今LINEには送信取消機能というものがあります。一度送信したトークを後から削除することができるというものです。間違って送信してしまった内容を削除することもできるのはとても便利ですが、他人から送信したメッセージを取消されたら、どうしても読みたいのは貴方でしょうか?読まないとずっと悩んでいるのは貴方でしょうか?

では、今回は一度送信取消したトークを復元、もう一度読めるようになる裏ワザについて紹介していきます。

Part1:Androidで取消したメッセージを読む方法

まずはAndroidの場合、取消したメッセージはどのようにして読むことができるのでしょうか?どのようなアプリを使っても、まずAndroid端末でのセットアップが必要です。

設定する手順:

ステップ1:Androidデバイスの設定を開き、「アプリ」で選択したアプリ(のぞきみ・既読回避サポーター)を選択します。

ステップ2:「権限」をタップして、「通知」の権限をオンにします。

LINEで通知を開く

ステップ3:LINEを起動して、「設定」を開きます。

ステップ4:「通知」をタップして、スイッチをオンにします。

設定でLINEの権限を開く

これで引き続きの利用ができます。

「のぞきみ」アプリのご利用

のぞきみ

オススメの方法はのぞきみアプリです。のぞきみというアプリは既読を回避するために作られたアプリですが、削除してしまったメッセージを閲覧するのにも便利です。LINEのトークの内容がのぞきみでも保管されるので削除してしまったメッセージを閲覧することができるというわけです。しかし、Android版でしか利用ができないので注意が必要です。

のぞきみでLINEのトークが自動で送信され、トーク内容をのぞきみの中で保管することができるというわけです。

メリット

  • 写真までも見れる。

デメリット

  • LINE、Facebook、Twitterしかサポートできない。

「既読回避サポーター」アプリのご利用

既読回避サポーター

同じく既読回避するアプリとして「既読回避サポーター」も一つの選択です。既読回避サポーターではUIがより清潔だし、広告がないので人気を収めました。

既読回避サポーターではLINEだけでなく、Facebook、インスタグラムなどを含めて6つのSNSアプリをサポートします。

メリット

  • LINE以外また5つのSNSアプリをサポートします。

デメリット

  • 写真が見れない。

Part2:iPhoneで取消したメッセージを読む方法

Androidの場合は簡単に送信取消したトークを閲覧することができます。iPhoneの場合はどうでしょうか?iPhoneの場合、のぞきみのようなアプリは存在しません。なので、送信取消したトークを閲覧することができないのでは?と思うかもしれませんが方法として1つだけ存在します。

iPhone ロック画面でLINEトークを読む

LINEの通知をオンにしておき、さらには通知のところでメッセージも閲覧することができるように設定しておきます。これだけで、送信取消されたトークであってもロック画面に載る通知にはメッセージが残っているので、閲覧することができます。

ご注意

これはiPhoneのバージョンによって閲覧できないこともあるので注意しましょう。

Part3:取消できるとできないデータ一

全て送信取消ができるか?と言われればそうではありません。

送信取消 24時間

  • 取消できるトークと取消できないトークが存在します。「LINE」アプリ(iOS/Android版)のバージョンが7.12.1より新しいものでなければ取消することができません。
  • また、送信24時間以内であれば取消することができますが、それ以上になると取消することはできません。さらに公式アカウントへ送信したメッセージは取消できないので注意が必要です。

Tips:大事なデータを失わないように無制限にバックアップする裏ワザ

大切なメッセージを削除しても大丈夫なように、大切なデータを失うことがないようにバックアップはとても大切です。iTransor for LINEであれば無制限でバックアップが可能です。さらに無料で使用することができます。バックアップ機能だけでなく、他には多くの人気機能があります。

LINEデータバックアップ

800万以上のダウンロード

iTransor for LINEの主な特徴:

  • 【無料バックアップ・閲覧】LINEデータのバックアップは無料で行える。
  • 【復元】iTransorバックアップからiPhoneに直接復元できる。
  • 【同OS・異OS間のデータ転送】Android/iOSからiOSへLINEトークの転送ができる。
  • 【選択的にPCにエクスポート】多様な形式でPCにエクスポートし、保存できる。バックアップファイルはすべてメディア付けのデバイスに閲覧できる。

使い方はとても簡単です。

ステップ1:iTransor for LINEをパソコンにダウンロードして、デバイスをパソコンに接続します。画面の左側にある「Android/iOSデバイスからLINEデータをバックアップ」をクリックして、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動する

ステップ2:スタートをクリックすると自動的にバックアップ完成です。完成次第「バックアップデータを表示」を選択し、バックアップの内容をプレビューします。

iTransor for LINEでバックアップ完了

ステップ3:保存したいデータにチェックを入れ、エクスポートをクリックします。

iTransor for LINEでバックアップをエクスポート

これでバックアップとPCへのエクスポートし、保存することが完了です。仮にバックアップのみ行いたい場合は無料で行えます。メッセージだけでなく、写真なども保管しておくためにバックアップをこまめにiTransor for LINEで取っておいた方がいいでしょう。

まとめ

今回は一度送信取消したトークの復元の裏ワザについて紹介してきました。Androidであればのぞきみアプリを使用することで送信取消したメッセージを閲覧することができます。iPhoneであれば通知をオンにしておけばロック画面で閲覧が可能です。

しかし、一番いいのは最強のLINEデータを管理するツール - iTransor for LINEでこまめにバックアップを取っておき、大事なメッセージや写真を保管しておくという方法です。ぜひ参考にしてみてください。