューション⇒iMyFone AnyRecoverで即時に復元(操作方法はこちらへ)

オフェスの機能を利用してエクセル復元

1.1 エクセルのバージョン管理機能

2010以降のバージョンでは、エクセル(他のオフェス製品にも通用)の「バージョンの管理」機能を使って以前のバージョンに復元できます。上書きされたエクセルを以前のバージョンに戻したい場合、それとも保存せずに終了したエクセルを復元したい場合、「バージョンの管理」機能で見事に復元できます。

「ファイル」>「ヘルプ」>「オプション」>「保存」

エクセルの自動保存を設定

まず「次の間隔で自動回復データを保存する」と「保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す」との二ヶ所にチェックを入れて自動保存を有効にしてください。そして、自動保存の間隔を自ら調整することができるので、自由に変更してください。

「ファイル」>「情報」>「バージョン」

復元できるバージョン情報

復元できるバージョンの情報が右下に表示され、ご希望のバージョンを選んで復元できます。また、保存せずに終了したエクセルは「保存しないで終了」という括弧書き付きで表示されます。

1.2 エクセルのバックアップファイル

エクセル(古いバージョンでも使用できる)では、最新の上書きデータとその直前のデータ二つを常に保存していくのが「バックアップファイルの作成」機能です。最新のデータを「〇〇〇.xlsx」、直前のデータを「〇〇〇.xlk」と表記されて保存します。何か誤操作があったら確実に以前のバージョンに復元できます。

「オフェス」ボタン>「名前を付けて保存」>「ツール」>「全般オプション」>「バックアップファイルを作成する」にチェック>「OK」

名前を付けて保存


全般オプション

「OK」ボタンをクリックしたら保存の画面に戻ります。ファイル名や保存場所を正常に設定し保存したら、バックアップファイルは同じ場所に作成されて復元できます。

2.システムの機能を利用してエクセル復元

2.1 以前のバージョン機能で復元

保存したエクセルを上書きされる前のバージョンに復元したいなら、便利な機能があります。エクセルを右クリックして「プロパティ」を選択し、「以前のバージョン」をクリックします。復元できる当該エクセルのバージョンが下に表示され、ご希望のエクセルファイルを選んで復元できます。

また、削除されたエクセルも同じ方法で復元できます。削除されたエクセルが保存されていたフォルダ(あるいはデスクトップ)を同じ手順で(「プロパティ」>「以前のバージョン」)操作し、復元できるフォルダ(あるいはデスクトップ)のバージョンが下に表示されます。更新日時から選んでご希望のエクセルが存在していた時点のフォルダ(あるいはデスクトップ)に復元したら、当該エクセルを取り戻せます。

2.2 ファイル履歴から復元

Windowsではドキュメント・画像・動画・音声など個人ファイルをコピーして保存することができます。元のファイルが紛失した場合、ファイルのコピーから復元できます。

●ファイル履歴機能の設定に関してはこちらの記事を参照してください。

「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「個人用ファイルの復元」

復元したいファイルを選択

復元したいエクセルを探し出して、ダブルクリックしたらプレビューできます。そして、下の「右」「左」ボタンをクリックすることで異なるバージョンのコピーに切り替えることができます。正しいバージョンを確認した上で、復元ボタンをクリックして復元できます。

2.3 システムを以前の復元ポイントに復元

裏技としてシステム全体を以前のバージョン(=復元ポイント)に復元して、その時点(例えば復元ポイントA)のエクセルを取り戻すことができます。そこで注意したいのは、復元したらシステム全体が以前のバージョン(復元ポイントA)に戻したため、取り戻したエクセルを他のデバイスにコピーし、復元操作を行う前に(復元ポイントB)もう一度復元する必要があります。(復元操作を行う直前、システムから自動的に復元ポイント(B)を作成します。)要するに、タイムスリップのようにまずは過去に戻して特定のもの(エクセル)を探し出し、それを持って現在にもう一度タイムスリップ必要があります。

●システムの復元ポイントの設定に関してはこちらの記事を参照してください。

「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「システム」>「システムの保護」>「システムの復元」

システムの保護 復元

「次へ」>「別の復元ポイントを選択する」をクリックして、ご希望の復元ポイントを選択して続行したら復元が行われます。

3.データ復旧ソフトでエクセル復元

上述の方法で復元できない場合、あるいは一々試して手間をかかりたくない、面倒だと思う場合、データ復旧ソフトiMyFone AnyRecoverをお勧めします。他のオフィスドキュメント、写真、ビデオ、アーカイブなど1000以上のファイル形式に対応するほか、HDD、SSD、USBメモリー、SDカード、カメラなど様々のデバイスからも復元できます。たった3つのステップでスムーズにデータを復元し、誰でも自力でエクセルを取り戻せます。

ステップ1.選択

AnyRecoverを起動して、データ復旧の場所(エクセルが保存された場所)を選択します。

AnyRecover 選択

ステップ2.スキャン

「開始」ボタンを押して、選んだ場所を対象にスキャンを行います。

AnyRecover スキャン

ステップ3.プレビュー&リカバリー

ご希望のエクセルをダブルクリックしたらプレビューできます。回復するには適切な場所を選んで保存してください。

AnyRecover プレビュー&リカバリー

(詳しい操作方法はこちらのガイドを参照してください。)

今回では上書きあるいは削除したエクセルの復元方法を詳しく紹介しました。思わぬ出来ことが起きた時には、この復元マニュアルを参照しながら、色々な方法を試してみたらいいです。日頃からバックアップなど保護機能の設定やデータ保護意識の向上を唱えながら、万が一に備えてデータ復旧ソフトも視野に入れて事前に用意したほうがお勧めです。