ドローンの普及により、驚くほど美しい風景や航空写真が手に入るようになりました。しかし、時にはドローンが故障したり、予期せぬ事故に遭遇したりすることもあります。そんな場合でも、失われた写真や動画を復元する方法があります。この記事では、専門家が提供するドローンで撮影した写真や動画を復元する方法について解説します。

ドローンで撮影した写真や動画を復元する方法

Part 1.ドローンで撮影した写真や動画が消えた原因

ドローンで撮影した写真や動画が消える原因はさまざまですが、一般的な原因をいくつか挙げることができます。

技術的な問題

ドローンが不具合を起こした場合や、メモリーカードの読み取りエラー、電力供給の問題などが原因で写真や動画が消えることがあります。

ユーザーエラー

操作ミスや誤ってファイルを削除したり、フォーマットしてしまったりすることで、写真や動画が失われることがあります。

外部要因

ドローンが墜落したり、水没したり、突風などの自然災害に遭遇した場合には、写真や動画が損傷または消失する可能性があります。

ソフトウェアの問題

ドローンや関連するソフトウェアのバグや互換性の問題が原因で、写真や動画が正しく保存されないことがあります。

データの書き込みエラー

メモリーカードやドローンの内部ストレージに書き込みエラーが発生した場合、写真や動画が正しく保存されないことがあります。

これらの原因によって、ドローンで撮影した写真や動画が消えることがあります。データのバックアップや適切な保護対策を行うことで、失われたデータのリスクを軽減することが重要です。

Part 2.ドローンで撮影した写真や動画を復元する方法

写真や動画が消えたときは、まず冷静になりましょう。焦って操作を続けると、状況を悪化させる可能性があります。落ち着いて問題を分析し、適切な対処法を検討しましょう。

1ゴミ箱からドローンで撮影した写真を復元

もしもゴミ箱に残っている場合は、そこから簡単に復元できます。

▼ ゴミ箱からドローンで撮影した写真を復元する手順:

ステップ 1.ゴミ箱を開き、検索欄で消えたデータの名前を入力して検索します。

ステップ 2.消えたデータが見つかったら、右クリックして、「元に戻す」をクリックすると、以前の保存場所に復元できます。

ゴミ箱からドローンで撮影した写真を復元する

2プロなデータ復元ツールでドローンで撮影した写真を復元

写真や動画が消えた場合でも、データ復元ソフトウェアを利用すれば、削除されたファイルを復元することができます。特にデータ復元の専門家「iMyFone D-Back for PC」を利用すれば、たった3ステップだけで消えたデータを復元できます。以下の操作法によって復元しましょう。

iMyFone D-Back for PCの特徴

  • オールラウンドとディープスキャンを採用することによって、削除された全てのデータを掘り起こす。
  • 独自のアルゴリズムにより、高速スキャンが実現できる。「検索」を利用することで、十数秒ほど目的のデータを復元することが可能だ。
  • 複雑な操作を行わない、たった3ステップでデータの復元が完了でき、初めて使う方も手軽に操作できる。
  • 空きにしたごみ箱破損したHDDSDカードUSBメモリを復元可能

▼ D-Back for PCを利用してドローンで撮影したデータを復元する手順:

まず上記のボタンによってソフトを無料でダウンロードし、起動しておきましょう。

ステップ 1.ドローンをパソコンに接続し、消えたデータを保存していた場所をクリックするとスキャンが開始されます。

保存していた場所を選択する

ステップ 2.スキャンが完了したら、ファイル名を入力して早速検索できます。

消えたファイルをスキャンする

ステップ 3.消えたデータを見つかったら、ダブルクリックしてプレビューできます。そして、「復元」ボタンをクリックすると指定する場所に復元できます。

データを復元する

このように、たった3ステップだけで、消えたデータをスキャンし、復元することができます。ゴミ箱に残っていなくても大丈夫です。


まとめ

ドローンで撮影した写真や動画が消えた場合でも、冷静に対処すれば失われたデータを復元することができる場合があります。データ復元の方法について事前に把握しておくことが大切です。特にプロなデータ復元ツールを使用すれば、ドローンで撮影した写真を失ったとしても、失われたメモリーを取り戻すことができます。信頼性の高いツールを選定し、適切な手順で復元作業を行うことで、貴重な写真や動画を再び手に入れることができます。

D-Back for PCで消えたデータを復元する動画ガイドをみてみましょう。

ゴミ箱のデータを復元する